スタジオ便り

スタジオ便り

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

卒業式もおわりました

2012-03-24 12:01:50 | 日記
子供たちは新しいステージの前の春休みです。

進級する子供も勿論ですが、
学校が変わる子供たちは一層様々な思いがあると思います。

幼稚園から小学生になる子供たちは、
屈託なく楽しそうにみえますが、
ちょっと宙ぶらりんな状態で、くすぐったそうです。

小学校の卒業式を終えた子供たちは、
「べつに~」なんて言いながら、
不思議な表情をうかべています。

中学を卒業して、高校進学の子供は、
期待に胸ふくらませているように感じます。

新しい環境の中に入ってゆくこの季節。
幸多かれと祈らずにいられません。

新学期には、たくさんの新しい体験を、
輝く笑顔で話してくださいね。


長谷川先生からのメッセージです

【1年間のレッスンを終えて】

 昨年の今頃は、あまり家から出ずに過ごしていた事を思い出しました。
 あれから1年。個人的にも怖い思いをした私は、あの春のことは忘れないと思います。
 今年のスタジオレガートの子ども達は、この春、環境が大きく変化する子がたくさんいます。
 小学校・中学校・高校に入学する子。そして、父親の海外赴任に伴い、日本から離れる子。
 周囲や、環境が変わっても、皆が身につけてくれた、音楽の知識や譜読みの力、そして、リトミ ックを通して学んだ、ビート感、拍子感などは、誰にも奪う事ができない、かけがいのない財産 だと思っています。
 日本中のどこへ行っても、世界中のどこへ行っても、ト音記号のドの音は、ドです。
 ド、ハ、C・・など、呼び方は違うかも知れませんが。
 ストリートミュージシャン出身の、高橋 優さんが「福笑い」という曲で、♪世界の共通言語  は、英語ではなく、笑顔だと思う・・・と、歌っています。
 もちろん、笑顔もですが、音楽も世界の共通言語だと、私は思っています。
 しばらくの間、春休み。4月に会うときは、どんな表情の子ども達に会えるのか、楽しみです。

                                  長谷川 典


コメント (1)

春の恒例行事 プティカド です

2012-03-08 18:38:18 | 日記
ちょっと暖かな日が続きました。
なんとなく木の枝が白っぽく見えます。
木の芽が先をだし、桜のつぼみが膨らんだせいです。
春になりますね。


四月の行事「ルプティカド」のお知らせです


今回は「バロックリュート」です。
いにしえの風がやわらかくふいているような、
だけど、ちょっとせつないような、
終わりのない時の流れを綴るような音色です。

それぞれの朗読のほかに、
二人で「雪渡り」を読みます。
賢治の美しい世界を描きたいと稽古しています。
この時のリュートが、また一段と美しいのです。

どうぞお出かけください。
レガートのメールでも予約受付中です。

4月14日(土曜日)
渋谷公園通りクラシックス
朗読:塙野ひろ子 千葉小津江
リュート:橋口淳一 歌:染谷熱子
昼の部 14:00
夜の部 18:00
3000円(ワンドリンクつき)
コメント

三月になってしまいました!

2012-03-02 18:22:13 | 日記
スタジオは、教室も東京歌工房もあわただしい毎日で、
気が付けばもう三月!
子供の教室では、一年間のまとめに、レッスンにも熱が入っています。

2月26日の東京歌工房の演奏会は、沢山のお客様をお迎えして、楽しく暖かな雰囲気の演奏会となりました。
たくさんのお褒めの言葉を頂戴しました。また、いろいろなご意見も頂戴いたしました。
ありがとうございました。

はじめて来ていただいたお客様から
「音楽会ってこんなに楽しいものだったかしら」と言っていただきました。
音楽のおもてなし…
音楽で楽しい豊かな時間を過ごしていただけますよう、また企画を練ってまいります。
次回も、どうぞお出かけください。

photo by 岡本あゆみ
                        

また、当日は3月11日の大震災のための募金おこない、多くの皆様にご協力いただきました。

集計等できましたら、ご報告いたします。
ありがとうございました。

コメント