木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

879 湖北を撮る(盆梅ツアー)④ 大通寺 アセビ展

2013-03-15 08:00:00 | 寺社一般

 2013.03.07(木)は湖北盆梅ツアーと名付けて長浜市に来ている。 JR長浜駅西市営駐車場に車を預け、「慶雲館」での盆梅展に感動し後、北国街道周辺ををぶらぶら歩いて、「長浜御坊表参道」を経て、豪華な江戸時代に作られた市指定重文の山門をくぐった。

 「大通寺」  だいつうじ

     真宗大谷派 長浜別院大通寺  無礎智山  別名:「長浜御坊」、「長浜別院」

     長浜市元浜町32-9

     本堂拝観無料、あせび展実施時は庭園を含めて¥500

 湖北の中心道場であった総坊を前身とし、慶長7年(1602年)に本願寺第十二代教如を開基として長浜城跡に創建。慶安4年(1652年)に現在地に移転する。

伏見城遺構[1]とされる本堂や大広間などの建築物(国の重要文化財)や、含山軒庭園と蘭亭庭園という2つの庭園(国の名勝)のほか、円山応挙狩野山楽狩野山雪らの障壁画など貴重な文化財を多数保有する寺院として知られる。

「本堂(阿弥陀堂)」  国の重文  江戸時代初期建立

 

「梵鐘」  鐘は南北朝時代の作(県重文)

 

「蓮池」

 

「馬酔木(あせび)展」

初めて見る「あせび」の古木に感動!。

 

「枯山水庭園」  伊吹山を借景とすることから「含水軒庭園」というらしい。江戸時代の作

 「あせび」の予備軍(?)

 

この後、「北国街道」を含む長浜駅前商店街を再び歩いたが、それらは次回に披露したい。

                                    << 続く >>

 

コメント (2)