気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

軍旗(中国春蘭)H22新仔

2010年10月01日 | 春蘭
今年は努力の結果、大成功
2本揃って、それなりの上柄になってくれました
この軍旗を栽培して、自己満足出来たのが今回だけです 



濃紺覆輪の内側に、細い雪白縞が並行して無数に流れる
他では見れない美しさである 


努力の結果なのか たまたま偶然なのか 正直言って分かりませんが
去年、来年こそは2本揃えて良い縞にしようと・・・
そうは言っても、気を付けたのは肥料だけです
肥料を全くやらない訳では無く、濃度と時期を考えて
良い縞柄が出して、木も大きくしたいのです 
学校で教わったオリジナルEM菌も与えてみましたが
縞柄出しには特別悪い影響はないようで、元気に大きく成長してくれました

 オリジナルEM菌(微生物液肥)を使用してみて
室内の鉢植から、地植えの草木までほとんど全てにEM菌を与えてみました
EM菌自体が肥料生成してくれるようですが、肥料を混ぜて与えました
確かに色艶が良くなり、元気が出たように思えます
有機無機関係無く肥料効果が上がってくれるようです
他の効果として、土の泥やカビくさい臭いが消えます
室内の鉢植で確認したら、不思議くらい悪臭が消えてしまいました 
これから後確認したいのは、キウイーフルーツの味がどうなるかです
良くない効果として、気付いたことは一つだけ 
植物の繊維質が分解されるので、腐葉土・ピートモス・古い腐った根などが解けたのが原因なのか
水はけが悪くなった鉢物が出てきました、ブルーベリー3鉢・クレマチス4鉢・モミジ2鉢

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 山取り縞(春蘭)H22新仔 | トップ | 大文字草のH22初花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お誘い (nishi)
2010-10-09 22:40:06
 「軍旗」良いですね、優れた日本刀の刃文みたいで、冷たく鋭く感じます。私には絶対できません。
 話は変わりますが、この季節になると平成6年に熊野速玉神社で見た寒蘭展示会を思い出します。「紅鷲」と言う紅花がすばらしく豊雪が完全に脇役でした。神社の境内に入った途端寒蘭の香りがして...生きているうちにもう一度と思うこの頃です。(ちと大げさかな)
 毎年、11月20日頃に行われますが、日程に余裕があれば行ってきませんか。気の合う友人を誘っても良いですし。(無理は言いません、休みが取れれば考えてみてください)


(nishi) さんへ (moco1187)
2010-10-10 21:35:11
「紅鷲」の印象が余程のものだったのだろうと、想像されます。11月の16~17日は京都方面の県外研修の予定でして、続けて出かけるのは、キツイ感じがしますが、20~21日の土日ならば、大丈夫だろうと思います。
我が家の寒蘭は、体力を回復させるために、花芽は全部摘み取ってしまいました。来年には花を咲かせられる予定ですが・・・!

コメントを投稿

春蘭」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事