ある40代女性の生活

40代女性の生活の一例です。
よろしければ
ご感想をお聞かせください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マンボウ: 台湾の食材 専門店も 白く柔らかハンペンのよう

2010年04月04日 08時23分02秒 | 新聞
昨日の朝日新聞に、「食材 マンボウ 花蓮(台湾) 多彩に加工 とろける味」という記事がありました。

アジアの興味深い食材を紹介するコーナーです。

台湾では、マンボウをよく食べ、マンボウの体の9割以上が食材になるのだそうです。
日本では珍味の扱いですが、台湾では各地の魚市場で切り身が手に入ります。

記者の方が、台湾最大のマンボウの産地、花蓮(台湾東部)に行ってみました。

マンボウ料理専門店では、身や腸を炒めたもの、マンボウスープ、マンボウ豆腐、マンボウジュースまであります。

マンボウの皮(ゼラチン質で厚みがある)をスモークしたものを、記者の方が食べてみました。
口の中でゆっくり溶けていく食感が、おいしかったということです。
------------------------

千葉の港町でも、マンボウが取れ、身の鮮度が落ちるのが早いので地元で食べることが多いと、テレビで放送していました。

台湾には、海流に乗って5月頃やってくるので、定置網で捕えるのだそうです。
マンボウを食べるのは、台湾と日本が主だとありました。
(ウィキペディア「マンボウ」)

記事にマンボウの切り身を売っている写真がありました。
「漫波魚(マンボウ)」と手書きの札があり、ハンペンのように真っ白で柔らかそうな身でした。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

コメント   この記事についてブログを書く
« 日本経済新聞: 投資初心者 ... | トップ | ブラジル: 日本の食品進出 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新聞」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事