木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1115 喜寿の祝い

2014-06-25 08:00:00 | その他

会社をリタイヤ後は、机に座りパソコンを使う事が、年をとるとともに多くなって来た。特にホームページの更新などは参考本と首っ引きとなることが多く、終日座り切りとなる日もあり、目などが疲れていつしか座ったまま眠りこむこともしばしばであった。

二十数年前に、今の家を新築した時に、多くの家具を買い替えたが、それと同時に「椅子」も変えた。それは、私が余暇を過ごすことが多くなることを予想して、大奮発をして”カリモク”の木製、布張りのオフィス家具であったが、リクライニングも出来るもので、23万円も注ぎ込んだものであった。

体調が悪くなってからは、一層ここに座る時間が長くなり、また、その多くはリクライニングにして、写真を眺めるか、居眠る事が多くなってきた。その結果、背もたれの木部にクラックが入り、数か月前には居眠り中に心棒(φ15鉄)が折れて、転倒したが、大事には至らなかった。

そのために、買い替えを考えていた。ホームセンターに行き、オフィスコーナーには、事務用の椅子が1~1.3万円で売っているが、リクライニング機構がお粗末であり、居間用のコーナーでは、2万円近くで、リクライニングにしてゆったりと、TV見るには好適だが、座高が低く、パソコンをするには、机の脚を切るか、椅子に座布団を重ねなければならない。

そうこうしているうちに、私が入院することとなり、息子たちが見舞いに来てくれた上に、「喜寿の祝いのプレゼント」として、長男が妹の分も負担して、”大枚”をくれたのであった。これをどう使うか、妻との旅行も考えたが、今の体調ではそれは望むべくもないので、使途はしだいにイスに絞られてきた。

二週間ほど前に、桑名の大型ホームセンターに行き調べたが、大略前記のような状況で、やはり私の望む物は家具専門店かなと考え四日市へと員弁街道を東進していたら、中規模の家具店があったので、まずは”冷やかし”半分で入ってみたのであった。そして、最初に見つけたものにあっさり決めて、注文し、それが、一昨日(6/23)到着したのである。

この椅子の骨組はアルミダイキャスト製で手摺などはプラスチックで、座面、背面は合成樹脂系繊維のメッシュ様式であり、価格はかなり高いがプレゼント金額の範囲内であった。この椅子の構造は、上から・・・

① ヘッドレスト:背面(背もたれ)との相対距離や方向が変えられる。

② 背もたれ:上下に高さを変えられる。座高の高い私は最上段が適当であった。

③ ランバ-サポート:車のイスに見られる、腰を押すやつである。

④ リクライニング機構:上記三点が連動して背で押して倒すことが可能であり、その固さも変えられる。

⑤ 座面:後部が上下に50mm位高さが変えられ、眺める時は下に、パソコンやるときは水平にする。

⑥ アームレスト:高さや出入りが変えられるが、余りメリットはなく、高級感が少し欠ける。

⑦ オットマン:足乗せ台であるが、短足の私でも、もう少し先に延ばせるといいのだが?。

⑧ キャスター:もちろん5個ついており、当たり前だがスムースに動く。

・・・と極めて多機能製品だ。・・・ということは欠陥も多くなりがちであり、長寿命は考えられないが、持ち主の寿命とどっこいどっこいなら、よしとしようという事にした。 ちょっと高価であり勿体ない気もするが、これにお世話になる時間が更に多くなり、この上で居眠りをし、よき夢を見て、そのままあの世に行くのなら、最高の人生になると思ったりしている。

息子たちよありがとう!。

 

お蔭で、パソコンライフが一段と快適になった!。

 

 追記

今回の私の入院で、こんな素晴らしいプレゼントにもあやかり、また、その病院での妻の緊急入院などもあって、その間に、親子と兄妹の絆が少し深まったような気もして、これこそ”怪我(手術)の功名”と思ったりもしている今日この頃である。

 

 

 

 

コメント (4)