気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

豊雪 (寒蘭)

2016年11月28日 | 寒蘭
               

 今期最後に開花した「豊雪」です 
 今年は新芽の出始めたのが遅過ぎて、当然の如く成長も遅くイマイチです 
 花芽は4本出たけれど、花茎が細い2本を外していますが
 咲いた花は、何処となく納得のいかない雰囲気になった感じがします・・・

 外した花芽に付いていた蕾は、4個と5個でした
 5・6条の株に1本の花が丁度良いとすると、2本が適当な数になります
 新木を入れて、6条と8条の寄せ植えになっています

             

 今朝最後に開いた天花のように、半開きになっている舌の姿は恰好が良い  
 今の姿で止まってくれたらと、つい考えてしまいます・・・・・
コメント

秀光と日光 (寒蘭)

2016年11月24日 | 寒蘭
           (秀光)      

 赤筋が太いのか多いのか・・・赤味が強く見える「秀光」
 それでも桃花で、「桃里」と全く同じ物だそうです
 初めて「日光」が開花するので、色の出具合を比較してみようと
 可能な限り、採光に気を配ったつもりですが・・・以前と変わらず 



           (日光)       

 2年前にネットショップで買った時は、新木無しの3条の株だった「日光」
 冬の間、他の寒蘭や春蘭と一緒に置いていたら・・・葉焼けして夏前に全て落ちてしまいました 
 葉を次々と落としながらも、伸び上がって来た新芽が今開花中の親木
 そんな訳で花は少なくて5個だけですが、全部の花が折鶴芸になっています
 花弁の先が黄味を帯びるそうだが、白っぽいだけで光を当て透かして見ないと黄色と分からない薄さです 

 日光の方が一回り大きくて、色が少々薄くて明るい色合いで桃花らしく見えます 
 花形は日光が平形咲きで、秀光が三角咲きで俯きかげんの抱え咲きになります

 展示会では、もっと薄い色の日光を見かけますが
 薄くて貧弱な感じではなく、何時かはもっと明るい鮮桃花に咲かせたいと考えていますが・・・無理でしょうね 

 玄関に置いていた「竜雪」は、花に変化が無くて惜しいけれども切除して「秀光・日光」と今日交代させました
コメント

キウイフルーツの収穫

2016年11月23日 | その他
 収穫したのは、2日前の晴れた日です 
 真冬並の寒気がやって来るというので、急きょ収穫する事になりました
 例年だと初霜の前に収穫するのですが、もうすでに初霜に遭ってしまい 
 二度三度と霜に遭わせるわけにはいきません 
 理想は樹上完熟に近付き2~3個落果してから、収穫したいのですが
 1個も落果しないままに、収穫する事になりました 

          

          

 丸い「アップル」は90~120gの小形、細長く小さな「紅美人」は40~60gと極小でこれ以上大きくならないようです 
 両方伴に、糖度が高く甘くなるので、鑑賞用を兼ねて作っています
 数えていません・・・沢山摘果したはずですが、それなりに沢山生りました 
 1週間程熟成させた後に、今年の御味をみる事なります

 柿が写っていますが、1個だけ残してあった次郎柿です
 ヒヨドリに食われる前にと、収穫
 野鳥も熊と一緒で食糧不足なのだろうか、未だ熟してない柿を食べに来ます


          

 週刊予報では、晴間が少ないようなので 
 晴れて松の木が乾いている内にと、雪吊りをやってしまいました
 いつもの荒縄だけでやる、自己流幹吊りです
 近くの〇メ△で荒縄を買ったのだが、チョッと引っ張っただけでプッツと切れてしまい 
 荒縄を調べてみたら・・・・・虫のフンがいたるところに、なに~~これはひどい  
 何とか使えるのと交換してもらったが、強度不足なので雪の重みで切れないかと心配になります

 これから暫くの間は、雨の合間をみては冬支度です 
 鉢植が多いので、あっちこっちと冬の置場所へ移動させます
 葉が落ちたこの時期に、植替えをするのもあります
 嫌になったり、邪魔になったりした鉢の処分もします
 雪が積もる前にやる事が沢山あるのに、天候不順と言うのか雨ばかり続きそうです 
コメント

金鵄系 (寒蘭)

2016年11月20日 | 寒蘭

 この寒蘭は、我家で一番の葉長となり
 花茎も一番伸びて80㎝程に、支柱無しでは傾いてしまう
 私にとって一番最初の寒蘭で、魚津市内の行きつけの店で買った物です
 店主言わく「名札が金鵄だけど金鵄ではなく、店のお客さんが売ってくれと言うので置いている」
 「細くて金鵄の花とは違っていて、そんなに上等な物でないと思う」
 そんな訳で、金鵄系としています
 始めて育てる練習用だったのですが、何年も植替えをしなくて根腐れした事が一度だけあります 


                

 上から5個の舌を矯正してみたけれども・・・・・
 確かに舌が大きくは見えますが、日が経つと捩れて・・・そんなに良くはない
 行儀の悪い舌で矯正してもしなくても、どうでも良いような感じです 

 今後は肥料も活力剤も抑えて、小振りに育てれたらと考えています
 余り大きくなってもらっても、置場所にも苦労してしまいますから      
コメント (2)

寒蘭 舌の矯正

2016年11月15日 | 寒蘭

 前回UPした次の日に、白鮮(白妙)の1番上の蕾が膨らんできたので矯正してみる事に
 何もしないでそのまま開花させて、舌が歪んで巻いてしまっては見映えが悪くなってしまいます 
 ある方のブログに、寒蘭の矯正は失礼の無いように人前に出す為の化粧とか・・・

                 

                      

 白鮮の蕾が膨らんで、先ずは副弁が開き次に主弁が開き始めます
 その時点では、内弁とピンと広がった舌はくっ付いたままです
 6㍉のストローを、2㍉幅ぐらいにハサミで輪切りにしたリングを作り
 そのリングの中に、内弁と舌を一緒にして通してやりました
 内弁はチョコっと舌は先が出るか出ないか程度で、無理に差し込むと痛めてしまう恐れがあります
 今回は舌の両縁が下に巻き始めてたので、3日後にリングを外してみました
 外すと直ぐに、舌は画像のような角度まで下がり、それ以上は曲がりませんでした
 ただし後から舌の両縁が曲がり過ぎて、細くなったのがいけません 



 どうせならと、燦月でも試してみたくなりました
 これも1番上の舌を矯正

                

                  

 燦月は舌の先の尖がりが少ないので、リングに引っ掛かり難くて
 2日目で、リングが外れてしまいました
 2日間では舌が固まらなくて、駄目かと思いましたが 
 それなりに矯正はなったようです
 しかし舌が伸びて、締まりの無い姿になってしまい・・・駄目、不採用
 燦月の舌はそのままが良いと、反省
 なんでもかんでも矯正をするのは、いけませんネ 



              

 ついでのお遊び
 外のボロ小屋で、現在矯正中の金鵄系の様子です
 11個の内の上部5個にリングを掛けています
 どれを先に掛けたのか・・・分からなくなってしまいました 
 多数の場合は、メモでいいから記録しておく必要がありそうです  
 最低3日間はそっとして、舌を固定したいのですが・・・・・

 白鮮・燦月・大泉は花数が少ないので、撮影した後直ぐに花を切り取りました
 来季の為です、最低5個は花が咲いて欲しいものです
 今は、竜雪だけ玄関に置いています
 近々、豊雪・金鵄系・秀光・日光の初花と開花するので 
 出来れば、UPしたいと思います
コメント (2)

白鮮 (寒蘭)

2016年11月09日 | 寒蘭

 白妙の選別品「白鮮」として、4年前に手に入れた初花です
 余りにも小さな株だったので、花なんていつの事になるのかと思っていました
 葉長が長いもので30㎝で、チャボのサイズしかありません
 まだ大きくなるのだろうけど、今のサイズで花がくるのなら
 このままのチャボサイズで止まってほしいものです

 花の大きさは、竜雪と同じぐらいで横8㎝程
 花弁も舌も緑と白だけで、透明感を感じる素心です
 花弁の中を光が通り貫けて、見る方向で多少変わってみえるようだ
 花弁のヘリが特に薄くて、白く波打ってデコボコして見える
 舌が歪んで折れ曲がるのが、イヤなところ
 上から2番目が歪みが少ないのは、玄関に入れてから開花したからだろうか・・・
 舌の歪みも、光や湿度に風なんかが影響するのかもしれません


               

               

         ネット上で唯一見つけた白鮮の画像です
        この画像とは、違っているように見えます・・・
        どこかで実物を見てから、判断するしかないようですね
        白妙と称する寒蘭は、世の中に多数存在するようですが・・マア~白妙には違いないようです
        ポジティブに、そう思いつつ作っていくしかないでしょう 
コメント (2)

燦月 (寒蘭)

2016年11月09日 | 寒蘭

          

 今年の燦月は不作で、4個だけ・・・
 そんな訳で、少々小さ目の花になってしまったように感じています 
 それでも、更紗無点の渋さは健在です 

 この燦月も春先に古いバルブを整理をしたのが、不作の要因の1つに思えます
 植替え時には、見た目もあってスッキリ整理したいところですが
 そこは出来るだけ我慢して、痛んだ根を取り除く程度にした方が良さそうです 
コメント

大泉 (寒蘭)

2016年11月05日 | 寒蘭
 4年目にして、初花を見る事が出来ました
 1個開いてから5日も掛かって、3個目が今朝開きました 
 残念ながら、1番上の舌に点々が・・・無点ではなく無点系ですから 
 細目の外弁3枚は黒に近い濃紅、内弁は薄目で付け根付近に緑が残っています
 花の大きさは先の竜雪や華神より小形で、ピンと伸びた花弁は5日経っても崩れていません 
 開花して間もなく、クリーム色の舌の両サイドに縦縞の染みが現れますが
 気を付けて見ないと分からないので、それ程気になりません 

          

      2日目       5日目       今朝開花

 この大泉と華神の花弁は採光で薄くなったりするそうですから、どんな色になるのか心配でした 
 両方共に自分としては、満足しています・・・・・一安心 
 この後我家での初花として、白妙と日光が開花する予定ですが
 どんな花に咲くのやら・・・もう暫くです 
コメント (2)