木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

824 ネパール紀行①ちょこっと決断

2012-11-24 08:00:00 | 旅行記

一昨年12月のニュージランド旅行を最後に約2年間海外旅行を休止していたが、今、多少の無理や、危険が無いとは言えない状態ながらも、少しでも可能性があるならば、行かないと今後行く機会は永遠に巡っては来ないとの思いにかられ、ここに勇気を出して出ることにした。

ニュージーランド旅行記はこちら・・・

  インデックス  http://sky.geocities.jp/spdpn334/blog-index/blog-index-8.html

  ブログの見出しhttp://blog.livedoor.jp/mokunen33/archives/2011-01.html#20110125

 

私の海外の旅は「一人旅」な成らざるを得ないので、クラブツーリズムの「ひとり旅」を使うことが多いのである。ここはネット上で趣味を通じた人の集まり「趣味人倶楽部」を通じて知った。ここなら旅が終わった後も何らかの交流の可能性もあるかもと思い参加したのであったが、それは全く無かった。

この「ひとり旅」は、「相部屋」制を選択できるツアーもあるが、多くは一名一室が確約されているし、事前に”顔合わせ会”があり、以前は帰還後集まることもあったようである。また 全般的に数万円程高くつが、一人部屋の気楽さがあり、利用させてもらっているのだ。

前回、ニュージランド行きの際は、出発一週間前の”顔合わせ会”に参加した所、そこで初めて参加者中、男子は私ひとりと知って愕然としたのであった。キャンセルも考えたが、幸にして、添乗員が若いが男子であったことと、罰金を払いたくないので、肩身の狭い思いをしつつも参加したのであった。

さて、今回の行き先であるが、2年前、次の海外はカナダかヨーロッパの紅葉(黄葉)と決めていたので、締め切りが近くなって、空席のあるツアーを見つけ、先ず最初の問い合わせは、参加者に男子が居るか否かであったが、結果はヨーロッパもカナダも添乗員も含め女子ばかりであった。

添乗員までも女子では、参加する勇気はとても持ち合わせていなかったのである。スリランカなどは男子が参加しているが、満席でありキャンセル待ちを申し込むことはしなかった。世の男性は一体全体どうしたのだろうか、肉食系女子に押され、全てが委縮してしまったのかとさえ思ったのである。

じくじたる思いのなか、ある日ツーリズム名古屋から、「ひとり旅」のパンフレットが送られてきた。当然の事ながら、通常のツアーの殆どは成田か、まれに羽田空港発が多い中、珍しく中部空港発の「ネパール7日間」の募集記事が目に着いた。

何日か経過して、応募が入った頃を見計らって電話をし、参加者の状況を尋ねた所、応募者は5名であるが、男子が含まれていると聞いて、未だ観光開発も途上の国であり、しかも緯度は沖縄並みとは言うものの、御在所岳より高い所であり躊躇も無くはないが、申し込む決心をしたのであった。

 出発日は11月13日(火)であるが近い所なので、当日ホテルで眠れるから、時差(3時間15分)の影響は少なく、楽に行ける、だから日程は7日であるが、6泊の旅である。エヴェレストやアンナプルナの勇姿の写真がお目当てなので、天候が良いことを祈るのみである。

 

                                 << 続く >>

コメント (2)