気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

イチジク

2009年09月08日 | その他

食べた事の無い種類のイチジクを、食味したくて
4年前から作っている、大鉢のドーフィン以外は
主にネットショプで、カタログだけを参考にして去年買ったものです
去年の秋に送られてきて直ぐに、八号の素焼き鉢に植え込み
外の蘭小屋で冬越しさせてから、春3月に日向に並べた時の写真です
コンパクトに育てようと、出来る限りに短く切り詰めました


新芽が伸び出してからは、日当たりの良い今の場所に移動させました
木が伸びるに従って、水切れするようになったので
鉢皿に水を溜めて、とにかく水切れしないように対処しました
根腐れを防ぐ為に、鉢のカケラを敷いて浮かせてあります
しだいに鉢底の穴から、根を伸ばしてくるので大丈夫です
カリ分の多い薄め肥料から始めて、成長と伴に段々と濃くして与え続けました
2本立てにし、支柱をして風対策もしました

 (アーティナ)


一番早く熟したアーティナ(糖度25度)重さ30g前後で一口サイズ
中まで薄黄緑色で、さっぱりしたさわやかな甘さでした、皮も薄くて一緒に食べられました
何個でも、食べたくなる様な美味さでした

 (ロンドボーテックス)


こちらは、さらに小形のロンドボーテックス(糖度30度)重さ23gでした
見た通りのネットリした濃い激甘で、皮が薄く、皮とも食べれました
濃縮された蜜入りジャムのようで、子供のおやつになりそうです

 (ゼブラスィート)


縞模様で観賞用のゼブラスィート(糖度15度)重さ40gでした
味の期待はしてなかったけれど、癖が無くてイチジクらしい美味しさでした
カタログでは、熟すと縞模様が消えるとなってましたが
ご覧の通り、薄くはなったけれども消えませんでした

 (ドーフィン)


以前から作っているドーフィン(秋果糖度20度)重さ61gでした
見てくれは良いのですが、中身が傷んでいました
中心部が茶色くなり、腐り掛けてる感じです、原因は不明です


果頂部にサージカルテープを貼って、アザミウマ類の侵入を防いだつもりが
やり方が悪くて、失敗したのかもしれません
肥料のせいか、病気か、根腐れか・・・・良く分かりません
自分の手に合わないようならば・・・絞めようか思ったりします

尚、写真の小皿の直径は、11cm
重さは実測したもの、糖度はカタログから使用しました
まだ熟してないのがサルタン(糖度30度)だけです、一番多く実を付けています
実を付けなかったのがビオレーソリエス(糖度23度)、来年に期待です
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 圭・1才の誕生会 | トップ | 富貴蘭(朝日殿) »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アーティナ (駿)
2012-09-25 10:34:41
アーティナで検索して訪問させていただきました。
今年からイチジクを育てようと、アーティナ、サルタン、ショートブリッジを購入して、9号の素焼きの鉢に植えてあります。
9月下旬のこの時期に結実しておりどうしようかと思案中ですが。
来年にはカドタも届く予定で、こちらのように大量に鉢で育てている様子を拝見して参考にさせていただきたいと思っております。
(駿)さんへ (moco)
2012-10-01 00:12:07
“はじめまして”
ここ暫くブログを更新していないので、新しいコメントに気付きませんでした。

台風で雨が降り続くと、どの品種でも頭部からひび割れてしまうので、雨が落ちる前にイマイチ完熟していない実も収穫してしまいました。

思案中の件について
小苗を植えた場合は、1年目には摘果した方が来年からの成果に期待できると分かっていても、実が付くと食べてみたくなってしまうのが心情です。
そんな時には、一番大きいのを1個だけ残して摘果するのも一策。

今年は猛暑で、水遣りが大変でした。
水枯れが一番の天敵ということで、朝昼夕方と3度も遣っていました。

ゼブラスイートは強健なようでして、木が成長し過ぎて実付きが悪く、新芽を摘むんで成長を止めてやると実が動いて大きくなってくれますが、他の品種より実数が少ないので今年で最後にする予定です。
替わりに来年からの為に、新しく「グリス・ドウ・セントジーン」という品種を買いました。
間違いなく実付きは良いようですが、生まれがどこなのか糖度は重さは等という正体が不明のままです。ネット検索でも分かりませんでした。
販売店の札には糖度30度以上となっていたので買ったのですが、それも当てになるのかならないのか疑問に思えてきました。
実が付いたので2個残してありますが、かなり小さいので食べれるようになってくれるかどうかは疑問だと思っています。
なんとか完熟したら、ブログに載せたいのですが・・・・・
来年にならないと結果は期待できないようです。

なるほど・・・ (駿)
2012-10-19 16:58:23
摘果ですか・・・・
とりあえず大量に付いていた実の大半は取って5つにして
様子見しています。
いま、アーティナに5つ ショートブリッジに2つ
サルタンに1つ 結実していてピンポン球くらいになっています。
暖かい静岡で日当たりの良い場所に移動させたので
食べられるまでになってくれれば良いのですが・・・・
なんと言っても嫁が楽しみにしています(苦笑)
いろむ (moco)
2012-10-20 00:14:01
ピンポン球の大きさになっていれば、100%いろむでしょう。“いろむ”とは、こちら富山、長野、岐阜、愛知の方言で熟す事です。
静岡は暖かくて、うらやましいですネ。
こちらは春が遅いので早く芽を伸ばす為に、ビニールで覆ったりと余計な努力が必要です。
Unknown (puzzley)
2012-12-11 19:22:37
綺麗に育てていますね、参考になります。
(puzzley)さんへ (moco)
2012-12-11 23:43:17
思いつきも含めて、いろいろと手を尽して育てていますが、参考になると思ってもらえて光栄です。
気まぐれで飽きっぽい性格なので、何でも育ててみるものの、継続することに努力しているのが現状です。
去年ぶりです。 (駿)
2013-04-06 19:37:32
去年の実は結局食べられずでした。
今年は既に葉も展開し夏果も大量に出ていたのですが
2個を残して摘果しました。
他にショートブリッジ、サルタンも育てていて
同様に2個を残して摘果しました。
夏果は大きくても味がいまいちとか・・・・
初めてですので話の種で食べてみたいなぁと^^
メインは秋果ですので上手く育てないと。
 (moco)
2013-04-08 00:09:56
イチジクに限らず、実物は食べてナンボです。特に初果は、ワクワクものです。パクリと食べるその瞬間に、それまでの期待が成果に変わってしまいます。今年の初果の期待が掛かっているのが、「グリス・ドウ・セントジーン」です。

こちらのイチジクの今の現状は、頭からビニールのゴミ出しブクロを被せて、芽出しの真っ最中です。やっと小さな芽が動き出してきたところです。毎年強剪定するので、早く芽を出して、確実に実が熟すようにと思って、そのようにしています。それで夏果は生ったことがありません。

去年の年暮に、植え替えを予定していたのですが、冬の到来が早過ぎたので中止してしまいました。3年間植替えしていないのが、今年どのようになるかと不安を感じています。
キウイ 紅美人 (駿)
2018-10-15 18:54:24
超お久しぶりです。
ここ 見て戴けるかわかりませんが
紅美人のその後です。
何年か前から結実はするようになりましたが
味がいまいちで、呆けたような味・・・
酸味も甘みもイマイチで、伐採しようか?とも
思いましたが、一昨年から少しずつ
美味しくなってきました。
去年は、かなり美味しくて ブドウの巨峰のような
酸味と甘みの感じです。
今年は、より美味しくなり、大きさも少しずつ
大きくなってきました。
まだまだ、市販の物には大きさは遠く及びません。
が、味では完全に勝っています。
摘果が失敗したようで、来年は今年の半分まで
摘果しようと思っています。
ご報告をさせて戴きますね^^
紅美人 (moco)
2018-10-15 21:46:10
本当に久しぶりです

こちらも去年、試しに摘果しないで生らせたところ、元々小形の実が更に小さくなってしまいました。
とても甘くて味は変わらなかったけれども、小さいので半分に切って、スプーンで食べたりしてました。
数が生れば、良いというものでもないですね。

収穫は、初霜の直前と決めています。
追熟は、NHKで見た1個か2個潰して一緒にビニール袋に入れる方法でやっています。リンゴは使っていません。

話変わって、「紅妃」を去年接ぎ木して今年12個実が付いて、ワクワクしていたのですが、猛暑のさなかに枯れてしまいました。
種木も枯れてしまったので、「かいよう病」でないかと気になって、きれいに処分しました。
枯れた本当の原因は分かりませんが、紅美人に影響が出ないように祈るばかりです。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事