経営技法を究める ; システムとデザイン

経営技法に関する雑感
エンジニアリングとマネジメントの融合
システムズ・データの創成

ビジネスにおける経済学と数学

2018-10-17 00:11:02 | 雑感
ビジネス・パーソンとして専門をきっちり究める、そんな努力って無駄じゃない、という気がしているの。やり方は色々でしょうけど、経済学と数学の基本を押さえて展開する、というのも良い、という気がしている、そんなこと。

ココイラは、意思決定の実践で使える、という次第で、特に計量分析の腕力を強めるにはとても大切。要は、データサイエンスとAIを応用するファイナンスなど・・・。もちろん、誰でも容易にできるわけじゃないでしょうけど、社会が必要としている分野でもある、ということかと。

そう言えば、学部の初期の頃から積み上げていくお勉強を大切にして、ココイラをコツコツと続けて実践に取り組む、そんな姿勢を貫くと、専門でやっていくことの実感がわかってくる、ということに。逆に理論と実践の融合が身についていないと、中途半端でどこか自信のない嫌な自分から脱却できない、場合によってはそんなことでもあって・・・。

頑張りましょう。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 実践をしっかり鑑みた教育体... | トップ | 専門で役立つ人になる »
最近の画像もっと見る

雑感」カテゴリの最新記事