経営技法を究める ; システムとデザイン

経営技法に関する雑感
エンジニアリングとマネジメントの融合
システムズ・データの創成

文学を考える、ということの意味を考察することの大切さ

2019-01-14 18:29:42 | 雑感
文学だけど、この意味を考えるのって突然やってくる、そんな感じかと。若い頃にその一撃に遭うと、その後は深みを味わいながら、どこか拒絶の気持ちも生じて、だけど、また突然考えて、というようなことを繰り返す、というのが個人的な状態。

たぶん、自分の生き方の価値と意味を探る、そんなことが文学を考えることに繋がりながらも、結局、そこからの示唆には満足できないで、そのまま不完全な状態が続いて・・・。

そう言えば、昭和という時代を文学を使ってどう考えるのか、というアタリが気になっている、そんなこと。自分の生きてきた時代の一部だけど、自分が何を背負っているのか、ということを少しばかりココイラで考えてみるのも良いかと。


頑張りましょう。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 持続の大切さ | トップ | 教養と専門 »
最近の画像もっと見る

雑感」カテゴリの最新記事