スタジオ便り

スタジオ便り

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もある朗読 Vol.17  すきとほったほんとうのたべもの

2018-09-15 15:22:00 | 日記
今年のもある朗読公演は 宮沢賢治の作品でおおくりいたします



注文の多い料理店の序の文章から引用した
「すきとほったほんとうのたべもの」
という言葉
賢治が 何を感じ 何を考え 何を夢見ていたのか
そんなことを思いながら作品がえらばれました

おなじみの物語
聞きたかったあの詩
この季節には思い出すこの話
そして 馴染みない知らない作品
各種取り揃いました

音楽は 作曲家三平順子さんが担当
賢治の世界感をどう表現するか
朗読との融合性をどうつけるか格闘中



厳しい夏も収まって
いよいよ芸術の秋
朗読会もたくさん開かれる時期です
朗読会の「はしご」もおつなもの
どうぞ
たくさんの催し物にでかけ
秋を満喫してください

もあるのチケットは
スタジオレガートでも取り扱っております
コメント

スーパームーンの夜に

2018-09-06 13:45:27 | 日記


暑さがまだまだ続いていますが 夏休みも終わり日常が戻ってきました
夏の大作が完成!
「スーパームーンの夜に」です
火星の接近や 探索衛星の話題など 
宇宙の話は夢が膨らんで大好きです
宇宙はやはり夜が似合いますね
そして 9月24日は 
 お月見

プラネタリウムに出かけたい
季節がそんな気分をはこんできます

長谷川先生からのメッセージです

【2学期の始まり】

ひところの危険な暑さは、さすがに過ぎました。昨年のような冷たい夏は嫌だな・・と思っていたものの、今年の夏は暑すぎましたね。
水温と気温のバランスで、夏休み中にプールに入れないと言う話も聞きました。え、何それです。暑いからこそプールに入りたいのに、暑すぎて入れないとは・・。

スタジオレガートの夏休みは、いつもの、お楽しみ企画で始まりました。今回は、簡単な図形楽譜を使って、指揮したり音を出したり。経験出来なかった子もいるので、2学期のレッスンで、また音を出してみようと思っています。アンサンブルなどもしてみたいのです。4年生の男子2人が頑張ってくれて、助かりました。ありがとう。その後は、恒例の壁画制作です。銀河鉄道の夜からヒントを得て、車両と月、流れ星を作りました。これから、しばらくの間、スタジオの壁面を賑わせてくれます。全員の車両が出来るまでには、もう少し時間が掛かるので、完成を楽しみにしましょう。お弁当を食べた後は、小学生のトーンチャイムです。音のマーク付けから、自分でやってもらいました。ト音記号に書いてあったり、ヘ音記号に書いてあったり、大騒ぎしながら印を付けました。お休みの子もいたりして、出来映えはう~ん・・と言う感じでしたが、トーンチャイムの音は癒されますね。

私はこの夏は、細田守監督 スタジオ地図制作の映画「未来のミライ」を見ました。妹が生まれ、両親の愛情を全部持って行かれた感の男の子が、時間を超えて、様々な体験をすると言うストーリーです。私の好きな福山雅治さんが、声優として出演されたので、見ようと思ったのがきっかけです。誰しも自分が、長男・長女であれば、同じような嫉妬心を抱いた人も多いかと思います。自分が今この世に存在するためには、過去の小さな出来事が積み重なって、つながっての事。過去の延長線上に今があって、それは未来につながっていく。あたりまえのことですが、あらためて考えると、すごいことですよね。つながる、つなぐ・・・。そんなことがテーマになっていました。

スタジオレガートのHPトップ画面にも「人と人とをつなぐ」とあります。私たち教える立場と子どもたちはそれぞれ、つながっているのは確か。ピアノもリトミックもグループレッスンなので、子ども達同士もつながっています。縁、出会い。その積み重ねがその人自身になっていくのですね。
生徒の一人、ピアノとつながって5年目くらい経つ4年生の男の子が、こんな事を言ってくれました。ピアノを弾く事の長所として、3つ上げてくれました。
 ①ピアノは、算数に関連しているため、算数が得意になる。
おそらく、音符の長さの関係の事を言っているのかと思います。
 ②ピアノは演奏するときに、右手と左手を別々に動かすので、利き手ではない手も動かすことによって、頭がよくなる。
脳科学者が、ピアノ演奏は、右脳と左脳のバランスが良くなる、と言うようなことを言っています。記憶力や認知症予防にも効果があると言われていますよね。
 ③ピアノは1つ1つ音が違うので、聞き分ける力がつき、耳が良くなる。
これは、まさしくその通り。
レッスンでは、弾き始めるのに時間が掛かる彼ですが、こんな事を考えてくれているんだなぁ・・と嬉しかったです。ありがとう。これからも、続けていこうね。

スタジオレガートとしてスタートした発表会、レガロも今回で10回目を迎えます。目下、楽しいことをやろうと千葉先生と思案中です。

スタジオレガートでの音楽経験が、いつか皆の未来につながる過去になると良いな。

                                長谷川 典
コメント