木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

887 花ざんまい② ゼラニウムなど

2013-03-26 08:00:00 | 公園の花

2013.03.21(木)、久々になばなの里に来て、花を紹介している。長く厳しかった冬が漸く過ぎて、陽気も草木にも、春らしさが現れ始めたが、まだ花を咲かせるのはほんの一部でしかない。

なばなの里もご多分にもれず、河津桜が咲いてるが水仙はまだ蕾など、撮りたい花は見当たらないので、温室になっている「ベゴニア館」に入れば、花は見られるので入ってみると、結構咲いているので、それを片っぱしから撮り始めたのである。

幸にして午前中はお客の数が少ないので、通行の邪魔にならないと思うので、温室内で三脚を立て、花のマクロ写真を撮りまくったしだい。カメラにレンズを付けると重量は2Kg近くになり、三脚を加えると合計5Kg近くになるが、これがカバンで持てる限度であった。

そのために、前に紹介した自称”カメラキャリアー”(下記ブログ参照)を作ったが、縦長で重い三脚のために重心が高くなって、なばなの里の中だけの運搬も重くて非常に疲れるのであった。私の望む装備としてはこれでは足りないが、それさえも難しかったのである。

参考ブログ  http://blog.livedoor.jp/mokunen33/archives/2012-04.html?p=2#20120401  (なお、このブログが正しく表示しない事があります)

それで、”キャリヤー”を三度目の改造をして軽くした上に、カメラ店を探し回って重量1Kgでも太さがあるので、何とか使えそうな三脚を買って来た。その後更に体調が良くなって重い物が持てるとして、待望のリングフラッシュ持参を検討した所、総重量8.5Kgで何とか行けると判断したのだ。

「リングフラッシュ」については、下記のブログで紹介してるので、参考までに・・・

参考ブログ  http://blog.goo.ne.jp/mokunen33/e/677b3b66944c1f666c0e0784a67b16b1

上記、色々と試行錯誤した揚句、今までは我が家の庭か”スタジオ”内に限っていた「リングフラッシュ」様の初めての外出がようやく実現したのである。ゴロゴロとこの”キャリヤー”を引いてる姿は格好悪くて気が引けるが、それでも一味違った写真が何枚か撮れたと”自画自賛”している。

その結果数えて見ると45種類の花を撮影していた。ちなみに押したシャッターの数は4時間くらいの間になんと543回にもなっていた。

 

「ゼラニウム」とその仲間達。

昔から何処の家にも咲いていた花。挿し木で簡単に増えるし、乾燥にも強いので育て易いから我が家でも植えていた。温室のお陰で、ここでは年中見られるようだ。

フウロソウ科テンジクアオイ属の総称。植物分類で用いる属名のGeraniumフウロソウ属のことで、ゲンノショウコハクサンフウロがこれに属する。テンジクアオイ属には約250種あり、主として南アフリカに分布する。そのうちよく栽培されるモンテンジクアオイ(紋天竺葵)を一般にゼラニウムと称しており、属名のペラルゴニウムでよんでいるのはナツザキテンジクアオイである。

 

 「ベラルゴニウム」

 

「エンゼル・ベラルゴニウム」

園芸店などでは良く見かける花。

 

見て戴いた皆さんがどう感じられるかが大事なことではあるが、私としては小さな一段を昇った気がして、息つく間も惜しんで、シャッターを押しまくったのであった。

 以上、ゼラニウム(テンジクアオイ)とその仲間達である。この次は「ストレプトカーパス」とする予定である。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加