気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

トリガタハンショウヅル

2011年05月02日 | その他の花

「トリガタハンショウヅル」が四五日前から開花してきました 
春の嵐の中どうなることかと心配でしたが、なんとか無傷で済みました
ネットで検索しても、これだけ沢山の花数を付けるものとは分かりませんでした
ネット上では、同じ仲間の「ハンショウヅル」や「白花ハンショウヅル」よりは多く花を付けるので
観賞するのに適しているとだけ記載されていました




花色は、今のところ緑を含んだクリーム色です
日が経つと、もうチョット緑が抜けて、明るい色合になる感じがします
私のように控えめで目立たない花なので、花に被さった葉を10枚程切除したら 
それなりに、花が観賞できるようになりました 
花が終わった後すぐに、花の咲いた上部の節はすべて切除してしまう予定なので
不自然にならない程度に、いくら葉を採ってもかまいません
トリガタハンショウヅルの性質上、どしても上部にしか花が付かない訳ですが
出来るだけ下部にも花が咲くように、努力したいものです・・・・・

ところで、もう庭の梅にアブラムシが付いていました 
春の若葉と供に、害虫や病原菌もやってくるのが現実です
私も薬を散布するのはイヤですが、仕方なく散布するハメになってしまいます 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加