気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

春蘭 (玉英)

2018年03月07日 | 春蘭

 遅ればせながら、「玉英」が開花 

              

 今年、10個の花が咲いたのは良かったけれど

 花芽の出るのが遅くて、キャップを掛けるのが遅れてしまった2個は、緑が乗って暗く見えます 

 他の8個は明るく咲いて、自分的には上出来・・

 内側に出た2本の花茎の伸びが一番良いのは何故か・・・

 元来開花時での花茎は短くて、開花後にジワジワ伸び上がってくる品種です

 今年は開花時から長短の違いが、特に多いようです 


 他の春蘭の蕾は、まだまだ硬い

 花が咲く鉢数も少なく、例年通りの品種ばかりで変化無し 

 今年の花色はどうだろう・・・なんて、その程度が楽しみと言ったところです 





 話変わって、去年の暮からポツポツ咲き続けている「実生の桜」

 風雪や凍りつく日には玄関内に入れてやったりして、花を傷めないように気を配ってきましたが

 そろそろ最終でしょうか、花蕾も付いていますが新芽の緑色が見えてきました

 今日の花数は10個ほどで多い方です、大抵は2~3個だけでした

          




 小さな梅鉢「見驚」が咲きだしてきました

 蕾の時は赤く開くと薄いピンクになり、大きな花が特徴

 今年一作して、松竹梅の鉢植に使ってみようと考えています 

 これも遅咲き種のようですから、正月に合わせて咲かせるのが難しいように思えますが・・・

               



 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 寒冬 | トップ | 春蘭 (女雛)と(大虹) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

春蘭」カテゴリの最新記事