釣り熱の低い、ハンドメイドミノー日記

ハンドメイドミノーの成長過程を綴る日記デス

ABU506

2016-09-18 20:02:13 | 道具
私なりの使用感ですので


の前に、

実は帰省時に506と一緒にもう一つのリールを手に入れてました

ただ、すぐに手放すだろうと紹介してませんでした

が、

帰ってきてから軽く分解してみた所

あれ?スプールって506と同じ?

ピックアップピン(ラインを拾うピン)も?



ん〜

置いとくか!

となりましたw


アブマチック145

ベイトロッドに取り付けるリールです

とゆうわけでスプール2個になりそれぞれ5lbと6lbのラインを巻き使い分けるようにしました

まあ、ギア等の内部パーツは互換性ないですけどね


んで

506は80年製、145は75年製です




サイズ感はこんな感じ、縦はカーディナルと変わらない

重量はカーディナルよりも100gほど重い

カーディナル220g位
506は310g位

これ、かなり重いですw

使ってみて私が「重っ!」て思うくらいなんで余程ですwww

シングルハンドでロングキャストする場合は特にです



操作は人差し指1本!

左手はハンドルを巻くだけ

フェザーリングもバッチリ

垂らしの調整も簡単

ルアーを送り込む時(ラインをフリーにする)も左手はハンドルを保持したまま右手人差し指だけでフリーandテンションかけながら送り込めます。とっさのバイト時には直ぐにロック出来ます

ライントラブル無し

正直言って

スピニングリールの未来形だと思いましたwww


まあ、良いことだけではないんですが(当たり前ですね)

私のスタイルでの気になる点

ラインの放出中にピッ!ピッ!ピッ!

との抵抗を感じる点

当然飛距離に影響します

特に2g前後のミノーをキャストする場合は厳しい

このリールには3g位からが使いやすいかな?

んで、重いw

豊平川程の規模でフルキャストしてると
疲れますw

んで、特にダウンで巻き取る場合は
巻き重りがありますがカーディナルやミッチェル使ってればまあ無視できますw

んで、ギア比の低さ
使ってみるまでアップじゃ厳しいかな〜?
と考えてましたが
スプールが大きいんです。大口径な分
たいして支障ありませんでした

とりあえず
「圧倒的な手返しの良さ」にはまってしまいそうです
勿論、見た目もカッケー!(ここ重要w)

まあ、渓流での使用を考えるなら
重さもギア比の低さもそれほど気にしなくて良いでしょうね
使うルアーも3g前後からなら問題ありませんし


さて、ドラグですが
フルオートシンクロドラグとゆうシステムが搭載されてます
これはハンドルから手を離すとハンドルが若干戻りそれからラインが出て行くもので、当然出て行く時のテンションは調整出来ます。
このドラグシステムはまだ経験無いのでそのうちデカイ魚を掛けて試したい所ですね〜(´・_・`)
いつになりますかね〜(´・_・`)

まだまだ使ってみて検証してみないとです^ ^

私の中では、これからのアメマス釣りにバッチリなリールかな?と思います
とは言え、
1番の理想形は
釣りキチ三平のイトウ釣り編での使い方でしょうw
ダブルハンドで流れが緩い(淀んでいるような)川、重さのあるスプーン(ルアー)の使用
流石ですね〜(´・_・`)


ちなみにこれは506じゃないようですw


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近のハンドメイドミノー | トップ | 対ボトム弾 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
釣りキチ三平きましたね〜w( ̄^ ̄)ゞ (釣り猫)
2016-09-18 21:32:08
やっぱり単行本買わなきゃですね(´・Д・)」
勉強しなきゃ…>_<…
大師匠ですからね〜(´・_・`)笑 (mojo)
2016-09-18 22:06:51
小学生の頃からおせわになってますね〜
拾ってきた羽と毛糸で毛針巻いたり
石化けの習得に燃えたりと
まあ、おせわになってますね〜(´・_・`)笑

コメントを投稿

道具」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事