気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

ウチョウラン no,4

2018年06月26日 | 羽蝶蘭
 今回で、今年最後のウチョウランになります

 花が1個2個と縮みだしたら、切り落として終了ですから

 今日玄関に並んでいるのが15鉢で、アッと言う間に終わりに近付きました 


 最近の派手なものは嫌いで、自分好みの昔ながらの花ばかりです 

 沢山作るのは、手が掛かって大変ですから

 このまま無理しない程度の鉢数で、栽培を続けていこうと考えています




                

 舌の濃い仁王系の出始めたに、型崩れしないものを選びました

 今になってみれば、そんなに色濃くは無く

 仁王系としては小形で白覆輪花の様に見えて、可愛らしい花です 




                

 名のある花で、桃色無点花のマキノオです

 小形ながら桃色で無点ですから、上品さを感じます

 小さなウサギが、集結しているかのようにも見えます 





               

 薄い色ながら、赤仁王です

 大き目の花ですが、最後まで舌が変形しないのが良いところ 




               

 実生の中から見つけた、舌の縁が不規則に変形する無点花

 花色から見ると虹系ですが、親は分かりません

 春の新芽は真黄色の幽霊のように出て、葉が展開してから徐々に艶のある散り斑に変化します 

 近頃では上部の葉が、白覆輪の様な散り斑になっています

 一見するとバイラス模様にも見えたりして、作り始めの頃は心配したこともありました 




               

 大きな花で一番最後に開花する、名はヨウシュンです

 古風な花色で、親しみ易さがあります 




               

 丸みのある標準的な小形の白花、前回の白花の片親

 昔勤めていた時に、同僚から小苗を頂いたものです 

 茎も葉も細くて弱々しく20年以上は経ってると思うのですが、成長が遅くてこんな状態です 





 2年前から挑戦し始めた、黄花の3鉢です

              

 開花してから、舌が反り返って・・・これは駄目だ 

 手に入れた時は黄色が濃かったのに、一作したら薄くなってしまった・・・ボツでしょうか  



               


 去年の花で選別して、現在3本

 一番下で咲いているのが、側裂片が濃い黄色で良さそう 



           

 蕾が膨れてもなかなか展開しないので、爪楊枝で広げてやったら傷が付いて茶色になった 

 3本伴に黄花と確認できる色付きは良かったけれど、成長しても花弁が自然に展開しないのであれば困ったもんだ 

 この鉢には小さな苗がまだ10本程度入っているので、数年掛けて開花してくるのを楽しめると思います    





               

 話変わって、今日ブルーベリーの3回目の収穫をしました

 3品種あって順番に熟します、未だ1鉢目ですからこれからが本番です 

 熟して甘くなったのを食べるために、1週間程は空けて収穫するように心掛けています

 困った事に、梅雨の長雨が続くと皮が割れてしまいます 



 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ウチョウラン no,3 | トップ | 富貴蘭の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

羽蝶蘭」カテゴリの最新記事