さきえの日々是器用貧乏 ver.2

過激になりすぎないように気を付けて再開してみる。
さきえさん、泣いたり笑ったり生きてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

空想組曲 番外公演Vol.1「女王の盲景」

2014年01月12日 16時25分33秒 | 映画・舞台・ドラマ感想
最近の空想組曲は欠かしていません。皆勤賞です。

***

空想組曲 番外公演Vol.1
「女王の盲景」

期間:2014/01/08(水) ~ 2014/01/19(日)
会場:シアター風姿花伝
脚本・演出:ほさかよう
出演:和田琢磨、鍛治本大樹(キャラメルボックス)、小玉久仁子(ホチキス)、青木志穏、/大門伍朗

あらすじ:【あらすじ】
島に住む盲目の少女。
彼女は周囲によって語られる夢のような風景を信じて生きてきた。
そこでは何もなくならない。誰も彼女を傷つけない
だがある日、一人の青年が島を訪れたことで、平穏だった幻想の王国に綻びが生じはじめる……


***


まだ公演期間中なのでネタバレ注意ですが・・・

毎度ながら完成度の高い、密度の高い脚本。いやー、すばらしい。
そして今回は役者さんが5人と少ない。そしてどの方もエリート!文句なく上手い。
小玉さん最高だったなー・・・
あと特に今回は、照明の美しさが際立っていた気がした。綺麗だった。
終演後、拍手がずっと鳴り止まなかったことが、この作品がどれほど素敵だったかの証明ですね。
お客さんの9割が女性なのは、なんで?
私も女だけど女性の心を掴むのかなあ?

嘘と本当は境目なんてないのかもね。紙一重どころじゃなく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「かぐや姫の物語」 | トップ | 雪のバレンタイン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画・舞台・ドラマ感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事