スタジオ便り

スタジオ便り

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トーンチャイムの季節です

2011-06-02 19:16:51 | 日記
例年より早い梅雨入りとなりました。
冷たい雨が毎日降って、アジサイも少し寒そうなくらいです。

教室は欠席の子供も本当に少なく、いつも元気な声にあふれています。
「こんにちは!」と大きな声で入ってくる子、
「ふーっ」とため息をつきながらカバンをおろす子、
いきなり「今日学校でね…」と話し始める子、
一日のいろいろな体験をかかえて、教室にやってきます。
どの子も、帰る時には
「さようなら!!」と元気いっぱいで帰っていけるよう、
一日が楽しかったと思えるようしたい。
ですが、時には厳しく叱らなくてはなりません。
レッスンの終わり方は難しいです。


今日から、久々のトーンチャイムレッスンがはじまります。
長谷川先生のメッセージです。


今年の5月は、良い天気!と言えた日が、少なかったように思います。
初夏のこの時季、私が一番好きな季節なのですが。
これからの梅雨の季節、毎年、リトミックの小学生クラスでは、トーンチャイムを行います。
雨の鬱陶しい気分を チャイムの音で、吹き飛ばしてもらおうと思ってのことです。
スタジオの発表会「レガロ」では、小学生の生徒全員で、チャイムの演奏をしています。
夏休みには、皆で集まって顔合わせもします。
今年のレッスンでは、小学生グループは、1人3本担当してもらいます。持ち替えに挑戦です。
人数×3音に編曲するのも、ベル割りをするのも苦心するのですが、楽しい作業です。
「無理~」「訳わかんない~」という声も聞こえそうですが、やってみましょう。(長谷川 典)

コメント