ルーツな日記

フジロックブログが終わり、
サマソニブログと相成りますがどうぞ宜しく。
サマソニの雰囲気を現地よりお届けいたします!

@ZEPP東京

2010-03-24 17:46:25 | ルーツ・ロック
今日は待ちに待ったボブ・ディランです。先程グッズ売場でチロルチョコを買って、今目の前のファーストキッチンで開場待ちです。整理番号は千番台なので、ゆっくりじっくり観るつもりです。楽しみ!


帰宅後追記:

整理番号が千番台でも思ったより前のほうで見れました。ボブ・ディランをこんなに近くで、観れるなんて! 感無量でしたね。生ディランは神のようでも悪魔のようでもある驚異的な歌声でした。ノリノリでキーボードを弾く姿も印象的でしたね。バックの演奏も今のボブ・ディランらしいスウィング感があって素敵でした。そして選曲については、あの曲を演って欲しかった!とか欲を言ったらキリがないですが、レアな曲もあったりで、かなり楽しめました。個人的には「Desolation Row」ですね。高揚感抜群のボブの歌声が素晴らしかった! あとはまさかのスロー・アレンジによる「Mr. Tambourine Man」。それと最新作の中でも特に好きな「If You Ever Go To Houston」も嬉しかった。でもやっぱり、なんだかんだで「Like A Rolling Stone」ですね。若い頃のようなとんがった歌い方ではありませんが、落ち着いた歌唱の中にも会場を巻き込むエネルギーが横溢しているような、現在のディランならではの境地を感じる濃密さでした。

書きたいことはまだありますが、詳しくはまた後日。ネタバレになってしまうので、ZEPPツアーが終了したらアップしようかと思っています。

ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« マリア・マルダー & ダン・... | トップ | マーヴァ・ライトが… »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
貴重な体験 (スライ)
2010-03-26 21:02:11
なんだか、歴史の目撃者になった気分がしました。

とても貴重な体験をさせていただきました。

ありがとうございます! (moccho)
2010-03-27 13:03:26
スライさん、コメントありがとうございます!

まさに歴史の目撃者ですよね~。
もう瞬きするのがもったいないぐらいでした。
名古屋も盛り上がったでしょうね。

コメントを投稿

ルーツ・ロック」カテゴリの最新記事