スタジオ便り

スタジオ便り

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一年が 健やかに始まりました

2019-01-19 17:26:39 | 日記
年のはじまりは 素晴らしい空でした
清々しい空気は お正月独特のものです
門松の緑も美しく 思わず深呼吸をしてしまいます  

年末の賑やかさは なんとなく午後から夜の印象ですが
新年のイメージは午前中でしょうか
背筋をのばして空を見上げる気分です



「啓翁桜」という 山形の早咲きの桜の枝をいただきました




年末から咲いているそうです
ほんのりとしたピンク色が なんともきれい
今年は桜で年があけました
楽しく充実した年になりますように!

新年の工作は 恒例の干支です
沢山のイノシシが 大きな声で今年の目標を宣言しています


なかなか 可愛いウリ坊達です


長谷川先生の メッセージです

【心を正常にする時間】

2019年が明けました。今年は、亥年と言うことで、いい年にしようなんて言葉が
良く聞かれます。いのししは、突進力が強く、向こう見ずに進んだり、積極的に前に
進むことを「猪突猛進」と言いますよね。でも、この言葉、良い意味で使われる方が
少ない気がします。いのししは本来、神経質で警戒心の強い動物だそうです。

そんな2019年1月末から、楽しみにしていることがあります。日曜日の深夜に放
映されているアニメ「ピアノの森」の第2シリーズです。第1シリーズでは、森に捨
てられていたピアノをおもちゃ代わりに成長した、一ノ瀬 海くんが、ショパンコン
クールに挑戦したところで終わっています。原作は、漫画で26巻刊行されていま
す。私は、漫画は読んだことは無いのですが、アニメでは、ピアノの音が散りばめら
れ、見ても聞いても楽しめる内容です。

第1シーズンの5話で、海くんにピアノを教えてもらっている少年が、ピアノ即興を
しながら、歌うシーンがありました。何か嫌な出来事があったようです。彼は、「心
を正常に戻す時間」と言っていました。ピアノを弾くことで、自分の心のバランスを
とり、ニュートラルに戻している・・・。私も、嫌なことがあったり、むしゃくしゃ
したときは、エチュードなどをがんがん弾きます。心がささくれたときは、ワルツな
どを弾きます。納得、実感の一言で、すっと心に入ってきました。アニメの中の彼
は、大声で歌っていましたので、そちらの方が効果が大きかったかも知れませんが。
ピアノで心が落ち着くって良いなぁと思います。スタジオレガートを巣立って言った
生徒が、皆、そうだったらいいのになぁとも思います。

昨年末に行われた発表会レガロは、10回目を迎えることが出来ました。2回目から
出演してくれている生徒さんは、もう中学生。今回はトリを努めてくれました。受験
で、途中お休みしたこともありました。練習はなかなか難しそうですが、ピアノが好
きなようなので、これからも続けて言って欲しいです。音楽のありがたみは、続けて
こそ得られるもののような気がしています。

3学期は、じっくりレッスンに取り組める時季にもなります。
小学生クラスは、じっくり内容に取り組ませたいです。基礎リズムやリズムパターン
と言ったところを復習します。幼児クラスは、皆で楽しく取り組める内容にします。
絵本からも発展させていきたいなぁ。ピアノの生徒さんは、ソルフェージュの要素を
たくさん取り入れてレッスンしていきたいと思っています。いのししのような注意深
さを持ち、生徒一人一人に気を配り、前進出来るようにしたいです。

長谷川 典




コメント   この記事についてブログを書く
« Regalo ! もうすぐ発表会です | トップ | 新年度の準備 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事