気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

センジュガンビ

2016年05月30日 | その他の花
        

 四五日前から咲きだした、センジュガンビ(千手岩菲) 
 ここ数年は、安定した出来になっています
 種が落ちて、小さな実生もチラホラ生えてきますし
 まさかの為にと、移したものも元気に育っていますから
 消滅してしまう心配は、ここ当分ないものと思っています
 真っ白な小さな花で、雨や風で直ぐに倒れてしまい 
 手を貸さないと枯れてしまうような、ひ弱なところが好きです 


        

 白花のトキソウです
 去年の暮に植替えたので、花は少々だけしか咲いてません 
 普通花は花が5~6個だけだったので、1個残して摘んでしまいました
 植替えた翌年は花にならないのは、いつも通りです
 この後2年目3年目と花数が増えてきますから、心配はしていませんが
 ミズゴケが腐ってきたら、又植替えるの繰り返しが少々面倒ですね 



                 

 そろそろアジサイの季節です 
 我家では、この山採りの赤色が最初に咲きだしました
 鉢植のアジサイは水遣りが大変なのと、置き場所が手狭になったりで
 地植えにしたり処分したりして、去年で全て止めてしました 
 

 

コメント

キウイフルーツの摘果

2016年05月20日 | その他
 自分で接ぎ木した「紅美人」が、3年目にして初めて実を付けました
 花が沢山咲いて、当然ですが鈴生りに実が付きました
 見出し画像は、摘んだ実の山です
 親木に付いた去年までの実は、小振りだった事から
 小枝に1個だけ残して、全て摘んでしまいました 

      (摘果前)
      (摘果後)

           (摘果前)
           (摘果後)

 カタログでは、大きな実に生るように思えたのですが
 雄木が悪いのか木が小さいからか、実物は小振りでしたから
 自分が出来る範囲で、実が大きくなるようにしたいと考えています
 今年も又、小振りだったら・・・来年は摘蕾もやって見ましょうか 


          

 ヒメサユリが咲いてきました
 ヒメサユリの良さは、か細い小さな木にも花が付く事です
 ヒメサユリは小さいほど、可憐でその名に相応しい姿になるように思えます 
 よく似た香の強いササユリは、大きくならないと花が付きません
 我家のササユリは蕾のままで、花は未だ先の事です 
コメント

新入りのトキソウ

2016年05月12日 | その他の花
          

 去年の秋にやって来た、新入りのトキソウです
 地元産だと聞いていましたが、以前から栽培しているトキソウとは違っているようです
 他の鉢は背丈が15㎝程で、未だ蕾が小さく緑色のままです
 この新入りは背丈が10㎝未満の萎縮性、開花がメッチャ早くて舌は白くて狭い
 内弁の外側に赤紫のストライブがクッキリと入りますが、内弁の内側には色が付いていない
 萎縮性なので風に強く、コンパクトで可愛い姿が好いかも・・・



 牡丹の花はとっくに終わり、代わってシャクヤクが咲きだしました
 これはオリエンタルゴールド、牡丹の血が混ざっていて手の平程の大きな花になります
 日陰に植えてあるので、何年経っても花は1個か2個のまま
 場所替えをすれば良いのでが、毎年そう思うだけで・・・実行に至らず
 今年こそ、実行したいですね 

          



 これもシャクヤクの横に植えたままの、ホザキツリガネツツジですが
 薄いピンクの目立たない花が、いつも沢山咲いてくれます

             
コメント