スタジオ便り

スタジオ便り

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

師走の実感

2016-12-18 11:44:25 | 日記
子供のころは
「年々時間が早く過ぎるようになる」と
よく大人が言うのきいていました
本当に 早くなるんですね
それも 年々

今年もこんな時期になりました
街は
クリスマスと
新年の松飾が混在しています

12月は音楽が似合います
沢山の名曲がこの時期を彩って
様々な想いを巡らせる季節です

先日は
第九の女声ソリストの練習がスタジオでありました
第九の男声ソロは 派手な場面も 哲学的な場面もあって
結構やりがいがありますが
正直なところ 女声ソロは 労多くして報われるものが少ない…
こんなこと言ってはいけませんね
どんなパートも 大切です!

しかし なんといっても「合唱」です
第九のステージで一番輝いている演奏者
高揚感に頬をそめている合唱団の顔を見ると
幸せが伝わってきます





子供たちは
発表会の季節です
いろいろ準備もありました


たのしい仕掛けもできてきています



会場リハーサルも終わり
あとは当日を待つばかり…とはいかず
教えることの難しさをひしひしと感じながら
最後のレッスン真っ最中です

もうひといき
もう一回
頑張ってみようね
きっと うまくいく 
あそこも ちゃんと ひけるように なる!














コメント