野々池周辺散策

野々池貯水池周辺をウォーキングしながら気がついた事や思い出した事柄をメモします。

日本は強い!

2016-08-20 06:26:53 | スポーツ
リオ・オリンピックは日本人選手が大活躍なので、テレビの前に座る時間が増えた。
体操男子団体でも感激したが、それ以上にビックリしたのはレスリング女子で日本人選手の金ペダルラッシュ。
初日の3連勝に、奇跡が起こるかもしれないと栄チームリーダーが昨日のテレビに回答していたので、今日(19日)朝4時から吉田沙保里選手をテレビ観戦した。
残念ながら吉田沙保里選手は銀でオリンピック4連覇はできなかったが、出場6階級中4個の金メダル獲得。こんなに日本人選手は強いのかと、正直驚いた。

   「63㎏級金メダルの川井選手、監督を投げ飛ばす」
金メダル獲得後、川井選手が祝福に近寄ってきた栄チームリーダーを突然、2度投げ飛ばしたので何があったのか思ったら、試合前に話していたそうだ。
「決勝前に『投げさせてください』と言っていて、それができて良かった」と産経ニュースにあった。
リオ・オリンピック/レスリング女子63㎏級で金メダルに輝いた川井梨紗子選手は試合直後、祝福に駆け寄った栄和人レスリング部監督を2度投げ飛ばし、
感謝の気持ちを表現。その後のインタビューで「(勝ったら)『投げさせてください』と決勝前に言っていて、それができたので良かった」と話したとある。
 --どんな気持ちで試合に臨んだか
世界選手権(2015年、準優勝)では決勝に上がれたことがうれしくて、ちょっと舞い上がっちゃった部分がある。
 その雪辱はこういう大きい舞台でないと晴らせないと思ったので『絶対勝つ』っていう気持ちで。
 前日、3人がみんな金メダルを取って、そのメダルを見て『自分も欲しいな』と思ったので。…質問忘れちゃった。何でしたっけ(笑い)

 --どんな気持ちでマットに上がったか
絶対に金メダルを持って帰るという気持ちで上がりました
 --ずっと攻めていた
それが自分が教えてもらったレスリングです
 --栄氏の投げっぷりは見事だった
監督に『投げさせてください』と決勝前に言っていて、それができたので良かったです

真ん中に上がる、日の丸を見ながら、こんなことを思い出した。
オリンピックの、こんな時ぐらいしか、日の丸の旗が盛んに降られる光景を何の違和感もなく見ることができる機会は少ない。
戦争が終わり、田舎に住んでいた頃の祝日は、家の玄関には必ず日の丸が掲げられていたが、田舎を出てから日の丸を見る機会が非常に少なくなった。
一方、海外に行くと、特にアメリカなど、祝日でなくても街のあちこちで国旗をよく見かける。
最近、日の丸に対して色々な感情を持つ人もいて、日本では日の丸が素直に受けいれられない場面もあるようだが、それでも外国旅行中、
突然日の丸をみるとジーンとくるものがある。ましてや各国代表が競い合うオリンピック競技場に揚がる日の丸は感激ものだ。
最強の日本人選手が真ん中に登り、日章旗が真ん中に掛けられ、国歌が流れる。それに合わせて勝者が君が代を歌う。いつ見ても感激する。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 本場のゴジラ | トップ | 日本の歴史がまた作られる@... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ」カテゴリの最新記事