木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1046 安八百梅園

2014-03-28 08:00:00 | 庭園公園

 春めいてはきたもののまだ寒さが残っており、お出かけもままならない状態ながら、空は快晴・・・、しばし考えるもまだ「いなべ農業公園」の梅が間に合いそうと知れば、じっとはしていられない。 ここのところ体調が思わしくなく、私らしくなく消極的になりそうな感覚を振り払い、従来の前に出る姿勢を無理やりとったのでありました。

今日は2014.03.23、三連休中の日曜日、人出は相当に多いと覚悟を決めねばならないが、 すでに何度も訪ねている農業公園だけでは物足りないと思い、前に友が紹介してくれていた「安八百梅園」が同じ方向であることいから、少し遅いがここを追加することにしたのでありました。

「安八百梅園」  岐阜県安八町  入場、駐車場:無料

 町のホームページによれば・・・

 安八百梅園には、敷地面積約3.9haのなかに、町の梅バンクに寄贈された梅の木を含めて、154種類、1,200本以上の「実梅」、「花梅」があります。

「安八百梅園」という名称は、町民の多数の応募により「100種類以上の梅の香りと美しさを眺める園」という意味で名付けられました。

開花時期は、その年の気候により大きく左右されますが、早咲きの寒紅梅・月の桂は1月下旬から、遅咲きの開運梅、淋子梅などは3月下旬というように、長い期間にわたって梅をお楽しみいただけます。

安八百梅園に植栽されている品種はこちら  → 品種一覧 [2MB]

梅は古くから「三毒」を断つと言い伝えられてきましたが、今日においてもアルカリ食品である梅には、殺菌効果、血液浄化、活力増進、老化防止などの薬理効果があると言われており、梅干し、梅肉エキスが体によいことは、よく知られています。

まだ寒さは残っているとは言え、もう4月がすぐそこに来ている時期、「梅まつり」も終了し、人出はまばらとなっていました。 ここは梅の種類が多くかなりの本数が植えられ、また、古木も多いが、いかんせん!・・・来るのが遅すぎた。

 ここの一部の梅は一本ごとに、持ち主や寄贈者があって、名札が立てられていた。

 

 

ここはあまり広くなく、梅オンリーであるし、売店も今は野菜だけを売っているなど、見るものもなく、一時間足らずでここを後にして、今日の目的地「いなべ農業公園」にUターンしたのでありました。

 

 

コメント