さきえの日々是器用貧乏 ver.2

過激になりすぎないように気を付けて再開してみる。
さきえさん、泣いたり笑ったり生きてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「かぐや姫の物語」

2013年12月01日 21時27分04秒 | 映画・舞台・ドラマ感想
六本木ヒルズで「かぐや姫の物語」を見てきました。美しかった。。。線、色の描写方法、姫の美しさ。終始うっとり。まばたきするのももったいないほど。

声優も良かった。地井武男はほんと泣いた。なんてうまいんだろう。ちいちい、ありがとう。

姫のおかした罪と罰というキャッチコピーだったけど、その罪に苦しむ姫の苦悩がつらかった。最後は号泣。私はね。隣の女性も泣いてたな。

原作の竹取物語に意外と忠実だったけど、こんな深い話だったとは。脚本がそうさせたの?もともと?

ああ、生きるってなんだろう。でも見終えて心はなぜかすっとした。奥深くまで考えたらキリのない話だな、こりゃ。ジブリすげえな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« gooブログ | トップ | 空想組曲 番外公演Vol.1「女... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画・舞台・ドラマ感想」カテゴリの最新記事