スタジオ便り

スタジオ便り

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教室は なが~いお休み

2019-05-01 18:24:44 | 日記
新年度が始まって やっと落ち着いたところで
今年は 10連休
なんとなく 五月病が心配です

教室の空には
鳥達が飛んでいます



恒例の四月の工作
今年は「ひよこ」ではなく 空飛ぶカラフル小鳥です
ちょっと頑張りました


気持ちよさそうに飛んでいます
スタジオレガートのレッスンのひとつです
短い時間ですが 工夫をして 一人一人の作品をつくります
何かを表現する楽しさは 子供の目の輝きを見れば一目瞭然
この集中力を ピアノレッスンにもつなげたいと思っています


長谷川先生からのメッセージです

【新年度のスタート】

今年は、お天気に恵まれて、桜の花が長く楽しめました。ただ、寒暖の差が激しくて、体調を崩した方もたくさんいらっしゃったのではないでしょうか?

春休み、いつもより時間に余裕があったので、本も何冊か読みました。実家の山梨へも帰りました。いつもは、見出しだけ見て終わったりする新聞も、広げる時間が増えました。読売新聞さんは、教育関係の記事も多く紙面を割いている印象があるのですが、こんな記事が目に入りました。

「幼児期に物事を諦めずに挑戦するなど、がんばる力、を身につけると、小学生になって、思考力が高くなる傾向がある」と言う内容です。(読売新聞4月4日)これは、ベネッセ総合研究所さんが、2012年から2018年まで、402人を対象に追跡調査を行ったものです。
幼児期から、自分で工夫して行動する姿勢がある子は、小学校入学以後の学習にもよい傾向を与えていると書かれています。そして、保護者が子どもの意欲を大切にする事の必要性を指摘しています。
がんばる力、と言っても,様々なものがあるとは思います。続ける力、やりきる力、挑戦する力・・・。最近は、がんばりすぎないようにと言う傾向も強いですが。
私は、これを読んで、幼児期の習い事の継続、続ける力は、その後の考える力を育んでいると言っても良いのではないかと思えてしまったのです。

習い事には、目に見えて上達がわかるものと、そうでないものとがあります。テキストや本を使う習い事は、進み具合がわかりやすいので、前者になりますね。水泳なども距離がわかるので、こちらになるでしょうか。
造形、野球、サッカーなどの球技は、後者でしょうか。スタジオレガート的には、リトミックは後者、ピアノは前者に当たりそうです。どちらが良いとかは一言では言えませんが、後者の方が、心や、情緒を育てていることが多いと思います。いずれにしても、続けていくためには、周囲の協力も必要になってきますよね。これが、記事にあった、意欲を大切にする事にあたるのでしょうか。
そんな、がんばる力の積み重ねをしてきてくれた、新2年生の事を報告させてください。入学式で、連弾のピアノを2人で、そして、グロッケンを見事に演奏してくれました。教える側としては、やはり、こういう場面で活躍してくれるのはとても嬉しいです。

スタジオレガートのみんな、これからも、小さな積み重ねを大きく大きく、高く高く、でも決して他人と比べなくて良いのです。自分のペースで積み上げていってください。
そう願っています。                         長谷川 典

コメント

教室の新学期

2019-04-01 18:14:53 | 日記


新学期を待つ教室は
静かで ほんのり桜色の空気です

頬を赤くして駆け込んでくる子供たちが
新しい学年の話をいっぱいもってやってくるのを 待っています

おしゃべりな子供だけではありません
なんとなく話がしずらそうな子供もいます
そんな子をみると ぎゅっ!としたくなります
ゆっくりで大丈夫
ちゃんと聞くからね 聞きたいからね

春はいいなぁ

コメント

大塚京子門下 声楽発表会 

2019-03-29 16:02:03 | 日記
桜が毎日のニュースを賑わせています
春は駆け足で過ぎてゆきますが 
開花予想から始まる桜の季節は 思えば長いですね
咲き始めの喜ばしい気分
次々と咲いてゆく華やいだ気持ち
満開のあでやかさ
散り始めのせつない美しさも 心に沁みるものがあります

昔々
仕事が一段落した解放感にひたりながら
桜とレンギョウが咲き誇る夕暮れどきに 
朧月夜を口ずさみながら歩いた記憶が
毎年 この季節になると思い出されます
「朧月夜」大好きな歌のひとつです



大塚先生のヴォーカルレッスンのクラスの発表会です
今年もたくさんの出演者
にぎやかな会になりそうです



ピアニストとの練習が始まりました
いつもとは違う「伴奏」の音に戸惑いながら
本番の気分を想像してレッスンがすすんでいます



コメント

新年度の準備

2019-02-28 13:21:09 | 日記
二月はあっという間に過ぎてしまいます…まるで師走みたい
はやくも今日が最終日
教室では 四月からのレッスン時間を調整中です
塾や 他の習い事との兼ね合いが
なかなか難しいものです

四月からのリトミッククラスの 無料体験レッスンがあります

  3月7日 木曜日 午後1時~1時40分
       幼児クラス 無料体験レッスン
  対象   3歳~5歳   
       
通常レッスンも 見学ができますのでご相談ください
まずは 音楽を体で感じることです
グランドピアノの生の音を体中で感じてみましょう
楽しい音楽体験をしてください




コメント

一年が 健やかに始まりました

2019-01-19 17:26:39 | 日記
年のはじまりは 素晴らしい空でした
清々しい空気は お正月独特のものです
門松の緑も美しく 思わず深呼吸をしてしまいます  

年末の賑やかさは なんとなく午後から夜の印象ですが
新年のイメージは午前中でしょうか
背筋をのばして空を見上げる気分です



「啓翁桜」という 山形の早咲きの桜の枝をいただきました




年末から咲いているそうです
ほんのりとしたピンク色が なんともきれい
今年は桜で年があけました
楽しく充実した年になりますように!

新年の工作は 恒例の干支です
沢山のイノシシが 大きな声で今年の目標を宣言しています


なかなか 可愛いウリ坊達です


長谷川先生の メッセージです

【心を正常にする時間】

2019年が明けました。今年は、亥年と言うことで、いい年にしようなんて言葉が
良く聞かれます。いのししは、突進力が強く、向こう見ずに進んだり、積極的に前に
進むことを「猪突猛進」と言いますよね。でも、この言葉、良い意味で使われる方が
少ない気がします。いのししは本来、神経質で警戒心の強い動物だそうです。

そんな2019年1月末から、楽しみにしていることがあります。日曜日の深夜に放
映されているアニメ「ピアノの森」の第2シリーズです。第1シリーズでは、森に捨
てられていたピアノをおもちゃ代わりに成長した、一ノ瀬 海くんが、ショパンコン
クールに挑戦したところで終わっています。原作は、漫画で26巻刊行されていま
す。私は、漫画は読んだことは無いのですが、アニメでは、ピアノの音が散りばめら
れ、見ても聞いても楽しめる内容です。

第1シーズンの5話で、海くんにピアノを教えてもらっている少年が、ピアノ即興を
しながら、歌うシーンがありました。何か嫌な出来事があったようです。彼は、「心
を正常に戻す時間」と言っていました。ピアノを弾くことで、自分の心のバランスを
とり、ニュートラルに戻している・・・。私も、嫌なことがあったり、むしゃくしゃ
したときは、エチュードなどをがんがん弾きます。心がささくれたときは、ワルツな
どを弾きます。納得、実感の一言で、すっと心に入ってきました。アニメの中の彼
は、大声で歌っていましたので、そちらの方が効果が大きかったかも知れませんが。
ピアノで心が落ち着くって良いなぁと思います。スタジオレガートを巣立って言った
生徒が、皆、そうだったらいいのになぁとも思います。

昨年末に行われた発表会レガロは、10回目を迎えることが出来ました。2回目から
出演してくれている生徒さんは、もう中学生。今回はトリを努めてくれました。受験
で、途中お休みしたこともありました。練習はなかなか難しそうですが、ピアノが好
きなようなので、これからも続けて言って欲しいです。音楽のありがたみは、続けて
こそ得られるもののような気がしています。

3学期は、じっくりレッスンに取り組める時季にもなります。
小学生クラスは、じっくり内容に取り組ませたいです。基礎リズムやリズムパターン
と言ったところを復習します。幼児クラスは、皆で楽しく取り組める内容にします。
絵本からも発展させていきたいなぁ。ピアノの生徒さんは、ソルフェージュの要素を
たくさん取り入れてレッスンしていきたいと思っています。いのししのような注意深
さを持ち、生徒一人一人に気を配り、前進出来るようにしたいです。

長谷川 典




コメント