気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

牡丹の季節

2011年05月12日 | その他の花

今日も雨降り、気温も上がり朝は濃霧でした、まるで梅雨のようです 
せっかく咲いた[牡丹の花」が雨に打たれて、哀れな姿になってしまったものも・・・
肥料を与えて、せっかく大きく咲かせても、風雨には会えばイチコロです


「ヒロハヤブデマリ(ケナシヤブデマリ)」が綺麗に咲いています、山で咲いている野生の姿に負けてはいません 
もっとも、花の付かなかった枝をせん定して、花がよく見えるようにしてありますが・・・
野生で咲いた花は、虫に食われてボロボロなっていますから、庭で作ると傷無しで綺麗に咲いてくれます


「クロユリ」は、去年より花が多いようです
チョコチョコ肥料を与えたからですが、肥料を与えた本当の目的は、ウィルス病の確認のためです
クロユリの周りのエビネは全滅でした、全エビネの半数を処分しました・・・残念
しかし、クロユリやヒメサユリには症状が出てきません
特にヒメサユリは、ウィルス病にかかり安いはずですが、今のところ大丈夫です   
植物が活発に成長するときに、ウィルスがより活発に増殖できるそうです 
それで、成長激しい柔らかな新葉や花で増殖するために、不規則な気持ち悪い斑紋が出てくるようです
確実に確認するために、肥料を与えて成長を促した訳です
エビネだけでユリ等には罹らないウィルスのように思えます


生き残りの中で、1番綺麗に咲いた「エビネ」です  
他のエビネは、去年の猛暑のためか、花数が少ないようです
こんなエビネの姿を、いつまで見ていられるのか・・・・・ハァ
コメント