山に行くべぇ! シーズン2

なんの偶然なのか、、、
また書き出してしましました、、、

ほどほどに、シーズン終わらないように。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気持ちが落ち着いたところで!

2012年07月18日 10時10分43秒 | 

暑さも3日経つと慣れるかしらん。。。。それにしても、、あついーーーー!

あの寒いと感じた山が懐かしい、まっちゃんは「これが低体温症かも。。。」なんて言ってたのに、

では、朝の涼しいうちに少しでも、

朝雨音で目が覚め、なにやらテンションが急降下してきました、、「ほんとに行くの?」

とりあえず行こう!とゆうことになりました、15分くらい走って飛越トンネルの登山口に到着

この暗雲立ち込める空をみて(はぁ~~。。。)



やはり悪い予感的中、タダでさえもうオサラバするような登山靴だったのに、、、靴をはいて紐を締めたら、

引っ掛けるフックが千切れてしましました、、、(さいあく~~)

とりあえず出発します、どんな天候でもこのメンバーはどえらい元気です、

行きは6時間かかる山、最近こんな長い山行ったことないっす。。。

最初はまだ雨も降ってこなかったんです、しかし道は前日の雨でぬかるんでいます。





水芭蕉が現れるころになると、道は田んぼ状態に、



まっちゃん同様、4本足のWストックです、(もう手首捻挫したくねぇー!)

打保の集落からの登山道に合流、この道は今はあまり歩かれてないとのことらしい、



ニッコーキスゲが出てきました。



この辺りはかなり咲くみたいですが、まだ蕾固しでした。



もう雨もしっかり降っています。



私は太陽の女神だったはずなのに、、、、



まっちゃんなにやら撮ってます、きっとイワイチョウだと思います。



鏡池、年中枯れないそうです、



この時点では、寺地山まで、、の、はずでした、



ここに着いたら、この先はもうドロドロはないと、行ってみることにします、

そんなことはありませんでした、しっかり、ドロドロ



寺地山から1時間ぐらいで避難小屋に着きました、

ここは分岐、左は北の俣、右は小屋です。



小さな避難小屋でした、6人ぐらいが定員でしょうか、先客がおられました、



靴の中は絞れるほどの水で、靴も脱げません、、下の雨だけしのげる軒先で簡単な昼を食べて、

ここから引き返します、

これは「ママコナ」だったかしらん?不安な時のハテナマークです、



靴はこんな状態



帰りはひたすら、転ばぬように、それだけを念じて、



それでも緊張感を引っくり返すような場面が出てきます。

ハスには、お釈迦様、これは水芭蕉から生まれた、松ちゃん芭蕉、(笑わかせてくれます!)

約もう一名、後ろに芸人がおられます!



下に下がるにつれ、青空が見えてきました。



この後、まっちゃんは難易度Eクラスの回転を見せてくれました。

後、もう少しです!やれやれ



下りてきました、ズボンを見て!この泥どろを



転びたい放題の北の俣、俣、今度リベンジだ~い!



この後、平湯の森のお風呂に入り、それから飯、飯、と梨丸さんお勧めの「バンドスカレー緑」へ行くが、材料切れでアウト、

じゃ、国道41号線沿いの「国八食堂」へ行くが、いっぱいで入れず、じゃってことで

「ありす亭百菜」へ、ここのハンバーグを食べたんですが、美味しかった、また食べてみたい味でした、

鳥さんを「アルプス展望公園」に送って、何でも、ここでゆっくりしてから翌朝帰阪されるとのことで!

家に帰ってきたのは11時過ぎでした、なが~い、一日でした、

楽しかったなぁ~宴会、しんどかったなぁ~北の俣

それでも、また行きたくなるのはメンバーがやっぱ楽しかったんだと思います、

長い文読んでくださってありがとうございます!





 

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« まだ、、あかんです、、、、 | トップ | ノニジュース »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一芸ツアー (水芭蕉の精)
2012-07-18 19:54:45
写真載せてくれてありがとう
ビジュアル的にいっそもう少しかがみこんで
葉の中から、ふわ~と出現するそんな演出か
立ち上がってお釈迦様のようなスタイルがよかったかもと写真を見て思っています。

次回はkayoさんも一芸を披露してください。
難易度Eクラスの回転でつけた泥はなかなか落ちません。(>_<)
北の俣避難小屋 (はう)
2012-07-18 20:34:36
私が行った時は「新館」がありましたよ。(笑)
リベンジの際に探してみてくださいね。
わたしなんて、、、 (kayo)
2012-07-18 22:07:43
水芭蕉の精様

きっと私が出来るときは、
ロング缶6本ほど飲んだら
気絶寸前でやれるかも、、、

演技派女優のまっちゃんならではの一芸です!
ひょっとして、 (kayo)
2012-07-18 22:09:04
はうさn

新館とゆうのは、
かみちゃんが言ってたニューハウスのことかしらん?

シェルターハウスの!
北ノ俣岳 (のぶ)
2012-07-19 00:03:01
お久しぶりです。
前に、北ノ俣岳へ同じコースで登りました。
きついし、よく転ぶ。。。
あの避難小屋から山頂までが更にきつかった記憶があります。
凄い! (信長)
2012-07-19 08:07:20
いやぁ~雨と泥との壮絶な戦い!
これが本当の修行だというのがよく分かりました。
それに比べ、私は雨男!ガス男!最低男!役立たず男!と言われても、まだまだ子供ですね。
修行が足りない事を、身に沁みて感じてしまいした。
諸先輩方々に深く感謝します。
げー! (kayo)
2012-07-19 22:22:02
のぶくん

避難小屋からは展望の楽園が続くんかと思ってた、、、、
さらにキツイ、、、テンションますます下がる山ですねぇ~~
そんな山なのに、下山口であった若者、一泊で雲の平まで行ってきたと言ってました(脱帽です)
いえいえ、、 (kayo)
2012-07-19 22:23:32
信長はん

決して、そんなこと、、、思ってないですってば!
雨は連れてくるみたいですけど、、、(苦笑)

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事