のほほ~んなブログ - gooブログはじめました!

< 田舎生活から情報発信 > < 都会では味わえない風景満載!>

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MTL (MFC on ATL/WTL)

2017年05月10日 09時39分28秒 | Timidi95 シリーズ
Timidi95 シリーズは、32bitモジュールと64bit モジュールが有ります。
32bitモジュールは VC6(VisualStudio 2000)でコンパイル、
64bitモジュールは VC12(VisualStudio 2013)でコンパイルしています。

VC6でのコンパイルは、WindowXP や 旧Windows での動作と、
.exe ファイルのサイズ縮小のために使用しています。

VC6 MFC ライブラリは、DLL リンクを使用しています。
スタティックリンクだと .exeファイルサイズが大きくなります。

TimidiDR では、MFC ライブラリをカスタマイズしてサイズ縮小し使用しています。

64bitモジュールでは、MFC DLL を使用していましたが、
VC のバージョンを変える毎に MFC DLL を再配布する必要がありました。
MFC スタティックリンクでは、VC6 に比べて .exeファイルサイズが非常に大きくなります。

MFC ライブラリをカスタマイズしてサイズ縮小するのは、VC のバージョン依存が大きく
かなり大変です。

そこで、ATL/WTL の様にヘッダファイルだけでコンパイルできる MFC ファイルを作成しました。
MTL (MFC on ATL/WTL) です。
https://github.com/mohishiSoftkoubouINUI/MTL

MTL は VC6 MFC の良く使用されるクラスの機能を代替します。
MFC プロジェクトはスタティックで作成し、stdafx.h と stdafx.cpp を MTL 対応に書き換えます。

MTL 対応プロジェクトは、MFC DLL でコンパイルしたり、MFC スタティックでコンパイル
デバッグする事も可能です。

MTL はヘッダファイルのみで構成しているので、機能を書き換えたりする事もできます。
VC12 MFC スタティックリンクより、ファイルサイズが小さくなった事が何より魅力です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 車検時地図更新してからのい... | トップ | インターナビのその後 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Timidi95 シリーズ」カテゴリの最新記事