さきえの日々是器用貧乏 ver.2

過激になりすぎないように気を付けて再開してみる。
さきえさん、泣いたり笑ったり生きてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雪のバレンタイン

2014年02月14日 17時30分26秒 | ver.2の日々
雪のバレンタインですねえ。
みなさま、お相手とホットに過ごせそうですか?
わたしも男性たちとの大きな苦難を乗り越え(知っている人は知っている。知らない人はそのままでいいや。ははは)、いまの幸せを末永く維持できたらいいなあ、と切に願い誓う、そんなバレンタインでございます。
チョコ手作りとかしなくて行動は不精ですが。。。気持が一番大事よ!開き直り?

バレンタインの思い出と言われてまっさきに思い出すのが、社会人一年目、JR東日本時代。
働いていた横浜建築技術センターというところは、全部で50人くらい。その中に、初めての女性社員としてぽーんと投げ込まれたわけです。
初の女性ということで、最初のうちは、おじさまたちも扱い方が全くわからないようで、ぎこちない感じでしたが、そのうちみんなの娘みたいにかわいがってもらえるようになりました。

そして迎えたバレンタイン。はて、どうしたものか。たぶんおじさまたちも、どうなることやらと考えていたはず。たぶん。

考えた結果、全員にあげることに。
はー、いくら使ったか!後にも先にもこんな高額バレンタインはないでしょう。頑張りました。

結果、ホワイトデーも大変なことに。こんなにお菓子食べたらブタになってしまう。

バレンタインが来るたび、思い出す平和な日々でした。

最近は義理チョコ禁止職場って多いらしいですよね。あげる方ももらう方も変な気を遣いますからねー。別にもらいたくもないのにお返ししなきゃいけないの?とか。誰にはいくらくらいのがいいのか?とか。義理チョコ問題は複雑です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 空想組曲 番外公演Vol.1「女... | トップ | Salyu「Salyu 10th Anniversa... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ver.2の日々」カテゴリの最新記事