もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



タイトル:宇宙戦争(原題:War of the Worlds)/パラマウント
※原作本:1898年初版H・G・ウェルズ,角川書店261p 540円など
ジャンル:空想科学小説の映画化/2005年/117分
映画館:(京都府)福知山スカラ座(140席)
鑑賞日時:2005年7月1日(金),18:50~ 40人
私の満足度:70% 
オススメ度:映像100%,物語/キャスト60%,感動10%

冒頭から(うろおぼえ)
不安感をあおる音楽、水のなかをただよう紐が数本。序々に
小さくなり回りがセルに囲まれていることがわかる。微生物?
ミトコンドリア?それともウイルス? 数が増えて
薄緑の水のなかを沈むように流れてゆく。
ナレーション(モーガン・フリーマン)
「21世紀初頭の今日、我々はまだ気づいていない。
人類より優れた知能を持つ彼らが、ゆっくりと
しかし確実に地球侵略を企てていることを。
彼らは見ていた。ずっと前から。私たちが、微生物を
見るような目で。」
十字にクロスする高速道路を走る無数の車。高層ビルから湾岸。
巨大なコンテナならぶ。長さ20mもありそうなそのひとつが
吊り上げられる。かなり高い位置。クレーンを操作する男・レイ
(トムクルーズ)はレバーを操作し、トラックを見下ろしながら
荷台へきっちりと降ろすと、早足であるきだす。
「レイ。あと30分働いてくれよ。1時間で40個の
コンテナを動かせるのは君だけだ」
「組合がうるさくってね」無視して歩きづづける。
「くそったれ!!」

レイ・車を飛ばして2階建てがならぶ町並みに到着。
別の車の横に、おおきなおなかの女性マリー(ミランダ・オットー)
隣には、同年配の男性。
レイ「8時30分だったよな。少し遅れたか。」
マリー「8時よ」
レイ「8時?半じゃなかったのか」両手を広げる。
とまっていたバンから、イヤホンをした若者(ジャスティン・
チャットウィン)がでてきて小走りで真っ直ぐに玄関へ。
レイ「ロビー。ハグもなしか?」
続いて、少女レイチェル(ダコダ・ファニング)が車からでてくる、
中途半端にレイに一瞬よりかかると車に戻り、大きなかばんを
とりだそうとする。マリーがかけよる。
レイチャル「自分でやるから」
マリー「無理よ」
レイチェル「キャリアがついてるわ」
マリー「階段があるでしょ」
マリーがかばんをもって、家の中へ。

異星人はなかなかでてきません。その兆候もきわめてゆっくり。
天候が怪しいほかは、TVのニュースが流れるぐらい。
「日本で震度6.5の地震がありました」
「磁気嵐の報告が相次いでいます」
父と息子、娘の関係をゆっくりと描きながら進みます。
父がにこやかに誘い、いやいやはじまるキャッチボールでは、
序々に、早く、取りにくいところへロビーは投げています。
気づきませんでしたが、パンフによると父はヤンキースの青色。
息子は赤と白のボストン・レッドソックスのキャップをしていた
そうです。父も思わず力が入って早い玉を投げると、
息子はすかしてガラスが割れます。
その円形の割れた穴越しの父のアップ。

娘はまだ、父と少し会話があります。
娘「とげがささった」
父「どれ」
娘「触らないで、みるだけ」手をひらげて見せる。
父「とってやろう」
娘「ダメ。ほっておくと自然に、でてくるんだって」
※いまから思えばこれが、物語全体を暗示していると
いうことかも?

このあとも、ボストンへと3人で逃げるなか、トム・クルーズの
なんとか父親らしくしようとしながら、なにも子供のことが
わかっていないことに気づかされる場面がつづき、痛々しい
くらいです。ダコダの、かわいさを強調しない演技も、ロビンの
反抗的ながらも何かをしたいという気持ちも伝わってきたので
キャスティングはあってたと思います。でも、そこまで。
ストーリーとしても、この手の話としてはめずらしく主人公が
普通の人であったため、科学的な分析など情報がとぼしく
SFとしても物足りなさを感じました。ひとことでいえばあっけない。

それでも、見てよかったなあと思うのは映像の素晴らしさ。
役者の演技と、普通の街並みと、破壊のCGがうまく融合されていて
こんなリアルな映像ははじめて。殺人マシ-ンのトライポッド
登場のシーンは圧巻。トライポッド本体は、古典的な雰囲気そのままに、
機械的でありながら生物的な力づよさを感じさせ、夜に紫の閃光を
放つ姿は美しくさえありました。さらに、後半では、さまざまな
マシーンの機能が描かれており私にとっては、主役はトライポッドでした。

最後に私のスピルバーク監督作品ランキング、面白かった順
キャチ・ミー・イフ・ユー・キャン
インディージョーンズ 魔宮の伝説
E.T.
宇宙戦争
ターミナル
マイノリティーレポート
AI

宇宙戦争@映画生活

コメント ( 11 ) | Trackback ( 71 )



« 奥崎謙三氏死... 訃報 女優 ... »
 
コメント
 
 
 
TBさせていただきました~ (がっちゃん)
2005-07-03 01:02:16
とげのシーン、あ、なるほどぉ…と思いました。

たしかに言われてみればそう感じますね。

科学的な分析については同感です。

そのあたりが補足されているとSFとしてもかなり楽しめたと思うのですが…。

 
 
 
がっちゃんへ (もっきぃ)
2005-07-03 02:15:32
コメントありがとうございます。

この映画伏線と思ったところは、ことごとくはずしました。特に最初のクレーンのシーンは、この技術、絶対どこかで家族を救うシーンで出てくるぞと、待ち構えていたのですがすかされました。



すでにSWも見てられるのですね。うらやましい。こちらでは近所に、先行をやっているところがなくて、来週1時間に1本の電車で、38分(JR740円)にゆられたところにある一番近い映画館へいってくる予定です。
 
 
 
コメント&トラックバックありがとうございます (でんでん)
2005-07-03 10:54:16
もっきぃさんこんにちは。



「こんなリアルな映像ははじめて」

テレビでも流された高架道路が吹き飛ぶシーン、あそこは凄かったです。

それでヤヌス・カミンスキーって人が撮ると、フィルム感がいいんですよ。

ザラッとした感じアレです。



その分、トライポッドや宇宙人のデザインが浮いてしまったかなぁと(苦笑)
 
 
 
でんでんさんへ (もっきぃ)
2005-07-03 11:12:53
『テレビでも流された高架道路が吹き飛ぶシーン、あそこは凄かったです。』

小さな劇場で見ましたが、インターネットの予告の何倍も迫力がありました。もっと大きなスクリーンでもう1回見ようかと思うくらいです。

 
 
 
TBありがとうございます☆ (maemi)
2005-07-03 16:52:04
SFが大好き!!って人には少し物足りないかもしれませんね。でも私は逆にSFが苦手なのでヒューマンドラマがプラスされていることで、他のSF映画より全然楽しめました♪

キャスティングは良かったと私も思います。

ダコタちゃんの演技は素晴らしかったです★

ちなみに私もキャチ・ミー・イフ・ユー・キャンが1位でAIが最下位です。

AIは観て本当に損した気分になりました・・・笑



こちらからもTBさせていただきます♪
 
 
 
maemiさんへ (もっきぃ)
2005-07-03 18:29:48
楽しめたようでよかったですね。

1位と最下位とは、会いますなあ。

AIは、主人公がロボットだと思った時点で、

引いてしまいました。
 
 
 
Unknown (experience#21)
2005-07-04 16:40:57
期待してだけに少し残念な結果になった感じがします。全体的にはさすがスピルバーグなんですけど。。
 
 
 
experience#21 さんへ (もっきぃ)
2005-07-05 01:43:17
ストーリー的には私も少し残念です。



ところで、「キス・オブ・ザ・ドラゴン」

について書いてられますね。私もジェットリーの良さがでているハリウッド映画としては

この作品と「ロメオ・マスト・ダイ」が

好きです。
 
 
 
Unknown (ちぃ)
2005-07-18 09:03:42
宇宙戦争見たいんだけどあれ感動ナインですか???????????????
 
 
 
Unknown (もっきぃ)
2005-07-18 13:59:32
少なくとも私は「家族愛」に関しては、感動しませんでした。でも、映像はすごいから一軒の価値ありだとおもいます。

 スターウォーズの場合は、身近な世界ではないので、まあこんなのかなあ?なんて思いながらみてましたが、宇宙戦争は、いまのまさに人が住んでるところに侵入してくる話なので、現実の街とそれが破壊されていく映像のすごさは感動ものでした。
 
 
 
トライポッド (puftaddy)
2006-01-16 21:25:50
あの迫力は凄かったですね。あんなにリアルでびっくりしました。オチがもっとすっきりしてたら言うことなしだったのですが。



TBさせていただきましたー
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
宇宙戦争 (ネタバレ映画館)
 片方の目が失明し、やがて両目とも失明したと思っていたら、ついに声だけの存在になった・・・もしや、彼は神か?!そういや、去年は「神」だったか・・・  スリラー、ホラー、アドベンチャー、SF、パニック、様々なジャンルに形容されるこの映画。もちろん親子の絆とい
 
 
 
宇宙戦争 (うぞきあ の場)
視点 ・ 1人称(レイの視点)で描かれている。 ・ だから、アメリカ以外のシーンは出てこない。 ・ ID4のように、有名な建物の破壊シーンもない。 ・ 宇宙で戦争はしていない。 ・ 戦争映画でもない。 ・ 家族愛を描いたドラマである。 ・ 前作のような火星人は
 
 
 
宇宙戦争@劇場 (CoffeeRoom)
1日の映画の日に観てきました。...
 
 
 
「宇宙戦争」(WAR OF THE WORLDS)を見たぁぁぁ (がっちゃん日記)
やぁ。 so-net blogもどうやら復旧したみたいっすね~。 1日1回 blogアクセスが日課なのに…もうちょっとたのんますよぉ~(^^; > so-net blog で、今日は映画三昧の一日でした。 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS を見てきました。 URLはここ。 http://www.uchu-sensou.jp/
 
 
 
宇宙戦争(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】スティーブン・スピルバーグ【出演】トム・クルーズ/ダコタ・ファニング/ティム・ロビンス/ミランダ・オットー/ジャスティン・チャットウィン【公開日】2005/6.29【製作】アメリカ【ストーリー】雲ひとつ無い晴天に包まれた、アメリカ東部のある町に突如とし
 
 
 
宇宙戦争 (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「宇宙戦争」の感想です
 
 
 
宇宙戦争みてきました。 (晴ときどき鬼瓦。)
Noriさんが「デートで行くべきではない」と言うその「宇宙戦争」見てきました。いやー、やっぱりデートで行くべきではないですね。いや僕はデートじゃないです。一人です。 土曜の夜8:50って、混んでるのか...
 
 
 
スピルバーグ老いたり! 「宇宙戦争」 (平気の平左)
宇宙戦争 評価:40点 えー、こういうファンがたくさんいる巨匠の映画に対して批判的なことを書くのは、コメント欄が荒れそうで、不安なんですが・・・ しかし、ここは弱小個人ブログ、「言いたいことも言えないでどうする?」ということで、思うがままに書いていきたい
 
 
 
『宇宙戦争』  ☆☆☆★★ (映画VS氣志團&タイガー)
始まって10分位でいきなりクライマックス!? アリっちゃーアリ?(とんちんかんちん) 文章長くてすいません・・・。 最近スピルバーグ、トム、ダコタがTV出まくってますね!僕が見たのは「スマスマ」 と「学校へ行こうMAX」。「スマスマ」のゲスト凄かった!バックスト
 
 
 
★「宇宙戦争」 (ひらりん的映画ブログ)
6/29(水)世界同時公開なので週末のレイトショウで観ようかなっ・・・て思ってたけど。 午前零時きっかりから上映するところもあるのを発見。 TOHOシネマズ川崎で観て来ました。 ネット予約して・・・しかも初プレミア・スクリーン。 シートはゆったりしてるし、ポッ
 
 
 
宇宙戦争 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日はこの作品のために代休をとりました。 せっかくなのでこれ以外にも2本鑑賞してきました   それでは、本日1本目は「宇宙戦争」です。   平日の朝一だというのにピカデリー 名古屋は結構入ってました。さすがこの夏の超大作   さてさて、感想が難し
 
 
 
宇宙戦争 (あ~るの日記@ココログ)
スティーブン・スピルバーグ監督×トム・クルーズ主演の映画『宇宙戦争』を観た。この映画は、H・G・ウェルズ原作の1953年にジョージ・パルによって製作された同名映画のリメイクだ。前作は昔テレビで何度も観て、好きな映画だけに、スティーブン・スピルバーグ監督が最新の
 
 
 
水鉄砲くらい何だ!「宇宙戦争」を観る(少々ネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 今日はスピルバーグの「宇宙戦争」を観てきた。そもそもは昨日の飲み会(五週連続!
 
 
 
『宇宙戦争』、観ました。 (肯定的映画評論室Blog支店)
「えッ、これで終わりなの?」というのが、観終わった直後の正直な感想だ。まぁ、ボクら“凡人”から言わせれば「終わり良ければ‥‥」の格言通り、ラストさえキチッと決まれば、案外納得出来ちゃうものなんだけどサ(笑)。スピルバーグの場合は、“理論派”というよりは“感
 
 
 
「宇宙戦争」ハラハラドキドキ (クレオパトラの夢)
トム・クルーズが立派におとうちゃんしてました。SFというよりはパニックムービー?テーマパークでビックリどきどきするのと同じような面白さかもしれません。~クレーン操縦士のレイはその日、別れた妻が新しい夫とボストンへ行く間、子ども二人を預かることになった。子...
 
 
 
「宇宙戦争」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレ東宝で『宇宙戦争』を観てきました。 監督は「スティーブン・スピルバーグ」、出演は『ラスト・サムライ』の「トム・クルーズ」、『マイ・ボディガード』の「ダコタ・ファニング」、「ジャスティン・チャットウィン」「ティム・ロビンス」など。 アメリカの東部
 
 
 
宇宙戦争 (Akira\'s VOICE)
宇宙人がやってきた! ひ~ふ~み~,うわっ,よ~けおる!
 
 
 
(劇場)『宇宙戦争』感想 ((映画)新作DVD発売日情報)
6/29公開~『宇宙戦争』地球最後の日――人類は試される、その愛と勇気を…。監督:スティーブン・スピルバーグ出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ジャスティン・チャットウィン、ティム・ロビンス語り:モーガン・フリーマンはい、今回は満足度から白文字です↓...
 
 
 
『宇宙戦争』を鑑賞 (-PARADOX-)
  題名:宇宙戦争 時間:114分 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス 等 あらすじ:雲ひとつない晴天に包まれた、アメリカ東部のある町に異変は突然起こった。上空で発生した激しい稲光の一つは地...
 
 
 
宇宙戦争 (閑遊閑吟 )
全世界同日封切りというふれ込みの話題作『宇宙戦争』観て来ました。 余程のことがない限り(レオン・ライが出るとかね)映画の初日に観に行くことってないのですが、一昨日は『SMAP×SMAP』、昨日は『学校へ行こう!MAX』にスピルバーグとトムが出ていて
 
 
 
宇宙戦争(7/2 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『とにかく怖い!』  6/29公開のトム・クルーズ&スピルバーグ監督コンビの話題作を観て来ました。この映画、何で水曜日公開なんでしょうね?ニュースをみると「マトリックス」のときも水曜公開はあったらしいので、何か意図はあるんだと思うんですが。  公開後最初
 
 
 
映画『宇宙戦争』 (Trace Am\'s Life to Success)
ネタバレはないはずです.今CMなどで話題の『宇宙戦争』を早速見て参りましたので雑感を.~彼らは,すでに地球(ここ)にいる.~地球最後の戦争は 人類が起こしたものではない.いま試される,愛と勇気――この映画は1953年に公開されて話題を呼んだ同題『宇宙戦争』を再映
 
 
 
宇宙戦争 (★Mooooovie★)
ストーリー アメリカ東部のある町。その異変は突然起こった。雲ひとつない晴天だったのが、何の予兆もなく天候は崩れ、強風がうなり声をあげる。上空では激しい稲光が交錯し、その一つは地上にまで達した。やがて大地は揺れ、そこにはいつの間にか、奈落を思わせるような...
 
 
 
「宇宙戦争」 (Cherry)
話題の超大作! 観始める前はワクワクでイッパイ。観終わった後はハテナがイッパイ。ってことで以下ネタバレありなのでまだ観てない人は読まないように! まず、最初の宇宙人(というか乗り物)が現れるシーン。地面がメキメキ割れて、ビルも盾に避けて、すごい!
 
 
 
宇宙戦争 [トムから半径50m以内の戦争] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
つめの甘かった地球侵略計画。 人類誕生前から監視していた割りに、微生物への配慮なし。彼らの星の食品会社は日本辺りの基準でいけば即営業停止処分だろう H.G.ウェルズの原作の基本ラインを踏襲しつつ、スピルバーグ的味付け。冒頭とラストのナレーションといい、オリジナ
 
 
 
角川書店 (日本の出版社の歴史)
角川書店株式会社角川書店(かどかわしょてん)は東京都千代田区にある日本の出版社である。1945年、国文学者角川源義により創業。国文学関連書籍に強みを持つ。一般大衆向けの文庫本を発行しブームを起こす。文字と映像のメディアミックスを推し進め、1970年代後半からは映
 
 
 
宇宙戦争(スティーブン・スピルバーグ監督) (つるつるいっぱいの宇宙)
★★  さっき見てきた。映画史に残る出来だったよ。  最初45分だけは。  …いや、開始数分後からの画面のパニックぶりは、本当にすごい。我を忘れて手に汗を握った。  かのH・G・ウェルズの原作(←100年以上前に書かれた)。O・ウェルズのラジ
 
 
 
宇宙戦争(2005) (ももママの心のblog)
H.G.ウェルズの原作を、トム・クルーズ主演、スピルバーグ監督でリメイク。異星人の地球侵略を大スペクタクルで描く。{/roket/} 2005年 アメリカ、SF サスペンス 2005年6月29日 川崎チネチッタ 監督 スティーブン・スピルバーグ 原作 H.G.ウェルズ 出演 トム・クルーズ
 
 
 
宇宙戦争 (リンリン映画倶楽部)
タイトル:WAR OF THE WORLDS 製作  :2003年 監督  :Steven Spielberg 出演  :Tom Cruise、Dakota Fanning、Tim Robbins H・G・ウェルズ原作の53年に映画化した作品をスピルバーグがリメイクした。 観終わった後に他人の評価を調べてみたら、かなり酷評が多い。.
 
 
 
「宇宙戦争」「ダニー・ザ・ドッグ」 特撮に◎、ストーリーに××× (エンタメ情報 メッタ斬りぎり)
so-netブログの長~いメンテナンスによって、すっかりやる気を無くし先週末は更新しなかったので、今週から心機一転で月曜日から更新を。 「宇宙戦争」 監督:スティーヴン・スピルバーグ 原作:H・G・ウェルズ 出演 トム・クルーズ 、ダコタ・ファニング 、ティム
 
 
 
宇宙戦争 (利用価値のない日々の雑学)
最初に申し上げるが、この作品はH・G・ウエルズの「宇宙戦争」ではなく、スピルバーグ監督の映画作品\"War of the worlds\"である。という書き出しで、実は映画鑑賞以前からこのブログで始めようと思っていたのだが、当初とは少し違う意味であるが、まずはこの書き出しで始め
 
 
 
CINEMA●STARR 「宇宙戦争」 (しっかりエンターテイメント!)
 監督 スティーブン・スピルバーグ  出演 トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス他    ある日突然、世界中に異常気象が起こる。それは宇宙人の攻撃だった!レイは子供達を守りながら、必死で宇宙人の攻撃から逃げる!!    僕は、昔の.
 
 
 
宇宙戦争 (ファーストオファー)
番組をやっていたおかげで宇宙戦争のワールドプレミアにまで行け、世界で一番最初にその公開を観させていただきました。 もうご覧になった方も多いかと思うのでそろそろそのリポート プレミア試写には入場時間の1時間前には列が出来始め ? 配給会社から送られてきた招
 
 
 
「宇宙戦争」(ワールド・プレミア) (prisoner\'s BLOG)
先日、武道館で予定されていたプレミアがセキュリティの問題で中止になって、今回(六本木ヒルズ)が本当のプレミア。 携帯を預かるわ金属探知機を通るわで、これほど物々しい警備も珍しい。 ポップコーンの類がロハというのは、得した感じ。 もっとも、ポップコーンとホット
 
 
 
宇宙戦争~WAROFTHEWORLDS~(ネタバレあり) (HAPPYMANIA)
面白かった。怖くてかなりドキドキした。どうなるんやろってハラハラしたし。けど、最後の最後まで楽しませておいて あの終わり方は何でしょ?ラスト、簡単に終わらせ過ぎちゃうのん?地中からエイリアンが出てくるとこ、すっごい迫力( ̄O ̄;) さすがハリウッドの映画で...
 
 
 
宇宙戦争 (2005) (嗚呼 Every day of a MOVIE)
好き度:★★★★★★★★★☆ 主演はトム・クルーズ、共演にはダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン。 監督はスティーブン・スピルバーグ。 (7月6日現在)公開中作品の為、未見の方は読まない方がいいかと思います。 アメリカ
 
 
 
宇宙戦争 (映画の休日。)
この夏2番の期待する映画でした。この夏1番の「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」が期待以上の作品だったこともあり、2大巨匠の2大SF映画を観ることができる、ファンにとっては一生に一度あるかないかのオイシイ夏!
 
 
 
宇宙戦争 (Remeber Tomorrow)
映画の楽しさはストーリーももちろんだが、映像の迫力や美しさも大事である。この映画はそれを再認識させてくれた。別の記事でも書いたが、ほんとに最近の映画館にはマナーの悪い大人が多くて困る。若い子はもちらんだが、いい年したオヤジやオバチャンも最悪。だいたい何...
 
 
 
○宇宙戦争 (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
宇宙戦争 アメリカ、東部のある街で・・・。レイ(トム・クルーズ)は港湾で働く労働者だった。離婚した妻が、週末だけ娘レイチェル(ダコタ・ファニング)と息子ロビー(ジャスティン・チャットウィン)を連れてきてくれるーー。2人を置いて妻たちはボストンへ向かった。
 
 
 
■宇宙戦争 (ルーピーQの活動日記)
】変は、アメリカ東部の町に起こった。立ちこめる暗雲から稲妻がほとばしり、落雷地点が脈打つように震動する。直後、人々の眼に信じがたい光景が映った。地中深くから巨大な三本足の“物体”が姿を現し、人間を手当たり次第に抹殺し始めたのだ。一部始終を目撃した港湾労.
 
 
 
★★「宇宙戦争」観て来ました★★ (★★かずくんままのマネー&映画日記 株主総会珍道中公開中、覗いてね。★★)
午前中に魚力の総会に行って午後からは映画を観にいってきました♪ 総会のハシゴはしていませんが忙しい一日でした(苦笑) 今日初日の「宇宙戦争」です。 監督:スピルバーグ 主演:トム・クルーズ 娘にダコタ・ファニング 夏の映画の目玉の1つですよね。 この映画
 
 
 
宇宙戦争 (future world)
宇宙人の地球侵略・・・大地が裂け、建造物の崩壊、次々と人間が襲われていく・・・果たして人類は・・? 原作は1950年代に作られたらしいが、‘パニック映画’というより予想外の‘ホラー映画’だった。 宇宙人が地球を侵略する様が、なんともオールドスタイル、あ
 
 
 
「宇宙戦争」 (わたしの見た(モノ))
「宇宙戦争」 ファーストディを利用してを観てきました。   感想は、 スッキリしない、モヤモヤした感じ。 H・G・ウェルズ原作のSF映画ですよね。 家族愛を描いたパニックムービーだと思うのだが。 ということは、宇宙人が襲ってこなくてもいいんじゃないの。 ト
 
 
 
宇宙戦争鑑賞 (Cafeアリス)
レデイスディにて、宇宙戦争を鑑賞しました。 先週のレディスディが、初日でしたが、今日も 並んでましたね。でも、そこは平日の昼間だから、 ちゃんと8列目の真ん中あたりをゲットしましたよ。 さすがに、いろんなメディアで宣伝してるだけあって、 年齢層もまちま...
 
 
 
『宇宙戦争』 (歯医者さんを探せ!)
      WAR OF THE WORLDS    \'05・アメリカ・114分    オフィシャル・サイト   宇宙戦争@映画生活      SFとドラマ部分に力を注いでいる作品かと思っていたけれど、考えてみるとスティーヴン・スピルバーグ監督は「パニックムービー」もお得意...
 
 
 
宇宙戦争 (Saturday In The Park)
1937年 アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・クルーズ     ダコタ・ファニング     ティム・ロビンス     ミランダ・オットー 世間では歴史的駄作とか観る価値がねぇだとかなんやかやとケチョンケチョンに 貶されてるけどさボク
 
 
 
宇宙戦争(映画館) (ひるめし。)
彼らはすでに地球(ここ)にいる 無敵なのは宇宙人じゃなくてトム親子あんたたちだ!って言いたいね。 ビーム光線にも当たらなく海に落ちても自力で岸まで辿り着くトムパパは無敵さ! しまいには宇宙人が乗ってたマシーンぶっ壊しちゃうし、子供のためならどんなことでもするト
 
 
 
宇宙戦争 (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
トムクルーズ、ダコタ・ファニング主演 スティーヴン・スピルバーグ監督 宇宙の彼方から、非常な知性を持つ冷たく無情な者達が 我々の惑星を羨望の眼差しで眺めている…。 そしてゆっくりと確実に我々に対して画策しているのだ H・G・ウェルズの古典小説「宇宙戦争」
 
 
 
■〔映画鑑賞メモVol.2〕『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ) (太陽がくれた季節)
こんばんは~、 さて、7月最初のエントリーです、 いやぁ、今日は良く晴れてねぇ(^^)、ともかく暑くて蒸してしんどかったぁ~ さて今回は、初日(6/29)のレイトショーで鑑賞した『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)の雑感などを残してみます。
 
 
 
宇宙戦争 (cube1555.com)
音が、とにかくすごかったです。劇場で観ておいてよかった。もし、DVD鑑賞だったら、つまんなかったかもしれない。なぜって。なんか、納得がいかない。「面白くなかったよ」と、聞いていたので、あまり期待はしてなかったのですが、始まったら、え? めちゃくちゃ面白い...
 
 
 
宇宙戦争 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
結構おもしろいじゃん!! ハラハラ、ドキドキ、最後までダレずに楽しめましたよ。 地面が割れて建物が崩れるとこや、ハイウェイが倒壊するとこなんかすごいねー。迫力ありましたよ。 主演のトム・クルーズ、すごいけど悪いヤツです。 侵略者のマシーンからのビーム
 
 
 
宇宙戦争[War of the Worlds] (ヒトコトシネマ☆インプレッション)
★リメイクなようでリメイクでない、スピルバーグの新作 監督:スティーブン・スピルバーグ 脚本:ジョシュ・フリードマン、デビッド・コープ宇宙戦争 (トム・クルーズ主演) 売り上げランキング : おすすめ平均Amazonで詳しく見る by G-Tools 【PR】30日間完全無料 宅配
 
 
 
宇宙戦争。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演『宇宙戦争』を観てきました。 映画の日に観に行ったので案外お客さんが多くて、 この貧乏人どもが!! って思いました。(←お前もな!) 『宇宙戦争』、思っていた以上によかったです。 この手の宇宙人侵略物ってスト
 
 
 
宇宙戦争〈ネタバレ〉 (SIVAのしっぽ)
----------------------------------------
 
 
 
映画「宇宙戦争」鑑賞 (C級セールスマン講座)
 ハッキリ言って!大きく期待外れ!誠に残念でした!確かに、”リメイク”なんだろうけど、’53年版と殆ど同じじゃないですか!?ティム・バートン監督の「猿の惑星」みたいに、どんな”新たな新解釈”を最新の映像技術で観せてもらえるものかと、マジに楽しみにしていま.
 
 
 
「宇宙戦争」 (わたしの見た(モノ))
「宇宙戦争」 ファーストディを利用してを観てきました。   感想は、 スッキリしない、モヤモヤした感じ。 H・G・ウェルズ原作のSF映画ですよね。 家族愛を描いたパニックムービーだと思うのだが。 ということは、宇宙人が襲ってこなくてもいいんじゃないの。 ト
 
 
 
「宇宙戦争 字幕版」を観てきました 2005-07-24 (ブツヨク人 ~ ブツヨクノススメ ~)
「宇宙戦争 字幕版」を観てきました。 監督:スティーブン・スピルバーグ 主演:トム・クルーズ / ダコタ・ファニング / ジャスティン・チャットウィン / ティム・ロビンス 他 原作:H・G・ウェルズ 音響の迫力がものすごく「オッ!」ビックリ!の連発!! 映像
 
 
 
宇宙戦争 (映画と社会人1年生とあわあわとした日々たち。)
これぞ、スピルバーグの映画。 最恐のパニックムービー。 是非、予備知識なしでご覧になってください。   以下、ネタバレ満載の感想なので取り扱い注意。
 
 
 
『宇宙戦争』スピルバーグが創るリアルな怪獣映画! (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
SFファンなら知らないですまされない名作古典、旧作『宇宙戦争』は何度もTVで放映されてるため知らない人を探す方が難しいほど。だから新作紹介ですがネタバレもありますので「全くお話を知らないわ」とおっしゃる方は今回ばかりはご覧になってからお読みくださいね。
 
 
 
「宇宙戦争 2005」 (NUMB)
映像と音響、パニック状態で逃げ惑う描写なんかはさすがスピルバーグと思いましたが、後半はダメダメでしたねw、此方からもTB返させて頂きますw
 
 
 
映画鑑賞感想文『宇宙戦争』 (さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー)
さるおです。 『THE WAR OF THE WORLDS/宇宙戦争』を観てきたよ。 1953年にもバイロン・ハスキン(Byron Haskin)とジョージ・パル(George Pal)によって映画化された、H. G. ウェルズ(Herbert George Wells)の有名なアンチ・ユートピア小説が原作なのでみなさんわかってっと思.
 
 
 
『 宇宙戦争 』 やっと観てきました… (エンターテインメント アフィニティ )
地球最後の日、人類は試される、その愛と勇気を…『 宇宙戦争 』 2005年:アメリカ監督:スティーヴン・スピルバーグ原作:H.G.ウェルズ脚本:ジョシュ・フリードマン/デヴィッド・コープ出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング 他地球最後の戦争は、人類が起...
 
 
 
宇宙戦争 (欧風)
結構ここでは映画の感想を書いてます。昔は洋画ばっかり観てましたが、最近邦画にいいのが多くなってきて、邦画ばっかり観てるような気がする。洋画は映画館だと字幕が殆どだから、語学力の無い私としては、字幕ばっかり追ってるっていう感じがあんまり好きじゃないっていう
 
 
 
トム・クルーズ主演 映画「宇宙戦争」 (日記とか文章披露?)
映画「宇宙戦争」を鑑賞してきました!
 
 
 
宇宙戦争、アイランド、星になった少年見たよ (わにわにしちょし)
今日は池袋で映画を3本見ました。宇宙戦争、アイランド、星になった少年の順番で見ました。要するに、評判の悪い順に見ました。 以下、感想。ネタバレは白文字なので反転して見るヨロシ。 ●宇宙戦争 オーソン・ウェルズの元になった作品を見た事があるんでオチは知っ
 
 
 
宇宙戦争、アイランド、星になった少年見たよ (わにわにしちょし)
今日は池袋で映画を3本見ました。宇宙戦争、アイランド、星になった少年の順番で見ました。要するに、評判の悪い順に見ました。 以下、感想。ネタバレは白文字なので反転して見るヨロシ。 ●宇宙戦争 オーソン・ウェルズの元になった作品を見た事があるんでオチは知っ
 
 
 
宇宙戦争 (Rohi-ta_site.com)
DVDで、トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス 出演、スティーヴン・スピルバーグ 監督作品の「宇宙戦争」を観ました。 ●ストーリー アメリカ東部のニュージャージーに暮らす港湾労働者のレイ(トム・クルーズ)は、その日、別れた妻との息子・ロビー(
 
 
 
映画DVD「WAR OF THE WORLDS」 (時評親爺)
今日のお題は、映画(DVD)。先日買っておいた「WAR OF THE WORLDS」(パラマウント)である。監督があのスティーブン・スピルバーグ、メインキャストにトム・クルーズ等(以下私的に無名なので略)である。邦題が「宇宙戦争」となっているが、別段に「
 
 
 
宇宙戦争 今年の227本目 (猫姫じゃ)
宇宙戦争 ん~、、、、家族愛のお話ですか??にしては、親父はダメすぎ、子供達もひねくれすぎ、、、ホント、親の顔が見たいわ、っていう感じ。 つまり、トム・クルーズ とダコタ・ファニング ちゃんの演技がよかった!ということね。でもそれだけに、見ていてイライラし.
 
 
 
映画 「宇宙戦争 WAR OF THE WORLDS」 の感想 (レンタルDVD) (いいタイトルが決まらない(;・・汗))
「サイエントロジー」という摩訶不思議な団体に所属したことにより、何かと物議をかもしているトム・クルーズ主演のSF超大作。 監督は巨匠スティーヴン・スピルバーグ。原作はH・G・ウェルズの『宇宙戦争』。 最後のあっけなさを除いては、非常に面白かったです。SF映
 
 
 
映画のご紹介(80) イン・ザ・プール (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(80) イン・ザ・プール イン・ザ・プール 「水」って、癒されるんだねえ。 三木聡監督と言えば、「jamsession123goの2005年邦画ランキング」で堂々ベスト5にランク.