スタジオ便り

スタジオ便り

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

音楽教室では…

2016-01-21 19:43:38 | 日記
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

…ちょっと遅すぎましたが
今年も子供たちの成長を見守りながらレッスンしてまいります
楽しいことがたくさんありますように





一月も後半となり
暖冬と安心しきっていたところへ
この寒さ!
インフルエンザはこれからが流行となるそうな…

新年の教室は
いつになく早く日常にもどっていますが
受験で休んでいる子供たちの報告が待たれ
天気予報もとても気になります
いつもなら 雪は ちょっとうれしい気持ちにもなるのですが
やはり「今日は降らないで」と願ったりしています



今年は申年
新年の工作は「さる」
ぐ~んと伸ばした手やしっぽで仲間とつながります

完成までしばしお待ちを

長谷川先生の新年のメッセージです

3学期のスタート

新年も明けてはや半月。と言うことは、2016年も1/24過ぎてしまったんですね。速い早い。そんな風にスタジオはちょっと遅い3学期の始まりです。
2学期末、年末に発表会「レガロ」を行っているスタジオレガートでは、一番落ち着いてレッスンに取り組めるときでもあります。

冬休みは、どうやって過ごしていたのか、初回のレッスンでは、話が止まらなくなる子もいます。いつもと違う行事が多いのも冬休みならではですね。
いろいろ楽しかったことが多い皆とは違って、私は、実家に帰省して、初詣に行ったくらいの地味なお休みでした。が、普段なかなか出来ない読書をしました。と言うより、
友だちに借りっぱなしの本があったので、読み終えたかったのです。

3冊ほど読みました。
その中の一冊「音大卒は武器になる」(大内 孝夫著 ヤマハミュージックメディア出版)
音楽大学、或いは、音楽を専攻した後、社会人として活かしたい
音大卒ならではのスキルが揚げられていました。

①継続する力。音楽は何よりも積み重ねが大切です。
②コミュニケーション能力が高い。
楽器のレッスンというのは、1対1。あるいは、せいぜい少人数です。
嫌でも、人と接しなければなりません。ましてや学生の時は、
先生という年長者と接するので、上司との関係も築きやすいともありました。
③期日までにやり遂げる力。
 演奏会などはその日までに曲を完成に持って行かなくてはなりません。
④脳の活性化。
何よりも、小さいころからピアノや楽器を弾いている人は、普通の人に比べ、
脳が活性化されていると、科学的にも証明されているそうです。これは何をするにも
有利なはずです。

音大、音楽専攻とまでは行かないまでも、音楽や楽器を続ける事で効果があることは、
確かなようです。
スタジオレガートでのピアノのグループレッスンも、時には、騒がしい事もありますが、毎回、友だちの演奏にコメントしています。ノートの出来を見せ合ったり。
リトミックでも、お互いの表現を見て、自分と違いを比べたり、コミュニケーションには大いに役に立っていると自負しました。
 そして、知らないうちに脳が活性化されれば、言うこと無し。確かに音楽は右脳を刺激します。それは知的分野を司る左脳の活性化にも役立つはず。楽器演奏をやっている人の脳は、活性化されている部分が多いというのはそう言うことか~と納得でした。

さて、そんなことを想いながら開始した3学期。
幼児クラスのリトミックは、来年度に向けてのステップアップを。小学生クラスは今までの基礎固めを行いたいと思っています。
ピアノレッスンでは、弾くことはもちろん、伴奏付けの和音を考えたり、移調もやってみようかな、などと思っています。

                            長谷川 典



コメント