木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1260 ブルーボネットに咲く花

2014-11-11 08:00:00 | 花の展示会

 ハロウインを明後日に控えた、2014.10.29(水)、名古屋の「久屋大通庭園フラリエ」、「名古屋城」を見ての帰り道、「ブルーボネット」に立ち寄った。

目的は言わずとも知れた「花写真館」に記載してない花の写真を撮ることであるが、新しい花、つまり”新種”を見つけるためには、同じところを訪れるにしても、必ず過去に訪れた月を確認して、来てない月に行くようにしている。

 ここ、ブルーボネットは昨年は5月と9月、今年は4月に来ているので、今日は月末ではあるが、10月であるから、”新種”に出会う確率が高かろうと、勝手に想像してやってきたのであった。

 ハロウインの装束の2~3の家族連れが写真を撮っていた。

 

「コスモス」

この色は普通ではあまり見られないが、ここでは主流になっていた。

 

 「キバナコスモス」

 

「ウインターコスモス」

 

「チョコレートコスモス」

この花は従来「花写真館」になく、今回”新種”として、めでたく掲載することができた。

以上、コスモス四兄弟でした。

 

「セイロンライティア」

熱帯の植物であるから、我が家では寒期は部屋内に入れたが、越冬に失敗した。ここでは地植えであるから、かわいそうだが、このままでは今年限りの寿命だからと、撮っておくことにした。

 

「ジニア」、和名は「ヒャクニチソウ」

花は「ヒャクニチソウ」そのものであるが、葉が細いので「ブルーネット」にメールで問い合わせたら、「ジニア」であると即刻返事が来た。たぶん、商品名が来るだろうと想像していたが、それはなかった。

 

「ランタナ」

黄色にピンクと白まで咲いていたので、早速「花写真館」に追加した。

 

「イソギク」

観葉植物ではあるが、花も結構いけることを発見!。

  

 「アスター」

以前からある花とは少し様子が異なるので、すわ!”新種”かと感じ、問い合わせたが、商品名はあるやもしれないが、「アスター」であった。 なお、「花写真館」には、何故か掲載漏れであったので、今回登録した。

 

 

「ツルバギア」 和名:「ルリフタモジ(瑠璃二文字)」

この花は、正真正銘の”新種”であり、めでたく新参加となった。

 

「パープルファウンテングラス」

これも立派な花の一員として、初入閣!?。

 

「ハイネズ」

緑色のものは山でよく見かけるが、これは園芸品種的顔をしている。

 

「シュッコンサルビアアズレアグリーン」

見たような花ではあるが、調べた結果”新種”であり、初登録となった。

 

 ここはあまり広くない公園ながら、隙間が無いようにしてあるので、植えられている種類は多い。 一般に今の時期咲く花は少ないが、ここは今日でも30種近く咲いており、内20種ほどを写真に撮った結果の一部が以上の花であった。

また、その中で、「花写真館」に新しく仲間入りしたのは「チョコレートコスモス」など6種あったし、花の色を加えたのが、3種あり、短時間の訪問にしては、最近にない高効率の”取材”であった。月を変えて訪問の効果ばっちりだった。

  なお、「花写真館」への登録状況をご覧になりたい場合はこちらをクリック願います。

 

 

 

コメント (2)