ルーツな日記

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします!!

FUJI ROCK FESTIVAL' 18 完全版 <Day3> を見た!

2018-09-11 00:58:26 | フジロック
フジテレビNEXTにて、9月7日(金)〜9月9日(日)の3日間、各日5時間に渡って放送された「FUJI ROCK FESTIVAL' 18 完全版」。昨晩は最終日でしたね。個人的に、最終日は被りが酷くて、見たくても見れなかったアーティストが多かったので、完全版はホント助かります。


特に印象的だったのはケイシー・マスグレイヴス! 彼女は良い声ですね〜。麗しくもモダンなカントリー・フィーリングにうっとりでしたね。ウエスタン風味な「Crazy」も良かった! さらにベン・ハワード。UKのシンガー・ソング・ライターですが、どことなくアメリカーナっぽい音響サウンドで、とても叙情的。ヘヴンでじっくり聞き入ったら最高だったでしょうね〜。あとホットハウス・フラワーズも見たかったな〜。ロック系では、ダーティー・プロジェクターズとか、ヴァンパイア・ウィークエンドも見たかった〜。

でもこの最終日は、自分にとって最高のライヴの連続でしたから、観たくても観れないライヴがあるのもやむを得ません。あらためてアンダーソン・パーク、カリ・ウチス、グリーンスカイ・ブルーグラス、チャーチスなどの映像を見て、あの日の興奮が蘇りましたね。特にグリーンスカイ・ブルーグラスは私にとっての今年のベストアクトでしたからね。画面で見ても最高でした! アンダーソン・パークの地面がバウンスしそうな盛り上がりも思い出されましたし、チャーチスも結構な曲数を放送してくれて良かった。でも私の大好きな曲「Clearest Blue」を見たかったな〜。

そして、この最終日はこの人に触れない訳にはいけません。そうです、御大ボブ・ディランです! 出たんですよ、フジロックにボブ・ディランが!! でも残念ながら、と言うか予想通り、放送はありませんでした…。これもまたボブ・ディランらしいじゃないですか。まあ、3日間のストーリーが完結しない感じはどうしてもモヤモヤしてしまいますが、こればっかりは大人の事情ですから、仕方ありませんね。

あれ?そう言えば、サーペントウィズフィートもやってない?楽しみにしてたのに〜。ま、それも仕方ないですね。


それにしても完全版、3日間に渡って15時間ですか!たっぷり堪能させて頂きました。ありがとうございました!自分がまったく体験していないフジロックがこんなにも沢山あって、自分の考える”らしい”とか”らしくない”とか全部ひっくるめたのその混沌こそがフジロックなのだと、あらためて実感させられました。


さて、来年がまた楽しみですね。日高社長は、早くもイタリアにバンドを探しに行ってるとか。次はイタリアですか!? いやホント、楽しませてくれます!




よろしければこちらもどうぞ↓

FUJI ROCK FESTIVAL' 18 完全版 <Day1> を見た!
FUJI ROCK FESTIVAL' 18 完全版 <Day2> を見た!

フジロック初日を振り返る
フジロック2日目を振り返る
フジロック最終日を振り返る

フジロック"フェスごはん" これ食べたベスト10


フジロック ベストアクト 第1位
フジロック ベストアクト 第2位
フジロック ベストアクト 後編

カーラ・トーマス @フジロック
『音楽(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« チャラン・ポ・ランタン @藝祭 | トップ | 中野サンプラザの思いで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フジロック」カテゴリの最新記事