野々池周辺散策

野々池貯水池周辺をウォーキングしながら気がついた事や思い出した事柄をメモします。

庭のフジバカマはまだ咲かず

2018-09-24 07:06:04 | 
9月22日の神戸新聞、六甲高山植物園に10数匹のアサギマダラが飛来してきたと記事にあった。
高所にある六甲山のフジバカマは既に咲いたのかと、それでは庭の片隅に植えているフジバカマを見ようと下りてみると、満開には遠い状態だった。狭い庭の、約1.5㎡に赤と白色のフジバカマを別々に植えている。宿根草なので、季節になると芽がでて延びてくるが、今の時期、蕾から咲くにはまだ早い。何時も不思議に思うが、何故、こんな狭い場所にあるフジバカマを上空から見つけてアサギマダラが飛んでくるのが不思議で、フジバカマが咲くのを心待ちしているのは確かだ。今年は、例年になくどの花も咲くのが10日ほど早いので、あと10日ほどで満開近くになるだろうから、そのときには、アサギマダラも庭に飛んでくるはず。
 
アサギマダラが飛んできたのは遠目にも直ぐに分かる。飛び方に一種独特の飛び方をする。飛び方もフワリフワリと言った感じで羽を動かし、時には羽ばたきを止めたりする。また、近づいても逃げようともせず、フジバカマの花の回りを飛び交って、一度花を離れても未練がましく周辺をふわふわ飛びながらもしばらくするとフジバカマの傍に戻る。そんな飛び方をする蝶は他に見当たらないので、アサギマダラがいるとすぐに分かる。それにしても、なぜアサギマダラは上空からフジバカマを見つけるのだろう。わが家ののフジバカマを植えている場所は小さい面積しかなく、しかも近所にフジバカマを植えているとも聞いたこともない。そこを目掛けて毎年飛来する、この不思議さ。

9月22日の神戸新聞、アサギマダラが六甲高山植物園でフジバカマの蜜を吸っていたと記事が下記。
 「神戸新聞」
「周期的に生息地を移動する「渡り」をするチョウとして知られるアサギマダラが、六甲山頂(931メートル)近くの六甲高山植物園(神戸市灘区六甲山町)に姿を現した。花の間を優雅に舞いながら好物のフジバカマの蜜を吸っている。 兵庫県伊丹市昆虫館によると、アサギマダラは夏場、標高1000メートル前後の山地で過ごし、秋が深まるこの時期に沖縄や台湾方面に渡る。上昇気流に乗って飛び、1000キロ超の移動も確認されているという。春になると南方で生まれた個体が日本に渡ってくる。 同植物園では、フジバカマのほか、オタカラコウやヒヨドリバナの蜜を吸っている。今年は台風の襲来が相次ぎ飛来が心配されたが、例年通り姿を見せた。10月上旬ごろまで見られる」と書いてある。

 
コメント

執念の差かな?

2018-09-21 06:18:21 | スポーツ
秋場所11日目、残り4日。
この日の大相撲も後味が悪い相撲を二番見せられた。
 「日刊スポーツ」    一つは稀勢の里対逸ノ城の相撲だ。稀勢の里の立会はそんなに悪いは思わなかったが、しかし逸ノ城に立ち合いから攻め込まれ、先手を取られると、土俵際でも力なく押し出された。逸ノ城のツッパリをまともに受けると一歩二歩と下がって、三歩目には土俵を割った。何なんだと一瞬思ったが、NHK解説の芝田山が上手く解説しており、「心と体が別々に動ているから、力が出ない」と。その前日、10日目にして勝ち越しが決定し、多くの相撲関係者から引退の二文字が消えた。これからは引退を気にする事がないので、稀勢の里は本来の力強さを発揮するはずとの楽観論がネット上に出ていた。そうなればいいなーと思ったその日の相撲は、今場所負け越し寸前の逸ノ城に簡単に押し出されるという失態を見せたのだった。力強く変身するのではなく、全く逆の心と体がバラバラとなってしまった。稀勢の里に常々指摘されてきた”蚤の心臓”が出てきたのだろう。

稀勢の里が取りこぼすときは、決まって立ち合い負け。プレッシャーで集中力が途切れ、ふわっと立ってしまい、腰高で何もできずに土俵を割る。逆に集中しているときは強い。低い立ち合いで相手を圧倒し、左を差す。だから、立会いが上手くいかず行司待ったがかかると、一瞬不安そうな顔がテレビ画面から見て取れるが、そういう場面では負ける確率が高い。一瞬迷って、心と体とうまく機能しなくなったのだろうと思うが、昨日の逸ノ城との相撲は立会いは悪くはなかった。が、なんに気落ちしたのか、逸ノ城の三発に簡単に土俵を割った。土俵下の稀勢の里は気落ちしたのか、不安そうな顔に戻っていた。

二つ目は白鵬と高安の相撲。執念の差と言ってしまえば終りだが、「何なんだ」この一番は、と思わせる後味の悪い一番だった。
 
NHKによると、「立ち合いの駆け引きで勝負はほぼ決したといえる」とあった。2度の待った後、3度目、自分の立ち合いをした白鵬に対し、立会い不十分の高安はその動きに合わせてしまった。全くの消化不良の横綱・大関の相撲だった。1度目の立会い、高安は普段通りの立ち合いに白鵬が合わせようとしない。これで気後れした高安は2度目の立合いに合わせようとするが、白鵬が合わせないまま待った。3度目は、白鵬が自分の間合いだけで素早く立ち、高安はまだ仕切りの途中で、中腰状態の高安を右で張り、続けて体当たりで高安は尻もちを付いてしまう。白鵬が呼吸を合わせて居れば、高安は土俵上で尻もちをつかず土俵の外に飛ばされているはずだが、土俵上に尻もちをついたのは明らかに高安は仕切りの途中だったのだ。優勝戦線を占うはずの、全勝白鵬と一敗の大関高安の相撲はわずか一秒で決着し、極めて後味の悪い一番だった。それにしても、両者立会い不十分で、しかも高安は仕切りの途中で中途半端な状態なのに、行司はなんで行司待ったを掛けなんだろうと不審に思った。だからか、NHK解説の北の富士は「つまんないの」。確かにその通りだ。

そうこうするうちに、ネット上にはこんな声があがった。
「白鵬の駆け引き?、醜いです。結びの一番、横綱と大関、全勝と一敗の対決だと言うのに!白鵬のこんな相撲を許している行司さん、土俵下の審判さんたち、恥ずかしくなかったですか?日頃立会いを厳しく指導しているのに…白鵬だけ治外法権ですか。解説の宮城野親方も恥ずかしくなかったですか?」
「同感 相撲に対する興味が無くなるね! 白鵬は狡い!醜い! 横綱として、いくら勝っても存在価値が無い!」
「これって駆け引きですか? ただ卑怯にずらしているだけ。横綱なら正々堂々と下位のものを受け止めるべきでしょう。横綱の品格なし!」・・・等々、長々と続いていた。

今迄の白鵬の相撲に多くの非難の声がメディアや一般の相撲ファンから聞こえてきた。例えば、2年前の夏場所の出来事を、SANSPO.COMは「これが横綱か!白鵬、目潰し&変化…品欠く星で全勝ターン/夏場所」と伝えていた。
『大相撲夏場所中日、横綱白鵬が関脇琴勇輝を押し出し8連勝で勝ち越しを決めた。左で張って変化したように見えた立ち合いに、館内は大ブーイング。同じく初日から8連勝を守った大関稀勢の里とは対照的な荒っぽい内容に、罵声も飛んだ。 歓声は、一瞬でエッという驚きと不満の声に変わった。勝負が決まったあとも、ざわめきが止まらない。ブーイングと、不満を訴える罵声-。そんななかで白鵬が8連勝で、勝ち越しを決めた。「下から攻めようと思っていた。あまり覚えていない」、立ち合い、張り差しのように左手を琴勇輝の顔の前に差し出す。すかさず右腕で相手の左腕に強烈エルボー。はじき飛ばすと体を開き、左右ののど輪で押し出した。最後はダメ押ししそうなところで、両手を挙げて“無罪”をアピール。しっかりとダメ押しを止めた? と問われて「そんな感じですね」とうなずいた。立ち合いの張り手は目つぶしのようで、変化したようにも見えた。場所前に審判部から立ち合いの厳格化が指導され“相撲美”を見直している場所なのに…。NHKで解説を務めた舞の海も「反則ではないんです。ただ、それをしないところに横綱の高い精神性が表れるわけですよ。多くのファンが横綱には勝ち方を求めていますから」と注文をつけた。 先場所の千秋楽は、優勝を決めた結びの一番で横綱日馬富士に対して立ち合いで変化した。「勝ったらなんでもええんか!」とヤジが飛び、優勝インタビューで涙を流したのだが-。そこまでして勝ちたいのか。それとも、そうまでしないと勝てなくなったのか』と書いてあった。

白鵬の横綱相撲にはがっかりする場面が多すぎると感じてきた。例えば、当ブログの昨年1月にこう書いている。 
『昨日(18日)の大相撲、白鵬の相撲に、またしても拍子抜けするどころか諦めた心境になった。もうみるのも嫌だ。新聞の見出しは「横綱・白鵬また奇襲、右手で栃煌山に「目隠し」。先場所の白鵬の「猫だまし」の次が「目隠し」の注文相撲。立会いの「目隠し」で制すると右に変わって送り出し。すると、さっそく観客の桟敷席から大ブーイング。横綱が勝つと普段は大拍手が起こるものだが、逆現象。「モンゴルに帰れ」との声が出る一方、「変化ではない。頭を使わないと。相撲は力比べではない」と白鵬は意に介せずと新聞には書いてある。相撲は大好きなので、早くからテレビの前に座り観戦しているが、白鵬の相撲は見るのをパスしたくなど情けなくて残念な気持ちになる。
  
相撲ファンが見たいのは、挑戦者の格下に力を出させた上で、圧倒的力量でねじ伏せる横綱だ。その役割を大横綱は宿命的に背負わされており、そのための努力が横綱の責務である。それが出来なくなったら綱を返すべきだと相撲ファンは思っている。白鵬は「相撲は力比べではない」と言う。それは正しいが、下位力士との立会い時の奇襲は単に相撲から逃げた、ごまかしにすぎない。がっちりと受けとめて、そこから相手の力を上手く利用したり、あるいは相手の力を削いで勝ってみせることこそ、「相撲は力比べではない」と言える。我々が大相撲を見るのは、ただ勝つことのみに執着する相撲を横綱に求めるのでは決してない。白鵬には相撲ファンが求める「横綱の品格」が全く感じられない。

白鵬は何かと言うと、双葉山の”木鶏の話”や最近は”後の先”をよく使う。だけど、少なくとも、目くらましの奇襲は”後の先”の対極にあるもの。 金星を狙って、あらゆる秘策、奇策を総動員して向かってくる挑戦者に、正面から受けて立つ。相撲ファンが横綱に望むのは、そんな大勝負であるはず。かって朝青龍はヒール性を前面に出し、勝つ事のみが正義だと相撲をとっていた。これはこれで朝青龍の人気要因だし相撲ファンもそう認識していた。白鵬の相撲には朝青龍に似たヒール性が覗き見えるのに、相撲界の至宝である大鵬や双葉山を持ち出すから、ファンには受け入れ難い。今の大相撲界で白鵬は第一人者たる実力を持っているだけに、勝ちたいばかしのこうした拍子抜けの相撲を取るのが残念でならない。例えルール違反ではないとしても、判断するのは一相撲ファンや相撲には縁のない一素人なのだ。立会いの奇襲はルール違反でないとしても、それを判断するのは我々相撲好きな素人だ。確かに40回優勝は記録に残るかもしれないが、強い横綱だったという印象ではなく、勝つためには何でもする横綱だったなーと言う印象を我々日本の相撲ファンはもってしまうかもしれない。

コメント

庭のタマスダレ

2018-09-19 06:20:57 | 
今日(18日)は抜けるような青空で、昼間の気温は30度まで上がった。
予報では涼しくなるとのことだったが、確かに部屋を横断する風は涼しかったものの30度の気温はやはり暑い。

そんな中、庭をみると、「タマスダレ」が咲いている。
例年だと10月になってから咲くものと思っていたが、今年は何れの花も咲くのが10日ほど早いような気がする。
今の時期、庭の周りで唯一目立つが、花一輪一輪は数日しか持たないようでも一つの球根から何本か花茎が上がって、
群がって咲くので何処で咲いても良く目を引く。
 

庭の隅っこに「ニラ」の花が咲いている。この場所に植えっぱなしにしているので花が咲き種が落ちて来年同じ場所にまた咲く。
また、同じく「青じそ」の花と「オクラ」の花。「青じそ」も毎年、花が終わって種から芽が出るので同じ場所になる。
「ニラ」も「青じそ」も「オクラ」も、この夏よく食べた。
 

秋の花、「シュウメイギク」はやっと茎が伸び始め、「フジバカマ」も花芽が出だした。10月中旬には咲くだろう。
コメント

悪い結果に向かわねば良いが、秋場所

2018-09-17 08:15:03 | スポーツ
6勝1敗で迎えた、8日目の稀勢の里対玉鷲戦。
結果は、今場所7戦全敗の玉鷲になすすべなく一方的に押し出され、見事な程にあっけなく負けた稀勢の里。
 
立会いで、稀勢の里が先に突っかけ仕切り直し。仕切りに失敗するときの稀勢の里は何時も不安で負ける時が多いのは前例通り。
稀勢の里は頭からぶつかった玉鷲を胸で受け止めたが、左からのハズと右からののど輪で攻められ、3秒足らずで押し出された。
まだ2敗とは言っても、今場所の稀勢の里の相撲は本来の力を出し切れず、ふらふらで勝ちを拾ってきただけに不安で一杯。
今日(17日)は、栃ノ心との力勝負だが、結果はどうなるだろうか。

ただただ真面目一本の稀勢の里の相撲。その稀勢の里が立ち合いで変わったのを見たのは、長い相撲ファン経験でたったの1回だけ。
それをみた白鵬が、稀勢の里も立会い変化するではないかと、盛んにメディアに話す姿は本当に見苦しかった。
白鵬と言えば、その立会いに何時も大ブーイングを受けて、横綱らしくないと横審や相撲ファンに非難されている。
決して、白鵬になれない稀勢の里、だけど、なんだかいつも気になっている稀勢の里、残り7日、どういう結論になるんだろう。
コメント

初秋

2018-09-15 06:24:42 | 野々池周辺
大被害をもたらした9月4日の台風21号以降、ここ西明石に近い神戸市西区の天候は、晴れたり曇ったりで、
日を追うごとに気温は下がり、連れて秋の気配が野々池貯水池まわりに漂ってきた。
朝晩はめっきり涼しくなり、寒さを感じることさえあるものの、朝夕の空気は澄みわたるの印象あり。
外気温は27度を切り、それが雨が降ると一気に24,5度附近に下がる。こうなると、
野々池貯水池ではウォーキングする人、ジョギングする人等が夏の暑い時期に比べると格段に増えた。
昨日、野々池貯水池のジョギングコースで、運動仲間と数か月ぶりに出会って、やーやーと互い挨拶しながら、
何時もこんな人が多かったかなと感じるほどになった。

彼岸花が咲き始めた。例年に比べ少し早い様に思うが、ちょうど咲き始めたばかしだから深紅が美しい。
近くの田んぼの稲刈りももうすぐ始まる。
  
ほんの一週間前、台風で折れた樹々をチェンソーで切り込みながら、野々池貯水池は草刈で更地になったばかりだが、
その草刈りの後に、まだ一週間も経たないのに、彼岸花の茎だけがにょきにょきと延びて先端に花が咲く。

近くの中学校では運動会の予行演習で毎日、早朝からマイクの音と吹奏楽の太鼓の音が大きく聞こえてくる。
そして、この時期が過ぎると、林崎疎水から続くウォーキング団体の行列が野々池貯水池に上がってくる季節になる。
もうすぐ、野々池貯水池での虫取り学習も見られるはずだ。野々池はもう既に初秋モードに入った。
コメント

我慢?

2018-09-14 08:35:28 | スポーツ
プロテニスの大坂なおみ選手が全米制覇した大きな要因は、「すごく我慢と集中」、と書いてあった。
テレビのインタビューで勝因を問われると「だぶん我慢した。すごく。我慢と集中」と日本語で言ったとある。その他にも、大坂選手の勝因として、コーチから「我慢」することをアドバイスされたとあるので、全米オープンでのインタビューでもあれだけブーイングの中で堂々とコメントできるのは、自分を知らず知らずのうちにコントロールできる術を身に着けているのだろう感じた。翻って自分の思い通りに試合を制御できない、あのセリーナのしつこいばかりのクレームを米国人が評価し、大阪なおみに対するブーイングを見ていると、あれが一般的は米国人の発想なんだろうと思った。トランプ大統領があれだけしつこく米国人から支持されている雰囲気もわかる気がした。

それはさておき、今場所の横綱稀勢の里の相撲は「我慢、我慢」の連続だ。
8場所連続休場から、今場所に相撲人生を掛けるとも言われて出場した秋場所は、まさに稀勢の里の場所と言っても良い。常に引退に向き合いながら相撲を取り続けて「奇跡」に掛けるしかないのに、稀勢の里から目を離せない相撲ファンの自分がいる。毎日毎日が、劣勢をはね返しながらの「一日一番、集中して」「しっかりやりました」と、無傷の5連勝は、痛々しい程に相撲勘の衰えと十分に力を発揮できない自分に不満をぶつけているように思えた。負傷を押して出場した過去4場所では、いずれも5日目までに2敗以上して途中休場の羽目になっている。そんな鬼門の序盤戦を5連勝だ。残り10戦、ハラハラドキドキの綱渡り相撲は続く。

昨日(13日)の5日目は前頭3枚目正代戦。正代は変化のない真っ当な相撲に加え腰高な力士なので、稀勢の里にとっては極めて組みやすい相手のはず。しかし、もろ差しを許し土俵際に押し込まれる羽目になって、結局は逆転の上手投げで下したものの、あんな相撲を取ったら残り10日は持たない。稀勢の里ならもっと簡単に勝てる相撲をとれるはずなのに、相撲勘が全く戻っていない。

4日目は巨漢の魁聖。最も組みやすい力士に、またしても稀勢の里の一人相撲。この日も約1分に及ぶ魁聖との大相撲で、3日連続となる劣勢をはね返しての逆転勝ち。なんで、あんな巨漢力士に土俵中央で胸を合わせてしまうんだろう。魁聖が先に上手を取ったので、あわやと思えたが、稀勢の里は相手の上手を切り、逆に上手を取って振り払い、寄り切った。ヒヤリとさせる、ふーふーものだ。なんで苦労する相撲ばかりをとるんだろう。稀勢の里一人がわざわざ危ない場面を作り出している。この点だけを見ると、白鵬や鶴竜はまことにうまい相撲をとる。機転が良いし、相手力士優位にさせない技をもっているが、今場所の稀勢の里にはそれがない。

3日目の相手は豊山。この日も2日続けての絶体絶命の窮地から何とか星を拾ったと言う印象が極めて強い。満員御礼の場内は大興奮の様子が見て取れたが、連日の平幕相手の熱戦とはなんとも情けない。稀勢の里は土俵際の突き落としで豊山の初挑戦を退けた。寄られて棒立ちになった土俵際、上体をひねり、豊山を右からの突き落として勝ったものの、物言い。裁定は稀勢の里だが、なんとも言えず不格好に見えた。

二日目の小結の貴景勝。突き押しの連続に、ただ受け止めるばかりの稀勢の里は土俵際まで押込まれた。はたきに大きく体勢を崩す。なおも前に出る貴景勝を土俵際で逆転の突き落としで勝った。危なー!今の稀勢の里は、 八角理事長曰く「自分で熱戦を演出してしまった」 

初日の相手は勢。やっと勝った。237日ぶりの白星とある。勢の引き足に、稀勢の里の頭が下がる。足も一瞬、もたつくが、それでもついていけた。寄り切って土俵下へ。館内の大歓声。ほとんどの相撲ファンは本当にほっとしたんだろうと思う。初日のテレビ観戦の印象を当ブログに、こう書いた。「初日の相手は平幕勢。前回の相撲でも土俵際の処置が悪く負けている相手だけに少し心配して立会いを見たが、立ち合いの踏み込みは負けてはおらず、互角。左を差し込んで後は出るだけだった。土俵際で勢の打っちゃりを受けそうだったが、体を勢に乗せ、そのまま寄り切って勝った。ほとんどの稀勢の里応援者はホットしただろう。NHKの解説者も感激深そうに解説している。NHKの夜のサンディスポーツ解説者の尾車親方もホッとした表情で、このまま15日間、いや勝ち越して欲しいと言っていたが、その通リだと思う。なにせ、場所前の二所ノ関一門の連合稽古で、稀勢の里の相撲を評価する人は皆無で、途中休場で引退という見立ても少なくなかった。そうであれば場合によっては土俵に上がって、そのまま引退かと懸念されたので、とにかく初日、安定した相撲がとれた事に、まずは一安心と言うところだろう」
コメント

「2018年、カワサキ・モトクロスOB有志の会」の再案内

2018-09-12 06:26:14 | その他
台風21号通過後、朝晩の気温は22、23度となり、昼間も27度ぐらいになったので涼しさが強くなった。
ところで、去る7月7日に開催する予定だった、「カワサキ・モトクロスOB有志の会」は近畿地方の集中豪雨のため、会場のある「マリンピア神戸」が閉鎖されて急遽中止せざるを得なくなった。その後、出席予定者から速やかに再開してほしいとの強い要求もあり、検討した結果、年中で最も過ごし易い10月開催とした。そこで今日(11日)、出席予定者に下記再案内を送信することができた。

本懇親会は、カワサキモトクロスの歴史を構築してきたOB有志が、今年が「Kawasaki Racing Team 45 & Team Green JPN 35」の期に、カワサキでMXに従事してきたメンバーだけに限定せず、広くカワサキモトクロスを応援してくれた在野の支援者、いわゆる「緑の血」が流れている人も含めて大方100名超えのメンバーが集まる予定となっていた。有志の会と言う、全くの内輪の会に、100名超えの関係者が集まる。前回、5年前のOB有志の会も当初想定したよりかなり多くの賛同者が集まることになって、熟慮した結果、ワークスに近い関係者からに絞らざるを得なくなり、82名の参加者に絞った経緯がある。今回は、ワークス関係者だけに限定せず、国内販売会社のレースチーム「チームグリーン」関係者に声を掛け、加えて市場でカワサキのMXを側面支援して頂いた人にも参加を呼び掛けた。何故なら、カワサキのモトクロスの成立ちは多くのファンの支えがあって存続してきた歴史なので、カワサキに好意的な在野の多くのメンバーが集まり、結果的に100名を超す予定となったが嬉しい事だ。しかも、篤志の方からは横断幕やパネルの提供申し出があり、技術屋出身者で構成されたずぶの素人集団が立ち上げたイベントを側面から支援して頂くことになって、繋がりとは本当に有難い事だ。

           「2018年、カワサキ・モトクロスOB有志の会」の再案内」
                                                  H30年9月吉日
                                                 「OB有志の会」事務局   
                                            
 拝啓 

 皆様におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。
 さて、去る7月7日に開催予定だった「カワサキ・モトクロスOB有志の会」は、未曾有の集中豪雨による会場閉鎖のため中止せざるをえず、出席を予定されていた皆さまには大変ご迷惑をお掛け致しました。特に、会場閉鎖の決定遅れにより既に神戸に向けて出発された皆様には誠に申し訳ございません。その後、皆様からの強いご要望もあり、速やかに再開すべく検討した結果、年中で最も過ごし易い10月開催と決定しましたのでご連絡します。
 今回の「OB有志の会」は、カワサキワークス「KRT」関係有志とKMJ「Team Green」関係有志との共同懇親会に加え、カワサキのモトクロスを日頃からご支援して頂いている、所謂「緑の血」が流れる皆さまのご出席も頂いた「OB有志の会」として計画していますので、多くの皆様のご出席をお待ちしております。
 また、今回は、カワサキモトクロス創成期の貴重な講演を頂ける機会を得ました事に加え、出席篤志の方から「OB有志の会の横断幕とパネル」の寄贈を頂きましたので現地にてご披露させていただきます。更には「OB有志の会特製Tシャツ」を出席者全員の皆さまにお配りする予定です。さて、今期のレースシーンを見ますと、全米モトクロス選手権においてKawasaki Racing Team(KRT)のE・トマック選手が450㏄クラス2年連続チャンピオンを獲得しましたので、合わせてご報告致します。 なお、7月7日開催予定とは開催場所が変更されていますので、ご注意願います。

 敬具

    
                 記    

 ①日時:平成30年10月13日(土) 午後3時~(受付2;30~)
 ②場所:「グリーンヒルホテル明石」 078-912‐0111
      〒673-0891 兵庫県明石市大明石町2-1-1  グリーンヒルホテル明石
 ③会費:6,000円(当日会場にて承ります)
 ④会場案内:JR神戸線明石駅、山陽電鉄明石駅から徒歩約3分。JR西明石⇔JR明石駅 3分
       グリーンヒルホテル明石の直ぐに目の前にある明石城は、2019年、築城400周年にあたりますので、
       公園内は魅力的に整備されつつあります。
    


尚、準備の都合上、お手数ですが9月28日までに出欠可否のご連絡を担当事務局にお知らせください。

                      「OB有志の会」事務局:平井稔男 大津信 安井隆志 山田宏 増田智 立脇三樹夫」
コメント

初日はクリアーしたが、秋場所は始まったばかり

2018-09-10 08:03:25 | スポーツ
昨日(9日)から始まった大相撲秋場所の最大の関心事は横綱稀勢の里の動き。
8場所連続休場からの復活を目指しての秋場所、今場所の成績次第では進退を懸ける意向を示していたので、どうころぶかハラハラしながら秋場所初日をテレビ観戦した。

初日の相手は平幕勢。前回の相撲でも土俵際の処置が悪く負けている相手だけに少し心配して立会いを見たが、立ち合いの踏み込みは負けてはおらず、互角。左を差し込んで後は出るだけだった。土俵際で勢の打っちゃりを受けそうだったが、体を勢に乗せ、そのまま寄り切って勝った。ほとんどの稀勢の里応援者はホットしただろう。NHKの解説者も感激深そうに解説している。

NHKの夜のサンディスポーツ解説者の尾車親方もホッとした表情で、このまま15日間、いや勝ち越して欲しいと言っていたが、その通リだと思う。なにせ、場所前の二所ノ関一門の連合稽古で、稀勢の里の相撲を評価する人は皆無で、途中休場で引退という見立ても少なくなかった。そうであれば場合によっては土俵に上がって、そのまま引退かと懸念されたので、とにかく初日、安定した相撲がとれた事に、まずは一安心と言うところだろう。

それでも、「横綱相撲の、それなりの土俵」の解釈はさまざまにあるようで、12勝あればOK。10勝以上でも引退危機は回避できそうだ。尾車親方の見立ては「秋場所を何とか皆勤して乗り越えてほしい」と発言し、進退ラインに触れないのは、星勘定にかかわらず15日間を戦い抜けばさび付いた相撲勘やスタミナを取り戻せると考えているためで、負け越しても九州場所で再チャレンジの機会が与えられる可能性はあるとコメントしている。だから、途中休場した場合の評価は極めて厳しいようだ。稀勢の里ほど土俵と真摯に向かい合った相撲取りはいない。それだけに、今場所は、大相撲ファンにとっても落ち着かない場所になる。

個人的には稀勢の里にはこんな印象を持っている、「稀勢の里には、大関魁皇(浅香山親方)を横綱にしたような力士になってほしいと思っている。魁皇の人柄を端的に表現するのに『気は優しくて力持ち、真面目で努力家、潔い-金太郎のような「お相撲さん」』と常に言われてきた。ごく普通の日本人が強い相撲取りに求める、「日本人の道義の基本を示してくれた力士」になって欲しいとも思っている。それはまた、みんな大好きお相撲さんと言う意味でもある」、がんばれ、稀勢の里!、あと14日。
コメント

庭の「オオデマリ」はもう咲かない

2018-09-07 06:10:25 | 
9月6日の朝3時頃、北海道で震度7の地震が発生したとの報道。
2日前、25年ぶりの超大型台風で大阪、神戸・西宮近辺は大被害を被ったばかりなので、無理に関連付けたネット情報が色々と出ている。

ところで台風21号の被害は西明石近辺には殆どなかったが、知り合いに聞くと、大阪辺りは大変だったようだ。物置が飛んで近くの自動車数台に損傷を負わせたが保険は効かないので、その被害額が○百万円だと聞いた。だからと言うわけもないが、今後のこともあるので、身の回りを少し整理していこうと、取り合えず、台風被害を受け易い庭の植木を処分しようと思いたった。家を建築した際、かなりの費用を掛けて植木屋に頼んで植えたものの、数十年も経つと剪定等のメンテの手間がかかる事、また大きく成長しすぎる事もあって、今迄、十本近くの植木を処分した。すると剪定する手間も少なくなり、陽は差し込むので相対的に部屋が明るくなり、且つ庭も広くなったよう気がしてきた。で、今回の台風20号、21号の被害をみると、植木の被害があちこちで散見された事もあり、これから剪定に苦労することも無きように残っている数本の植木を、この際、何本かを順に処分しようと決めた。

その手始めを「オオデマリ」とした。
この「オオデマリ」は、かれこれ30年ほど前、近くにある植樹祭(この場所は無くなった)で、まだ1mにも満たない小さなオオデマリを購入し、庭に植えた。その後、植える場所を3回程変え、裏庭に通ずる、邪魔にならない場所、今の所に植え直した。通るのに邪魔にならぬよう、横に伸びる枝を剪定するだけで特に施肥するわけでもなく、今では、もう3mぐらいになった。「オオデマリ」はあまり大きくならない木だから、3mほどまで成長したのは珍しいと思うが、その間、2本あった大きめの枝1本が台風で一度途中から折れた。毎年、4月になると、柔らかい緑の葉はすぐ虫にやられ無数の穴が開くので、その前に消毒すると虫もつかず、やがて緑色の花は薄緑に変化し、次第に全面白一色の花になっていく。無数の白いゴム毬の塊のようになり、緑の葉とのバランスがすこぶる似合っていた。また、しっとりとした雨の夕闇時、遠くからみるとオオデマリは薄く白色に浮かび上がる。この時が最も美しい時だと思う。やがて、花にカナブンが飛んでくるようになる頃、ゴム毬のような花は根元からポツンと落ちる。夏を過ぎ風に揉まれて葉はすぐ傷つき、秋になると紅葉するわけでもなく、どちらかと言えばうすい黒褐色になり丸まって落葉する。冬のオオデマリは何とも味気ない。調べたら、オオデマリは完全に開花しないと水持ちが悪いので市場にあまり出回らないらしい。

この「オオデマリ」も今日(6日)を最期に無くなった。
今の時期、秋にかかる時期なので、葉は黒ずんで丸まって落ちていくだけの愛想なしだが、あのゴム毬のような、ぼんぼりの様な白い塊の花は見れない。
   
コメント

21号来襲

2018-09-05 06:22:44 | 日常生活
ここは西明石に近い神戸市西区。4日の朝は午前4時頃に目が覚めた。家人はまだ寝ているので、独り外に出て新聞をとるが、薄曇り風なし。8時頃には陽も出て、何となく暑くなりそうな気配がする。午前9時頃から少し風が強くなったが、依然曇り空で晴れ間も見える。直ぐにデジタル台風等のネット気象情報を何度も確認したが、その進路は若干の差があるも四国から兵庫県に上陸するとある。寝不足からか頭の後ろの方がやや重い。

NHKの台風情報を確認しながら、泊まりに来ている娘の携帯から避難勧告音が流れる度にビクッとしながら、10時頃になると空は次第に暗くなりつつある。気象庁の予報では昼3時頃から猛烈な雨となっていたが、その後再確認すると12時頃から猛烈な雨が降ると変更され、3時間ほど早く豪雨になりそうだ。このころの時間帯から雨粒が少しづつ降ってきた。暴風になる前に、取りあえずの買い物に行こうと、近くのスーパーに車で行くと道路は空いているが店は買い物客で一杯だった。暴風域になる前に家に帰り、NHKの台風情報をずっとみる。11時半ぐらいから風が強くなってきたが、一週間前の台風20号に比べるとやや弱い。雨はそんなに強く降っていないが、風の音が強い。風の向きは20号と異なり北から吹き(20号時は南東からだった)、野々池貯水池の樹々もかなり揺れ始めたが、暴風域に入ったばかりだろうか、そんなに強くないもののびゅーびゅうと音が煩い。

午後1時頃になると、雨風とも相当に強くなってきた。風の音に消されて雨の音はさほど聞えてこないが、窓カラスを通してみると相当に強く降っている。野々池貯水池の樹々もかなり揺れ始めた。午後1時半過ぎに雨風が一時落ち着いた感じがする。午後2時頃、兵庫県淡路を過ぎて明石か神戸附近に上陸したとの報道。その後、2時半過ぎになるとまた再び暴風の音が凄まじく聞こえるが、それにしては風が雨戸をガタガタ揺らす音は少ない。すると、関西空港連絡橋に空の小型タンカーがぶつかって、連絡橋が一部変形している場面がテレビにでた。暫らく経つと幾分か風の音も収まったので、午後3時40分頃に外にでてみると、風はかなり収まり、近隣とも特に被害は無しの様だ。前回、8月23日の台風20号で飛ぶものは既に飛んだせいだろうか、20号時にあったような近隣の車庫屋根のアクリル板も道路に全く落ちてはいないし、ちぎれた樹々の葉や枝も圧倒的に少ない。ウエザーニュースで確認すると、午後3時過ぎ現在、21号は舞鶴附近にあって西明石は暴風域から外れた。終わってみれば、台風21号は数字上は遥かに強力ではあったが、自宅のある西明石に近い神戸市西区の状況は、台風通路直下に近かったものの、今のところ20号のピーク時ほどの暴風雨より小さいように思えた。

21号の特徴をネットで拾うと、・非常に強い勢力で上陸、・スピード速く、急に雨風が強まる、・台風から離れた東側でも雨風強いこととある。台風21号は上陸時まで非常に強い勢力を保っており、非常に強い勢力で上陸すれば、1993年13号以来、25年ぶりとある。
*9月5日のCNNnews:Typhoon Jebi hits Japan with heavy winds, pounding rain
 「TENKI JP」
 「ウエザーニュース」
 「ウエザーニュース」
コメント