木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

832 ネパール紀行⑨パタンの街、人々

2012-12-04 08:00:00 | 旅行記

 旅行3日目 2012.11.15(木)  晴れ 「パタン」の街そして人々

 

どこに行っても、人、バイク、車、そして埃とクラクションの騒音がばいっぱい。しかし、街の活気もいっぱい。それも早朝から始まるが、夜は8時を過ぎると閑散となるから不思議だ。一時期、夜8時以降の外出は厳しく制限されたので、それが今も残っているとか。

d91118

d91122

風呂の無い一般家庭はここは風呂の代わりでもあるのだ。

d91127

ヒンズー教、仏教の信者が多く、敬虔な祈りをささげる姿は、何処にでも見られる。

d91132

d91134

d911204

d91205

 

カトマンズ空港から、ヒマラヤ連峰を見ながら、中型機でポカラへ向う。所要時間は30分

d91213

 

「ポカラ」の空港。

市民団体はここを国際空港にするための陳情デモンストレーションを早朝から毎日、空港前で繰り広げられ、周辺にやかましく聞こえるが、政府は無視の姿勢とか。

d91225

d91226

 

「ポカラ」の「ポカラ・グランデ」ホテル。 

d91282

玄関の床にはまつりのシンボルが飾られていた。

d91231

d91233

 

ここのホテルには有難い2連泊、しかし明朝は「アンナプルナ」の遊覧飛行のために、モーニングコールは5時45分であるから、早く床に着き、体力の温存を図る。

                                     << つづく >>

コメント (2)