スタジオ便り

スタジオ便り

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教室に子供たちがかえってきました

2012-08-11 16:36:34 | 日記
火曜日から新学期がはじまりました。
教室に元気な声があふれています。
夏の楽しい話を一生懸命話してくれるのですが、
黒く日焼けしている顔を見ると、
嬉しい気持ちが伝わって、
話を聞く前から、もう、楽しくなってしまいます。

レガートレオ(合唱クラス)の何人かは、
パピーコーラスクラブのメンバーとして、
20日に日生劇場の大きな舞台を経験する機会がありました。
子供の声の持つ力は、
プロの声楽家の声とは別の大きな力があることを、
しみじみ感じるステージでした。
夏の暑い盛りに、
本当によく頑張りました。
素晴らしい音楽体験をした夏休みでした。

先生たちは夏の間次のステップを考えていました。
トーンチャイムやピアノ連弾のことをいろいろ相談しています。
新学期も楽しく元気に、時々キビシク、
レッスンしていきましょうね

頑張れみんな!
頑張れ先生!




コメント

夏の名残のコンサート 稽古

2012-08-11 16:36:34 | 日記
子供のための教室が夏休みの間、
スタジオは大人の出入りしかありません

普段は子供の元気な声が圧倒しているのですが
しばらくは大人たちの声がばかり
ちょっと、空気がちがいます

男の声楽家たちの普段の話し声は、
とても魅力的!
低い声も高い声も、よく響いて艶があって
それに比べて
女性のしゃべり声は、以外に「がさがさ」しています
女性の声楽の発生は裏声を使うことが多いので
歌う声とのギャップが結構あります

ミュージカルのように
話し声のまま、歌いだすのは
声楽家にとって、特に女声は難しいことです

スタジオレガートの仲間たちは
秋に向かっての打ち合わせや、稽古が続いています



先日は8月25日の
夏の名残のコンサート」の稽古がありました
魅力的なイギリスの音楽がそろいました
テノールのさわやかな歌声
センスあふれるピアノの音色
きっと素敵な夏の夜をお楽しみいただけます
←クリック
どうぞお出かけください

コメント

夏の名残のコンサート ご案内

2012-08-06 14:55:54 | 日記
まだまだこれからが夏の本番ですが
「夏の名残のコンサート」
ご案内します


東京歌工房でも活躍するテノール前田ヒロミツと
すばらしいセンスのピアノをきかせてくれる三平順子の
さわやかなサロンコンサートです

  8月25日土曜日18時
  ジャルダンドルセーヌ1号館
  5000円 お食事つき

会場のジャルダンドルセーヌ1号館は
イギリスの建物を移築した館で
原宿の喧騒を忘れる、大人のレストランです、
イギリスの音楽と美味しいお料理で
過ぎゆく夏のひとときをお楽しみください
涼やかな風を感じていただける夜をおとどけいたします

スタジオレガートのメールでもお申込みいただけます
どうぞお出かけください
コメント

花火の完成

2012-08-04 16:55:38 | 日記
でも、じつは工作の時間が足りなくなってしまい
午前中では花火は仕上がらなかったのです

そうしたら
中学生が居残りで仕上げてくれました
「帰って宿題やるのイヤダから、手伝う!」
なんて言いながらこんなにきれいに仕上げてくれました

なんと頼もしいこと!

大きくなってゆく子供たちを目の当たりにして
子供たち以上に
楽しく、嬉しい一日でした

教室も、7日から夏休み
みんな元気に遊んできてね!

2学期は21日からスタートです



コメント

完成はこんな感じ

2012-08-04 16:47:33 | 日記
とにかく大騒ぎで時間が過ぎてゆきました


それからお昼
お弁当をたべて、アイスクリームもたべて
楽しかったね

午後は小学生以上でトーンチャイムを鳴らしました
教室では1年生になったら始める楽器です
今年はその1年生が何人もいましたが
中学生など、先輩が沢山いるので先生たちも大助かりでした


コメント