気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

寒冬

2018年01月30日 | その他
 この頃の寒さや雪で、犬の散歩もままならない有様 

 寒波や大雪は、2月が多いそうですから

 後2~3週間は、寒さや雪とお付き合いしなければならないようです・・・



             

 寒蘭と春蘭の冬越しで、去年まで暖房した事は一度もなかったのですが

 最低温度氷点下4℃5℃が続き、真冬日の夕方の室温が1.2℃迄下がってしまい 

 朝方には凍り付いてしまうのではないかと心配になり、暖房する事にしました 

 寒蘭を凍らせては、何かしらの問題が発生しそうですから・・・

 暖房は、総和の温風器SF-193A(200w)を5℃に設定して使いました

 室内で凍らせないだけですから、4~5℃を保って十分に働いてくれました 

 気温が上がってきたので昨日取り外してしまいました、一時的な急場しのぎでしたから


 数少ない15鉢の寒蘭と14鉢の春蘭の冬越しは、今のところ順調な感じです 

 春蘭の蕾の膨らみを、そろそろ確認しなければと思いつつ

 寒い日が続いているので、1月になってから一度も見ていません 



             

 去年の春に70鉢に減らしたものの、74鉢に増えてしまった富貴蘭

 更に増えないようにと・・・グッと我慢です 

 僅かしかないサボテンも同居させて、6~8℃で越冬中

 自分では適温と考えていますが、ジワジワと皺を引いてきています

 一番に皺を引き易く回復も早いのが西出系のようで、休眠期の状態の確認する基準にしています


 富貴蘭も暖房には、総和の温風器SF-193Aを2台並べて使っています

 買った時は高いナァ~と思ったのですが、5~35℃のサーモスタット付きで値段に合った高性能です

 高さ12㎝・長さ17㎝・幅7㎝と小形軽量で吊り下げ使用可能

 去年の年暮に、故障時の予備機を1台買おうとしたら・・・廃版となり販売はゼロ

 何とかオークションサイトで、中古を1台見つけ手に入れました 

 その中古品の予備機を、寒蘭の暖房で使ってみた訳です

 何時かは、代替機が出て欲しいものです・・・

            
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 松竹梅の鉢植 | トップ | 春蘭 (玉英) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事