木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1000 東浦町 於大公園のオニバス

2013-09-11 08:00:00 | 公園の花

 9月に入り、急に涼しくなったが、異常気象なのか天候が極めて不安定となり、台風まで加わって、突風で家が壊されたり、大雨で河川氾濫などであちこちで被害の出る状況が続いた。 暑さでブログの”取材”も遠慮がちであったが、涼しくなったので”取材日”を狙っていたが、2013.09.06(金)、漸くすっきりと晴れたので、早速出かけることにしました。

友からの情報で、絶滅が危惧される「オニバス」が、愛知県下唯一植えられているが、今が見ごろと聞き狙っていたのです。 先に、海津市の”水郷公園”へ出掛けた所、蕾であったので、今度は開花状況を確認し、ベストシーズンと確信してやってきたのでありました。

ここは、愛知県東浦町の役場の近くにある、「於大(おだい)公園」です。

 

 海津市の「オニバス」は無暗やたらに多くの株を植えて居たために、花芽の数が少なくまた、花芽が葉を突き破っていましたが、ここは株毎にきちんと隔てられ、「オニバス」が自然の形で安心して咲ける環境が整えられていました。

私達が公園に到着したのは、午前9時になっていませんでしたが、枯れた葉はきれいに取り除かれて、大変美しい状態で見られるようになっていました。

花の茎などは鋭い棘もあり、若干グロテスクな形ではありますが、それを忘れさせるように花は美しく咲いていました。 なお、下の写真中央長丸のはこれから開く葉であり、幾つか首を出してるのは、花の蕾です。 この様子から見頃は未だ続きそうです。

「花写真鑑」  http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/onibasu.html

葉がゆったりと茎を伸ばせるように、株が配置されているので、花に近づく事が出来なくて、270mmの望遠レンズいっぱい伸ばしてもこの状態がベストでした。 もっと近くから花をドアップで撮りたかったが、残念ながら、それは叶えられませんでした。

 

そのほかに見られた花などを紹介します。

「スイレン」

    「花写真鑑」  http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/suiren.html

 

「クルミ」

    「花写真鑑」  http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/kurumi.html

 

「コブシ」

こんな実が成るとは知りませんでした!。

    「花写真鑑」  http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/kobusi.html

「ヒトツバタゴ」 別名 「ナンジャモンジャ」

    「花写真鑑」  http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/hitotubatago.html

 

他にも花は「シュウメイギク」など若干ありましたが、掲載は省略しました。

 

コメント (5)