Mochy's Backgammon Today

プロプレイヤー望月の日々バックギャモン

電気通信大学にて講演を行います

2018年06月03日 | 告知
こんにちは。

下記の通り、電気通信大学にて講演を行います。
外部の方でも参加できるものらしいので、ぜひいらしてください。
バックギャモンってなんだ?てところから、AIの利用法、AIがバックギャモンにもたらした功罪、
についてお話します。

下記の概要は電気通信大学情報数理⼯学セミナーに公開されているものですが、学内アクセスに
限っているらしいので、許可を得てここに転載します。

電気通信大学情報数理⼯学セミナー
情報数理⼯学セミナーは、2012年まで開催されていた電気通信⼤学計算科学セミナーを発展的に継
承する講演会です。テーマを情報数理⼯学の諸分野にわたって選び、毎回1名の講師の⽅にお話しし
ていただきます。

2018年度
第32回セミナー
⽇時: 2018年6⽉15⽇(⾦) 16時30分〜18時00分
会場: 電気通信⼤学 ⻄4号館1階101セミナー室
講師︓望⽉正⾏⽒
タイトル︓バックギャモンにおいて⼈⼯知能が果たす役割
概要︓バックギャモンは約5000年前に誕⽣し、現在でも世界で3億⼈がプレイするボードゲームであ
る。⽇本でもかつて双六といえばバックギャモン(盤双六)のことであった。そのシンプルな⾒かけ
とは裏腹に戦略は奥が深い。ダイス(賽⼦)を使うので、運の要素がゲームプレイに強く影響を与え
る。そのため、弱いプレイヤーにも勝つチャンスがある⼀⽅で、強くなるためには確率や統計の知識
が必要となる。
バックギャモンをはじめとするボードゲームは、明確な結果を伴うゲームプレイをもたらし、⼈⼯知
能(AI)と機械学習の黎明期から実践材料として利⽤され、ニューラルネットワークの発展に⼤きく
寄与してきた。昨今、将棋や囲碁AIの発展が社会に激震を与えているが、バックギャモンAIの実⼒は
1990年代には既に⼈間を超えていた。そのため、現在、バックギャモンの世界には⼈間対AIという
構図はなく、⼈間の活動を豊かなものにするためにAIを利⽤するという構図がいち早く確⽴した。
本講演では、トッププロとして20年間戦ってきた私の経験に基づき、AIがバックギャモンの世界に与
えた影響を振り返りながら、AI の良い側⾯と悪い側⾯を紹介する。

講師略歴︓
Backgammon Master Awarding Body (BMAB) の Grandmaster、⽇本バックギャモン協会理事、
HEROZ 株式会社のグローバルアンバサダー。1979年⽣まれ。2009年の世界選⼿権優勝を⽪切りに、
世界各地の⼤会で活躍。2013年から現在まで世界ランキング(Backgammon Giants) 1位を保持。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mochy & Michyのバックギャモ... | トップ | 望月正行の予定(対局・イベ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一般の見学について (nanaho)
2018-06-12 16:51:50
こんにちは本日、総務部経理調達課管財係に問い合わせをした結果、一般の参加については以下のとおりでした。

「担当教員に確認したところ、学外の方も参加
いただくことは可能とのことですので、当日、直接会場までお越しくださるようお願いいたします。」

とのことでした。
本来であれば転載はよろしくない行為ではあるのですが業務に支障があっても困りますので記載いたします。
もし興味のある方がおりましたら見学を行ってみてはいかがでしょうか

コメントを投稿

告知」カテゴリの最新記事