エコドライブ日記

エコドライブの話題を書くつもりで始めたブログですが、
ほとんど政治の話題になってしまったブログです。

今こそ問責決議案を(青山繁晴さんの解説)

2010-11-24 23:27:55 | 民主党・マスコミ
北朝鮮の砲撃を受けての青山繁晴さんの解説です。

要約は次の通りです。

今回の砲撃事件は金正日が指揮をとった。理由は金正恩の世襲が上手くいっていないから。
世襲に反対している中国が怖いから、北朝鮮は米国を惹きつけたいがために砲撃した。
先日、北朝鮮が公開したウラン濃縮施設は青森の六ヶ所村の施設をモデルにしている。
これは日本から情報がモレているということ。
北朝鮮はウラン型の原爆製造技術を海外に売るぞと米国にアピールしている。
北朝鮮はソウルを射程圏内に入れて脅しており、米国が北朝鮮を攻撃する可能性もある。
米国が北朝鮮を攻撃したら北朝鮮は崩壊。北朝鮮を引き受ける国は中国しかないため、
中国が困ることになる。
中国は北朝鮮を軍の集団指導体制とするだろう。時期は2012年。
2012年という年は、中国、米国、ロシアのトップが交代する年。
北朝鮮も金正日が70歳となる2012年までに世襲を終えたいと考えているが、
中国が北朝鮮を集団指導体制に移行させる可能性があり、そうなると金一族が排除され、
拉致被害者が金一族の行った犯罪の証人として表に出てくる。
2012年は拉致問題解決のために"最初で最後のチャンス"となるだろう。
その時に、武装した日本人が北朝鮮に入り、拉致被害者、特定失踪者を助けられるよう、
法整備を行うことを考えてもらいたい。

野党は仙谷、馬渕への問責決議案の提出を見送ったが、これは間違いだ。
尖閣問題の対応を間違えたことを理由に問責決議案を提出するのなら、今こそ提出すべきだ。

ヤマヒロさんのコメント
"神風といった議員は即刻辞めるべきだとおもいます"

いつもながら、もっともな解説だと思います。今回はヤマヒロさんのコメントが
光っています。

民主党に任せておくべきではないですね。

11.24 青山繁晴がズバリ! 北朝鮮砲撃事件の真相 1


11.24 青山繁晴がズバリ! 北朝鮮砲撃事件の真相 2


11.24 青山繁晴がズバリ! 北朝鮮砲撃事件の真相 3


11.24 青山繁晴がズバリ! 北朝鮮砲撃事件の真相 4


★民主「北朝鮮砲撃は党にとって神風」


自民党、補正予算案採決前の問責提出見送り 民主党幹部「北朝鮮砲撃は党にとって神風」

激変した国際情勢を受け、仙谷・馬淵両大臣らへの問責決議案を24日にも提出する構えだった自民党は、補正予算案採決前の提出を見送ることを決めた。
自民党の谷垣総裁は「問責は事態を見ながら。衆参の国対委員長に判断してもらう」と述べた。

しかし、この有事について、民主党幹部から「北朝鮮の砲撃は民主党にとって神風だ」と耳を疑うような発言もあった。
この発言に対し、自民党の石破政調会長は「なぜそんな発想しかできないのだ」と述べ、安倍元首相は「2人の兵士が亡くなっている。このことまで政局に利用しようとしている」と述べた。
さらに、23日の菅首相の「報道で」との発言について、安倍元首相は「とんでもない危機管理」と述べ、小泉 進次郎議員は、「当事者意識がないのか」、「今回の事態は対岸の火事だけど、対岸の火事じゃない」と述べた。
問責決議案の提出は当面見送られても、依然、野党の追及はやむことがなかった。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00188466.html
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 故郷?の火事を喜ぶ民主(北... | トップ | Perfume東京ドーム公演をよう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

民主党・マスコミ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事