気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

イワウチワ

2010年03月26日 | その他の花


昨日ついでに、雨が降ってるというのに I さんと“白花イワウチワ”を採りに行ってきました  
上の写真の真ん中上に植えました、緑の濃いのがそれです

では無く、赤の濃い花も綺麗なものです 



白花は普通花に比べて、性質が弱くて作りづらいので 
ミズゴケ単用で植えてみたものです、4~5年経っています
葉が一回り小さくなって、花も1ヶ所から2個しか付いていませんが
3個は欲しいところです 
今までは、根腐れしないように控えめにしていましたが
これからは肥料を与えて、花付きを良くしようと思っています 

コメント

カタクリ

2010年03月26日 | その他の花


庭隅でカタクリの花が、エビネの間から顔を出しています
葉に黄砂がいまだに付いたままになつているし
強風で、根元から折れてしまったものも・・・・・

昨日、魚津の I さんから“白花カタクリ”
頂いたと言うよりは、預かってきました
“白花カタクリ”は希少価値が高いので、失敗して無くならないように 
(nishi)さんを含めて3人で、分散して育てたいそうです
さてさてどうなる事か・・・・・

何年掛かって、花が見られるか分かりませんが
地植えにするわけにいかないので
さっそく、大きめの鉢に植替えてやりました 
この後1週間程してから、薄い液肥を与えようと思っています


コメント

白花のショウジョウバカマ

2010年03月23日 | その他の花



強風にあおられ、黄砂を被り、ミゾレをも被りながら綺麗に咲いています
今が色白で一番見ごろです 
日が経つと、黄色っぽくなってしまうからです 

この白花を色々調べてみたのですが
白花の品種ではなく、極一般的な普通の紫色のショウジョウバカマの白花のようです 

雌しべと雄しべはわずか黄色くなりますが、紫系の色はいっさい付きません
葉と花茎は、傷や傷み以外はすべて緑色で
外見は、紫色のショウジョウバカマと殆んど同じです 
コメント

校庭の十月桜

2010年03月17日 | その他の花
今日の十月桜です
以前よりは、沢山の花が咲いていました
寒中の花は、一重でしたが、今は八重になり一回り大きくなってます
さらに去年の12月初めと違って、ピンクが濃くなっています

これから花が4月にかけて、沢山の花が咲いてくるようです
小型の可愛い花を10月~4月迄ずっと咲き続けるとは、頭が下がる思いです 




ところで、下の写真はなんでしょう・・・か? 



今日の授業で作った、針金盆栽です
直径1㎜ 長さ20㎝ の盆栽用アルミ線100本を使って作ったものです

先生の指導とプリント資料を見ながら作ったのですが
なんとか見れるのは、3本だけ 
後の5本は・・・・・失格 
美しい基本樹形の勉強では・・・・・
コメント

コバイモ

2010年03月16日 | その他の花
近頃の天気は、低気圧の通過のたびに強風が吹き荒れたり
15度近くまでも気温が上がったと思えば、今夜から一転して雪が降るようです
気分の晴れない、イヤな日が続きます 

それでも、ようやく3日前からキンキマメザクラが咲き始めました 
2本の食梅もチラホラ・・・・・ 
天気が悪いので、雪割り草は花を閉じたままになってました
雪割り草は日照と気温の影響で、開いたり閉じたりします
夜になると、花は閉じてしまいます 


蘭用の小屋の中で、鉢植えのコバイモ(無点花)が無事に咲きました
去年花後に、初めて植替えてみました
そのせいか、今年はヒョロットして弱々しく、風があたると折れそうです 


内側の三枚の花弁の縁に、よく見るとギザギザの突起があるのと
下葉2枚が対生で、上葉3枚が輪生である事から 
北陸によくある種類で“コシノコバイモ”のようです

下の写真は、同時に採ってきたコバイモ(普通花)ですが
ほったらかしで、水不足なのか?栄養不足なのか?・・・1枚葉のままです 
今年からは葉の有る間に、肥料を与える事にしました

コメント

キクザキイチゲ(菊咲き一華)

2010年03月12日 | その他の花




今朝も庭隅に9日に降った雪が解けないで、まだ残っていましたが
日中の強風と気温の上昇で、全て消え去ってしまいました 

今回の雪の前に一輪咲いていた、キクザキイチゲを覗いてみました
下の写真がその一輪で、雪や風で傷んでしまっています 
他に蕾を含めて、3輪の花が付いていました

他のついでに、山から採ってきて
エビネの間に植えたのが、はるか以前の事でして
いつだったか、忘れてしまいました
山野で群生しているのをよく見かけますが、綺麗なものです
青色も植えたはずですが、咲いてるのが白色ばかり・・・ 



雪割り草はずいぶん咲いてきて、にぎやかに
庭の黒松の下で春蘭が咲いて、良い香りが漂っています  
山採りのキンキマメザクラも蕾が膨らんで、ピンク色が見え始めて 
これから順次、春の草花が咲いてくるのですが・・・
週刊天気予報では、雪ダルマが並んでいます・・・イヤですネ~(*_*)
しかも、登校日ではないですか 
車のタイヤ交換は、まだ先のようですネ
コメント (2)

東洋蘭展示会

2010年03月06日 | 春蘭
(nishi)さんに誘われて、今日から市民プラザで開催された
東洋蘭の展示会に行ってきました
元の勤め先のさんとさんも来られて
展示品を見るより、お茶の時間が長かったような・・・

失敬だと、言われるかも知れませんが
自分なりに、綺麗だとか珍しいとか思えた展示品を無許可で紹介します

“小春” 平成13年に登録された新花、千葉県産
コンパクトで全体的にバランスも良く、申し分の無い一品に思える


“煌星” 平成に入ってから発表された未登録品、鹿児島産?熊本産?
整然とした花型と黄色の色あいに貴賓が漂っています
4本の立ては、展示品として問題ですは・・・


“剣陽蝶” 中国奥地蘭・蓮弁蘭?の蝶咲き
東洋蘭としては綺麗過ぎて、洋蘭のようです


“貴娘” 平成6年登録、茨城県産、黄花準素心(形変わり)
花茎の伸びが不足気味?他は申し分の無い、二芸品


“女雛” 花が大きくて、イイナァ~


“紅明” 赤の発色が良いが、この一品も4本立てに・・・トホホ


“富貴の光” 花形も色も良過ぎて、面白味が無いような


今回の展示会で感じた事は
誰が作っても、良く発色する品種が多かったようです
綺麗で派手な東洋蘭ばかりで
ワビサビの世界から、どんどん離れていくような気がしました
4と9を避けるのは、日本の古来からの盆栽や庭の基本だと信じていますが・・・
好まれるのが、1と3と5と7の奇数と末広がりの8では・・・
コメント (2)

春蘭 H22の初花(玉英)

2010年03月02日 | 春蘭



二日程前から咲き始めた、玉英です 
花茎はこれから伸び上がり、花色もまだまだ良くなってくれるはずですが

花色はイマイチ 
去年に花芽が出てから、アルミキャプを掛けるのが遅れたせいでしょう 

10鉢程の花物春蘭で、花芽が出たのは3鉢だけ
根腐れが回復するのに、後何年掛かるのでしょうか  
歳を取ると、後何年が貴重で長いものに思えてしまいます・・・
コメント (2)