気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

サギ草

2012年08月06日 | その他の花
いつの頃だったかさえ忘れさられた、栽培したことのあるサギ草
流行していた頃には、よく玄関先に大鉢が数鉢並べられているのを見かけたものですが 
最近はあまり見かけなくなりました 
懐かしさから、再びサギ草を栽培することにしました

花屋でどれにしようかと迷ったあげく、奇形種の「飛翔」に決定しました 
選定理由は、見比べた中ではガッチリ系で背丈が低くコンバクトにまとまりそうだったからです
地元の野生種を栽培したことがありますが、ヒョロヒョロ茎が伸びてしまい鑑賞に堪えれなかった記憶があります 

サギ草も、結構ウイルスに侵されたような個体が販売されていますから 
一緒に売られているものも、じっくりチェックして買いました 



来年、再来年とどうなることでしょう・・・・・
コメント (2)

今季最後の富貴蘭の花

2012年08月05日 | 富貴蘭(その他)
花の蕾を摘み取り損ねて、気が付いた時には沢山の蕾が膨らみ掛けてしまっていたので
そのままにして、花を咲かせてみた「紅扇」です 
買った時は結構な値段でしたが、今は・・・・・二束三文になり下がってしまいました 
1株で買って10年でこれだけになり、株数は多くて数えていません
斑の反転した「於多賀」も出てきましたが、非常に増殖が良いので下落は当然に思えます
花を咲かせて気付いたのは、他の品種より花の日持ちが良くて結構長く楽しめます
今後は株数を増やすよりは、花を咲かせて観賞した方が良いかもしれません



こちらも花持ちが良い方の「春及殿」ですが、花数が少なくていけません 
花を咲かせたいものには、何故か上手いこと花が付いてくれません

春及殿の殆どの花は自然には展開してくれないので、私は指先でそっと摘まんだりして手を貸してやります 

  展開前

  指先で展開した後
コメント

薔薇・ドフトボルケ(香りの雲)

2012年08月04日 | その他の花
久しぶりの更新となりました
事情があって2か所の保育園の送迎や小学生の夏休から、毎日3人の孫の相手をする必要になって
何かと忙しない日を送っています 

以前、氷見あいやまガーデンに行って
幹の太さや葉の大きさから、栽培を諦めてしまったのですが
7月始に偶然コメリで、売れ残って花の付いていない「ドフトボルケ」を見つけました
行きつけの花屋や通販で売り切れになって買えないので
ウ~ンどうしょうと思いながら、買ってしまいました 

  7/7 買って植え替えた直後     新芽の様子

バラを地植えにした場合に、水を摂り過ぎると樹形が巨大化してしまうそうです
氷見あいやまガーデンのドフトボルケは、用水の直ぐ横に植えてあるので
まさしく巨大化してしまっている、水膨れの姿のようです 
大形種を鉢植えにして、出来るだけ小形に育てるのも一手と考えられます 



十分な肥料と摂水に殺菌消毒に加えて、高温で鉢内が蒸れないように鉢を二重にして採光 
一月程で、なんとか無事に開花してくれました  
この猛暑の中での花は小さくて直径10cm程で、半剣弁タイプ
濁った赤の蕾が開いてくると濃いサーモンピンクから薄いサーモンピンクに変化しました

肝心の香りはと言うと、色々混ざった甘味の薄い柑橘系という感じです
色々な蘭の香りを混ぜて、甘味を抜いたような感じ・・・・・(実際に体感しないと分からない)
他の人のブログでは、衝撃とか感動とかの感想も書かれていますが
それほどではなくて、他のバラでは出せない香りだと言ったところのように思います
時間的には朝夕が強く香り、お昼頃は鼻を近づけてもわずかしか感じられませんでした  
こんな猛暑の真夏ではなくて、春と秋のバラの季節には
きっと、もっと強香で良い香りなのかも知れません・・・期待してます 
コメント (2)