気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

実生のキンキマメザクラ

2017年03月25日 | その他の花
                      

 5年前に、キンキマメザクラの鉢植の下に落ちたサクランボが数本発芽してきたので
 試しに3本小鉢に採り、翌年には葉が小さく元気そうな1本に選別し育てたものです
 去年の秋には、待望の花芽が確認出来て・・・・・ワクワク 

 親木より数日早く開花、蕾がもう少し付いていますがパラパラ状態で寂しい・・・実生の初花ですから 
 花色は親より白っぽく、花形や大きさ(2㎝程)は同じだと思います
 花後に切り詰めて、高さ50㎝を30㎝程にリセットしてやろうと思っています
 春から秋迄新芽が伸び葉が展開するたびに、葉を1枚2枚残したピンチを繰り返して
 翌春には、よりコンパクトなサイズで最多くの花を咲かせたいものです 



                

 玄関脇のヤゴ(ひこばえ)を育てた木は、八分咲き
 明らかに実生の木より濃いピンクで、花数が多く付いています

 同じ年に、八重紅枝垂れ(仙台枝垂れ桜)の周りから発芽した実生苗も3本採取して
 これも葉の一番細長いのを1本選別して、現在60㎝程になっています
 残念ながら花無しで、後何年で花が咲くやら分かったものではありません
 それでも、枝は下を向いて垂れ下がる性質は親木と同じなので
 何時かは、八重の枝垂れ桜が咲いてくれると・・・・・



     

 去年採取した、覆輪花と期待のカタクリ
 開花状態になったのに最近の寒さで、半開きか閉じた姿にしかならない
 ピンと花弁を上に跳ね上げた姿を見る事無く、花の時期が終わりそうです
 未だ暫くは、天候が悪く寒そうですから期待薄 

 肝心の覆輪は未完成、花弁の先付近に色がモヤモヤと付いてしまった
 裏側のハッキリとした覆輪が、表には出てくれませんでした
 去年の山での姿の様には、覆輪が決まらず
 だけど数年は作り続け、花の確認をしたいと考えています




            

 コシノコバイモは終盤に近付き、花が汚れた感じになってしまいました
 急きょの思い付きで四五日前に、大小ゴチャ混ぜになっていたのを別々に植え込んでみました
 横に並べると、大きさの違いがよく分かります
 小形のは花の出始めは赤か桃色をしていて綺麗ですが、今の様に日が経つと汚れた花になってしまいます
 来年花が綺麗な時に、UP出来ればと思います 

              

 雪割草・カタクリ・キクザキイチゲの開花のこの時期に、低温状態の日が長く続き
 真面に開花してくれません、アァ~アァ~今日も駄目か 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 春蘭 (玉英・女雛・万寿・大虹) | トップ | 庭の春 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
覆輪花 (nishi)
2017-03-27 16:36:54
カタクリの覆輪花はすごいですね、自身の採取ですか? 山での写真を見てなおビックリ、大珍品と思いました。

私には山野草が向いていないのかキクザキイチゲもカタクリもイワウチワも庭から消えてしまいました。ただ紫の雪割草だけがすごく元気なのが救いです。山野草より山菜採りに向いているのでしょう。

相変わらず寒い日が続いていますね、mocoさんの5花付いた大虹を見てウ~ンいいなあ・・・私の10年ぶりに花が付いた大虹は花芽3cm程、12月から伸びていません、活力剤やメネデールを与えても動かず、こうなったら咲くと信じて見守るしかありません。
カタクリ (mooco)
2017-03-29 20:47:56
山での姿の様のには、綺麗に咲いてくれませんでした。マア・・・そんなもんです。
良チャンのカタクリは、分球して以来元気が無くなり、今年は大きな一枚葉です。来年はどうでしょう。
去年は鉢植のカタクリ全部元気が無くなり、今年は幾分回復したので一安心しています。

残念ながら、大虹3㎝では駄目かもしれませんね。こちらの大虹は、葉上に出たのもあります。

コメントを投稿

その他の花」カテゴリの最新記事