気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

ウチョウラン黄花

2017年06月28日 | 羽蝶蘭
                

                      

              

                     

 去年オークションで手に入れた、ウチョウラン仁王系黄花寄せ植えの2ポット
 実物は、画像よりも鮮明な黄色ですが
 私のカメラでは、残念ながら実際の色が出せません・・・もっと黄色です

 どんな黄花が咲くのか、今年の楽しみの一つでしたが・・・
 蕾が膨らんで展開してから暫くは極黄色でも、3日4日と経過すると薄くなり
 最悪の場合は、クリーム色と言った感じになってしまいます
 花弁が極端に巻いたり縮んだりもしないで、整っていたのが良かったです
 どんなに花色が良くても、大きく変形していては駄目で作りたくはないです

 未開花の苗が多数入っていたポットが、最初の画像で
 数が多い割には、黄色く咲いてくれました
 未だ蕾が付かない小苗が数本あって、来年以降の御楽しみです

 数日経っても黄色を保ち、パット見た感じで何とか黄花と分かるのが4本
 満足度55%と言ったところですが・・・これで我慢でしょうか 






             

 今年最後のビワ、残り物3個を収穫しました
 2個が今年1番の大きさになったので、ピンポン玉と一緒にUP
 肉厚で甘くてジューシー、文句無しに美味でした

 前回のUPの後に、スーパーのビワを参考の為に見てきました
 画像真ん中の大きさぐらいが並んでいて・・・小さい、勝ってるゾ~





             

 家内の支持を受けて、ブルーベリー今年2度目の収穫
 大きくても1.5㎝程しかありません
 鉢植にして3本作っていて、系統品種が違い順番に熟します
 ブルーベリーを作る場合は、同じ系統を2本以上植えないと実が多く付かないそうですが
 そんな事も無いようで、毎年それなりに実が付いてくれます

 随分長い間植替えをしていません、それでも下からヤゴ(ひこばえ)出てきます
 一般的には嫌われ者のヤゴですが、ブルーベリーはヤゴを伸ばして新旧の交代をさせて樹勢を保ち実を付けさせます
 後の注意点は、肥料は固形だけにして液肥をかけない事です
 液肥をかけ続けると根腐れして元気が無くなり、最後は枯れてしまいます
 ブルーベリーは水が大好きで、朝夕にジャンジャン水を遣っています

             

             

 野鳥に手を焼いて、防鳥ネットを張っています
 完璧にふさいでありますから、さすがのオナガでも食べられません 
 狭い場所ですから、ネットを張るために樹を大きく出来ないのが悩みです
 通路の対面にはイチジク、今は3鉢だけです
 今年は植替えの年ですから、もう1鉢減らしてしまおうかとも思ったりしています・・・(つい、持病の飽きると言う病気が出てしまいます)
 
コメント

ビワの収穫

2017年06月16日 | その他
            

 品種名は「ながさき」、スーパーで売られている大きさよりも一回り小形
 味は、変わらない美味しさだと思っています
 この辺りでは、暖かな適地のような大きさにはなってくれません 

 今年の実数は少ないです、今日まで収穫したのは7個だけ
 2~3月の花の時期に気温が穏やかだと、結実し易いそうです
 暖冬だったようでも、零下3℃以下に冷え込んだ日が何日かあったからだろうと考えています
 こちらの地域のビワの出来は、天候次第です

 実が1~2㎝になってから1房に1or2を残し摘果しました、初めての果実袋を掛ける為です
 去年までは何をしても鳥に食われてしまいました、防鳥ネットを掛けても網の上に乗って食てしまいます
 最後の手段のつもりで、ホームセンターで探し求めました
 果実袋の説明書きでは、3~4月の摘果後直ぐに袋掛けをするとなっていましたが
 いつも鳥に食べられるのは黄色く色付いてからだったので、6月になり少々黄色くなり掛けたところで袋掛けしてみました

 問題なのは、紙袋の中で黄色く熟したビワが確認出来ない事です
 袋の隅の2箇所に確認用の切り込みが入っていますが、覗き込んでもよく見えないし
 匂いを嗅いでも、ハッキリとしませんでした
 結局は覗き込んで黄色くなっていそうだと思ったら、面倒でも袋を一度外してから確かめる事に
 高い所は剪定用三脚で袋掛けしたのもあって、落ちないようにと気が抜けません

 宿敵ヒヨドリやオナガの姿を見かけません 、今のところ鳥の被害は全く無いです
 美味しいビワを収穫するのも、手間暇が掛かりますネ





            

 ウチョウランが咲いてきました
 ブログネタも乏しいので、全開したものからUPしようかとも思ったりしています
 ウチョウランの鉢数も減らしてはきましたが、いつもの癖で去年黄花が欲しくなり入れてしまいました
 どんな花になるのか分からない未開花の実生苗が多く入っていたので、どんな色形に咲くのか分からないのが面白いところ
 初花の蕾が開いてくる黄花を見て・・・期待ハズレ(*´з`)・・・良さそう(@^^)/~~~なんて
 1本や2本は、上物が咲いて欲しいものです 
コメント

ササユリ

2017年06月12日 | その他の花
 三四日前に開いた、1個だけのササユリ
 雨や風で花粉が飛び散って、花弁の内側を茶色く汚していると思っていましたが
 意外にも綺麗なままで、白っぽくはなっていますがシッカリした花を保っています 

          

 根元には、沢山の小苗が見られます
 葉が数枚になると、後一二年で花が咲く筈です
 しかし日当たりが悪くて、ほとんどの苗は一枚葉のままです
 ササユリの育つ良い条件でも、花が付くのに種から7年は掛かるようですから・・・気の遠くなるような世界です 
 庭の中で一二年で花が見れそうなのは2本だけですが、期待を背負った苗です
 いつもの水島柿の根元の大きなササユリは、まだ蕾が硬くて咲くのはいつでしょう・・・
 40年以上前に魚津の山から持ってきた子孫で、絶えそうになりながらも生き延びています
 何故か突然に芽が出なくなったりするし、他の木を植えたり踏みつけてしまったりと色々な原因で枯らしてしまいます 





            (スカーレット)

            (テキセンシス)

 種を蒔いて育てた中から、それぞれ1本づつ選別して残したテキセンシススカーレットです
 テキセンシスの花はスカーレットより遅くて、これから徐々に旺盛になって咲いてくるでしょう
 蕾がそれなりに膨らんできています 





           

            

 今はアジサイの季節、地元の山で1番多く見られる青いアジサイが毎年綺麗に咲いてくれます
 これは小形ですが、沢山の数の花を楽しませてくれます 

 ナーセリーで買った富士の滝、小形の白い八重の花が可愛い
 去年鉢植えが面倒になり止めて、一部を地植えにして残しました
 アジサイは根が伸びるのが早くて、毎年植替えをしないと根詰まりしてしまいますし
 水遣りを忘れると直ぐに萎れてしまうしで、めんどくさくなりました
 地植えはラクチンです、晴天が続くと水を遣る程度ですから 
コメント