木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1112 庭の花 (26-21)紫陽花

2014-06-15 08:00:00 | 我が庭の花

退院はしたもものの、体力の回復を待つ毎日であったが、今朝(2014.06.14)例により”のそのそ”と古老人よろしく、メダカの給餌にと庭を歩いていたら、ここ数年咲くことがなかった「カキラン(柿蘭)」が咲いているのを見つけた。

ならば、今日こそはカメラを持とうと決心し、撮影にとりかかった。しかし、一層重い物が持てなくなった体には、重い機材は持てないので、最軽量の三脚に60mmレンズとし、マクロ撮影用のリングフラッシュは付けずに始めた。

私は何故かいつに日からか不明なれど、シャッターを押す瞬間は息を止める癖がついており、肺活量の減った今は、シャッター押す毎に深呼吸をしなければならず、また、途中は何度も休みながらの撮影となった。300枚ほど撮って、直ちにベッドに転がり込んだものでした。

 調べて見ると、5月25日以来の撮影となりましたので、庭の花は多くが入れ替わっており、「サツキ」など撮り損なった花もありましたが、ここのところの低温続きが影響してか、ギリギリ間に合うなど、撮り損ないは思ったほど多くありませんでした。

まずは、カミサンがご近所から小枝を戴いてきた「アジサイ」が数年経ってようやく一人前となり、花が顔をそろえて待っていてくれたので、敬意を表する意味で、「紫陽花特集」としました。

 

「白」なのですが、黄色く写っています。

 

 

現物はもっとブルーが濃いようにおもいますが、安物のレンズのせいでしょうか、薄く写っています。

 

 

小枝を戴き、植えた直後はもっと異なる色をしてましたが、「紫陽花」は肥料により色が変わるといいますが、特に肥料を変えてないせいか、色が同じように見えてきました。来年、様子を見て、一種にすることになるやも知れません。

 

 これよりは「額・紫陽花」です。

 

下は、「紫陽花」の仲間でしょうが、かなり様子が異なります。

花は似てますが、葉は全く異なります。先日紹介した、正眼寺に咲いてた「ヤマアジサイ・マイコ」に葉は似てますが、花が異なります。植えて数年経過してますが、まだ”姓名不詳”です。

 

長くなるので、その他の花は次回紹介したいと思います。

また、本格”取材”は当分の間、出られませんので、この投稿も切れ切れになると思われます。

ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

 

 

コメント (2)