プロの独り言。。。

革製品愛好家の方々へ、ケアや修理のノウハウや「へぇ~!」が少しでもお役に立てれば...そんなこんなの悪戦奮闘記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

何はともあれクリーニングから(2)

2011-02-16 04:31:37 | 日記
シガレロの紫煙がダウンライトに見え隠れし、周囲の空気は汚染されつつもチェロの音にゆるやかに震え、心地よく我が身を包み込んでいる。
時折、琥珀色の海に浮かんだ氷山が崩れ、パッシブな音を添えて薄れつつある意識を現実に連れ戻す。
しかし、そんな不安定な状態すら、涅槃の境地にさえ感じられ至福の一瞬を、まるで安逸を貪るが如く、意識は更に深層へ。。。。。
イ、イカン惰眠を貪っている場合ではない!前回の続きを始めなければ。。。
ブログの宣伝など何もしていないのに、意外にも多くの方々が訪れてくれていますので、何か使命感のようなものが芽生えつつあります。(まだ、チョットですが)それにしても毎日のようにブログを更新されている方々の熱意や勤勉さに、改めて感心やら、敬服やらあらゆる賛辞を贈りたい気持ちです。

さて、今回は何はともあれクリーニングから(2)ということで進めたいと思います。
前回は、本革のクリーニングの必要性について記しました。
要約すると、本革を愛用できる期間の延伸、衛生的に維持することがその要旨です。

では、実際に本革のクリーニングやトリートメント等のケアはどのように実施すれば良いのか?
勿論、本革のクリーニング・ケア用に開発さた専用のグッズを使用されることがお薦めです。
バナナや牛乳を擦り込むと良い。。。というようなことを言う向きもありますが、無責任なもの言いです。
質感は向上するかもしれませんが、バナナは毛穴を詰まらせ、牛乳は確かに牛革に合うはず---ですが、乳脂肪分は3~6%程度で殆どが水分で希釈してあります。革は鞣された時点で最も水分が少ない状態になります。水洗いして乾燥させ、縮みやシワを楽しむ特殊な革以外では、水分は必要ありません。と言うより水分を革の内部に導くことは繊維の腐食を促進し、短命にすることは間違いありません。

では、世に出回っている数知れないケアグッズの中から、どのようなものを選択すれば良いのか。
これは、私たちプロでも使用してみないと判りません。ですから手当り次第買い込んで使用してみます。
クリーナーで多いのは界面活性剤を主成分にしたもの。油脂類では蜜蝋等天然成分を使用しているものが一般的です。
信憑性の高いのはソファーや車のシート、ジャケット、バッグ等々のメーカーが、その革のお手入れ専用に販売しているケア製品です。ケア製品の指定がある場合、これに従った方が良いでしょう。
では指定のない場合、どの製品を選ぶか?散々買い漁った製品の中には大変優れているものや、色々な意味で「う~ん」と唸ってしまう物など様々です。このブログではそういった製品の個別評価をしたくありません。わたし一個人の見解が製品の売行きを左右するほどの影響力を持っているなどとは露ほどにも思いませんが、念には念を。。。ということです。
ただ、今までの記述の中に製品選びのヒントはあります。
革は水分を嫌うーーーという点からクリーナーを選べば、革の繊維の中に水分を浸水させないようなクリーナー(発泡化して洗浄する、揮発性が高い等)
油脂は汚れや不良な油分を呼ぶーーーという点から保革製品を選ぶと、銀表面に極度のテカリ(油分が残留して)を生じないもの(オイルアップレザーや特殊加工の革を除く)

このような基準でケア製品を選んでその用法通りに実行すれば正解!というわけではありません。
わたしの経験と革に対する知識がこの基準を作り上げただけで、ある人はツヤのある革が好きだからテカルくらいのほうが良い。また、ある人は水でジャブジャブ洗わないと綺麗になった気がしない、と言う理屈も成り立ちます。私の基準は革の鞣された経緯とその意味を考え、最も適したもの---本革にはこれが良いだろうと思われることを基準としているだけなので、個人の嗜好を抑制しケアの正誤を正すものではありません。

先日、とある皮膚科の女医先生のソファーをリペア&カラートリートメントさせて戴きました。
仕上がりについては大変喜んで戴きましたが、「問題はこれからのお手入れね」と問われ、拙い蘊蓄をご披露したところ、「女性のお肌の手入れと似ているのね」と仰られ、革の話から皮膚の話。果てはアレルギーの話へと大変盛り上がってしまいました。流石に専門家!大変勉強させていただきました。施工のご依頼に感謝致しますと同時に、またご高説を賜りたく思いますので宜しくお願い申し上げます。

今回の画像は、VW Golf のフロントシートです。
左側がbefore。右側がafterです。
この見本を撮影した後、全席をクリーニング、亀裂や銀スレ等をリペアしてカラーリング、トリートメントを行いました。
ここまでの施行になると、シートを車体から外して実施します。

夜も更けてきたーーーと言うより夜明けが近くなってきたので本日は店仕舞に致します。
今回も長々とお付合い戴きありがとうございました。
次回は。。。済みません。まだ決めていません。zzz~

                        革のことなら MOCS Co.,Ltd      
                        こちらも MOCS Co.,Ltd
コメント

格好つけなくても 良いかな。。。 何はともあれクリーニングから(1)

2011-01-23 19:07:19 | 日記
ブログ デビューから早くも2週間が経ってしまった。。。

どんな形式で、どの様に見てもらったら良いかな。。。等々色々考えているうちに時ばかりが経過して、
何も形になっていない。これでは本末転倒も甚だしい。形式や格好の良さに拘るよりも、先ずは形にしていこう!
気を取り直して踏ん切りを付けるまで2週間も費やしてしまった。
まぁ、思いつくままに書き綴っていても、伝えたい事が明確に読み解いて頂ければ、本来の主旨には充分添うものと考え、文章やスタイルのスマートさは兎に角、事実を、推奨できることを、形にしていこうと割り切りました。
 故に、可笑しな、稚拙な文章表現がまま有ると思いますが、読者の皆様、どうか予め御容認を。

今回は皮革製品を良好に維持するための基本中の基本。クリーニングについて。
見出しの画像は、ロッシュ ボボア 3Pソファー の座面です。
左側がbefore。右側がクリーニング後の状態。
クリーニング・トリートメントをご依頼頂いたお客様宅での作業です。
「ちょっと汚れてきたので。。。」
というお客様の声に応え、わかりやすいように Before & After を1座面の中に施したものです。
「この程度の汚れです。」
論より証拠。百聞は一見にしかず!
驚きのあまり、お客様は絶句してしまい二の句が継げませんでした。

毎日使用している家具なので、極々少量ながら日々付着していく汚れや塵芥に気付かないのも無理なからぬこと。
使用条件や環境により程度の差はありますが、確実に汚れていきます。
人体の汗や衣服についた汚れ。ペットの動物性油脂。焼肉や天ぷらに空揚げ等の調理により空気中に飛沫化して降り注ぐ油脂。
汚れ促進の原因は以外にも人為的に(日常的?)作り出されていることもあります。

革が汚れると。。。毛穴が詰まってしまう。
         付着した不良な油脂が銀を通過して、繊維層に入り最悪の場合繊維を腐らせてしまう。
         雑菌の温床になり、衛生的に良好とは言えなくなる。
         付着する油脂や汚れの種類によっては、塗装膜を溶かしたり変色させる場合がある。
         革表面がネトネトしてサラサラ感がなくなり気持ち悪い。
         銀に付着した油脂がツヤを出し、見た目が悪い。

ザット考えるだけでも5~6項目位は、すぐに数えられます。
皮革製品は鞣された革を使用してあり、無機質ではありますが、本を正せば動物の皮であり有機物です。
人体の汚れを洗い落とし、肌に潤いを与えるというケアを怠らないほうが良いのです。

革のクリーニングをすることの意義はご理解頂けたでしょうか。
次回予告:次回のブログは今回の続き 何はともあれクリーニングから(2)を予定しております。
       引続きのご愛読をお願い申し上げま~す。

                        革のことなら MOCS Co.,Ltd
                        こちらも MOCS Co.,Ltd
  
コメント

ブログ デビュー

2011-01-10 18:49:35 | 日記
ブログ デビューしました。
始めるにあたり後押ししてくれた皆様、ありがとうございます。
今は何も判らず、アップすることだけで精一杯ですが、
徐々にスキルアップしていきたいと思います。

革製品のリペア・カスタムを中心にソファー、車両の内装、バッグ、衣類等
を手がけています。

 ・施工した製品を紹介して欲しい
 ・どの程度のダメージがどの程度まで良くなるの?

というご要望と質問を頂き、可能な限り更新していきたいと思います。

革大好き!大切に使いたい。長~く使いたい。
というレザーユーザーの方々にご愛読頂ければ、また一助になれば
幸いです。

本日はブログ初お目見えということで、ご挨拶までに。。。

                   革のことなら MOCS Co.,Ltd
                   こちらも MOCS Co.,Ltd
コメント