mo-diary

酔生夢死ってわけでもないけれど、、、日々雑感

ブルーベリー色付く

2017年06月30日 | ガーデニング・庭いじり

後ろ髪を引かれる思いで妻にお世話を託してきた鉢植えたち。

「水やってくれた?」とLINEするのが朝の日課になりそうです。

今のところ、梅雨にも救われているようですが、水をやってくれているようです。

 

がんばる妻からブルーベリーが色付いたと写メが送られてきました。

ネットハウスも健在のようですので、今年は鳥害の心配無用。

ベストなタイミングで収穫してください。

 

ミニトマト、柿もどうぞよろしく。

コメント

「五島アジ」と「糸島豚」

2017年06月29日 | お酒と美味しいもの

明日で一週間。

早いです。

日々お世話になっている方々と軽く行ってきました。

 

先週までの東京の職場のみなさんが見たら何か言いそうですが、このアジ、最高です。

「五島アジ」って言います。

関アジよりも美味しいという評判もある、五島列島のアジ。

多分40cm強のサイズだと思います。

ご存知の通り、九州はちょっと甘めの刺身醤油ですが、これがアジの締まった身の甘みとベストマッチ。

地の物は地の物でいただく、当たり前のことですが、豊かさを感じます。

最近注目エリアの糸島半島の「糸島豚」のトンカツ。

激ウマです。

今度晩御飯にこれだけ食べに来ようかな。

おまかせのあら煮。

ほかにも、ごまさば、野菜、キスの天ぷらなどもいただきましたが、何を食べても美味しい。

九州の豊かさを満喫した一夕でした。

ごちそうさまでした。

 

こちらもいよいよ盛り上がってきていますよぉ。

ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

お祭りのことをこんなに真剣に勉強したのは初めてです。(笑)

コメント

「寿久」

2017年06月27日 | お酒と美味しいもの

バタバタしていてなかなかお会いできなかったNBTさんに廊下で偶然会えました。

OGSさんとはオフィスで一瞬会えましたし、食堂自家製パンをぶら下げたはやちゃんともエレベーターホールで会えました。

帰ってきました!

 

ということで、きっと遠くないうちに行くであろうココを偵察しておきました。

当時、その日仕事でいいことがあった時にだけ注文していた玉子入りの豆腐の煮込み。

懐かしい味は変わっていませんでした。

 

その時を楽しみにしています!

コメント (4)

福岡散策(博多入り2日目)

2017年06月26日 | まち歩き

日曜日、雨が上がりました。

土曜日は博多の中心をぶらぶらしましたが、日曜日はちょっと西方面に行ってみます。

博物館で勉強したのですが、その昔、博多と福岡は別エリアとして区別されていたそうです。

今日は「福岡」の散策です。

 

朝ごはんはホテルにて。

ブッフェかここの定食か、2つから選びます。

今日はここで。

(あの「磯貝」の姉妹店?)

4種類あり。

全部美味しそうなので、まずは左上の「長浜市場直送 鯛茶漬け膳」を。

うまいっす。レベルが高い。

これは毎朝が楽しみ。

 

さて、スタートは博多駅から。

地下鉄で大濠公園へ。

15年前と変わらない景色。

(さすがにスワンは代替わりしていると思いますが。)

大濠公園から唐人町へ。

この商店街がお目当てです。

日曜日ということもあり閉まっているお店の方が多い気がしますが、1店、行列が。

「高級『生』食パン 乃が美」というパン屋さん。

もう1店、気になるお店あり。

「おいしい氷屋」というかき氷のお店。(まだ準備中でした。)

食パンはともかく、かき氷屋さんには今度来て見よう。

 

西新方面に歩いて行くと、15年前にはなかったと思うのですが、こんなことになっています。

西新の「脇山口」あたりからシーサイド百道あたりまでが「サザエさん通り」になっていました。

由来は、長谷川町子さんが百道浜を散歩しながら「サザエさん」を発案した、ということらしい。

 

私の目当てはサザエさん通りではなく、「福岡市博物館」。

ここでちょっと博多・福岡の歴史を勉強しよう、ということです。

(あの国宝「金印」があります。)

¥200という安さですが、歴史を勉強するには十分過ぎるコンテンツ。

15年前に来たかどうか覚えていませんが、ここはおススメです。

すぐ近くの「福岡市総合図書館」。

(15年前も時々来ていました。)

少し中に入ってみましたが、変わらない充実ぶりです。

大いに利用させていただいたいと思います。

で、「福岡タワー」。

(注射器をイメージしていることは有名な話。)

今日のもうひとつの目的は「海を見る」。

福岡タワーをスルーして海浜公園へ。

ライフセーバーの競技の大会をやっているようです。

能古島も曇天でかすんでいます。

能古島の「かもめ食堂」はまだ健在だろうか。

 

引き返します。

西新まで戻って、「西新商店街」をチェック。

「リヤカー部隊」は出ていませんでしたが、昔とそんなに変わっていない印象でした。

商店街で何か食べようと思ったのですが、結局、西新の「やよい軒」で遅めのランチ。

この「厚切りカルビ焼肉定食」が結構うまい。

ご飯をおかわりしてしまいました。

 

さて、この土曜日・日曜日であちこち歩いてみました。

どんな博多・福岡ライフになるか分かりませんが、ワクワク感を十分味わえたスタート2日間でした。

 

月曜日から楽しくやっていきたいと思います。

みなさん、お世話になります!

コメント

博多入り〔夜の部〕 / 「ぢどり屋」→「桃園」→「おむすび村」

2017年06月25日 | お酒と美味しいもの

夕刻、雨はますます強くなってきました。

温泉で昼の疲れがすっかり取れ、さっぱりした気分で待ち合わせ場所へ。

東京でお世話になった方から、「博多の『おむすび村』に行ってください、塩サバのおむすび最高ですよ!」と大推薦いただいていましたので、最後は「おむすび村」に行こうと思っています。

 

その前に、せっかくなので軽く飲もうということで。

中洲の「ぢどり屋」。

月曜日からお世話になる方々に連れて来てもらいました。

もも焼きは柚子胡椒とポン酢で、タタキはにんにく醤油で。

料理の写メをすっかり忘れていましたが、食欲のそそる鳥焼です。

 

「から揚げを食べたいなぁ」という話題になったので、「それならうまい手羽先を」ということで、次のお店へ。

「桃園」。

中華料理全般があるようですが、連れて来ていただいた方曰く、「いつも〆で来て手羽先しか食べません」とのこと。

で、手羽先。

これは美味しい。

ビールやハイボールが抜群に合いますので、いくらでも食べられます。

最後の「塩サバおむすび」に腹を空けておかないといけないので、ほどほどに。

 

そして、来ました、「おむすび村」。

思っていたイメージと全然違いました。

おでんなどをいただきながら、いよいよおむすびへ。

塩サバ×人数分。

2セット目、好きな具材×人数分。

私は2セット目も塩サバにしました。

サバのうまさ、おにぎりの絶妙な握り具合、これは確かにうまい!

最後の最後は味噌汁で〆ました。

私は五島うどんの味噌汁。

ちょっと甘めの味噌がうどんに合います。

「おむすび村」、場所を覚えてまた来たいと思います。

 

もちろん、大推薦してくれた方にLINEでご報告。

「美味しいです!」

いいお店を教えていただいて、ありがとうございます!

そして、雨が強くなる中、土曜日の夜にお付き合いただいたみなさん、ありがとうございます!

コメント

博多入り〔昼の部〕 / 「吉塚うなぎ屋」

2017年06月25日 | まち歩き

土曜日午前11時前に博多に入りました。

失効しそうなグリーンポイントがあったので新大阪から博多までグリーン車。超快適。

約一週間滞在するホテルにスーツケースを預けて、ざっくり計画していたまち歩きへ。

 

まずは「博多の地を踏ませていただきました」ということで「櫛田神社」へお参り。

7月中旬の「博多祇園山笠」の準備が急ピッチで進んでいました。

山の格納庫。

(でかい。)

こちらは新天町の山ですが、まさに組み立て中。

「お昼はここで」と決めていた「吉塚うなぎ屋」へ。

(山笠の中州流の衆の寄り合いがあるもよう。)

12時までまだ少しありましたが、45分待ちの混雑。

タモリが「日本一美味しいうなぎ屋」とテレビで言ったためでしょうか。

雨模様で蒸し暑かったので、店内の階段で待つことにしました。

予定よりも10分以上早く入れました。

「素焼き」。

いわゆる白焼きですが、激ウマです。

わさびが大量に添えられているのですが、たっぷりつけても鼻を刺すようなツーン感はありません。

本わさびがうなぎの脂っこさを程良く軽やかにして、いくらでもいただけます。

関東のうなぎと違うのは、皮がパリパリで身がふっくら。

タモリの評価もうなずけます。

ちょっと値は張りますが、ご訪問の際は「素焼き」は注文必須です。

立派な器で登場します。

名物、売り切れ御免の「きも焼き」。

もちろん美味しいです。「素焼き」の感動の後の登場だったのでちょっと不利ですが。(笑)

そして「うな重」。

「素焼き」、「きも焼き」、「うな重」を注文したので、店員さんに「多いですけど大丈夫ですか?」と聞かれました。(笑)

ということで、「うな重」は特上とかではなく“並”にしておきました。(枚数の差のようです。)

こちらも皮がパリパリ、実はふっくら。

タレは九州らしく甘めです。

大きなお皿に入れられたタレは、うなぎをつけて食べても良し、ご飯にかけても良し。

たらふくうなぎを食してお代は¥6900也。

東京や名古屋のうなぎの高騰を考えれば安いのではないでしょうか。

ごちそうさまでした。

 

さて、腹ごなしのため、天神までぶらぶら。

途中、東京銀座の佐賀牛のお店の博多店を発見。

(川向うの黒いキューブ。)

曇天の那珂川。

(那珂川クルーズというのがあるらしい。)

反対側に少し歩くと、雨にかすむ「博多ポートタワー」が見えます。

大名、天神あたりをぶらぶら。

ここでもお参り。「警固神社」。

この一角もちゃんと現状確認。

(15年前とここだけが変わらないような、、、。)

天神駅前の公園。

最近博多駅前(博多口)に集客を押され気味とのことですが、ちょっと分かる気がします。

このあたりはまたゆっくりと。

 

このあと岩田屋さんの本屋「リブロ」で九州関連の本(といっても旅行関係)を物色。

なにやら糸島半島がおしゃれになっているらしい、、、びっくり。(すみません。)

 

15時になったのでホテルにチェックイン。

温泉にゆっくり浸かって〔夜の部〕にそなえます。

やっぱり博多は最高です。

コメント

出発(新しい日々)

2017年06月23日 | 会社・仕事のこと

6月23日金曜日。

昨日は卒業の日、今日は出発の日です。

何とか準備も整いました。

新しい日々のスタートです。

 

このブログですが、これからも続けたいと思います。

九州でのあれこれを感じるままにアップしますので、またお立ち寄りください。

では行ってきます。

コメント

卒業(最終日)

2017年06月22日 | 会社・仕事のこと

6月22日木曜日。

“卒業”しました。

サプライズがありました。

同じく卒業する相棒さんとともに、同僚のみなさんから「感謝状」をいただきました。

(右が私。)

心に響く文面を紹介したいところですが、いろんな意味でばれてしまうのでご勘弁を。

 

最後はフロア全体の方々の拍手とお見送りで退社。

本当にありがとうございました!

これまでの感謝とともに、これからもどうぞよろしくお願いします!

コメント

荒天とヘパリーゼ最後の1本

2017年06月21日 | ガーデニング・庭いじり

水曜日。

明日が“最終日”です。

 

通勤時間帯は小雨程度だったお天気も日中には荒天に。

妻から「悲しいお知らせ」のラインが。

強過ぎる風雨で鉢物がぶっ倒れています。

 

一方、今晩は転勤前の最後の宴席。

ヘパリーゼもいよいよ最後の一本となりました。

西麻布でしっぽりと飲んで、帰宅した後、鉢物を全てリカバリー。

 

いつもなら“バタンキュー”ですが、明日が最後の日かと思うと、ちょっと感慨深いものがあります。

みなさま、本当にお世話になりました。

心から御礼申し上げます。

 

明日の晩は妻の手料理で晩酌といきます。

コメント

“最後の”週末(ぬかりはないか?)

2017年06月19日 | 会社・仕事のこと

日曜日。

泣いても笑っても(おおげさか)、最後の週末です。

約一週間のホテル住まいの用意、6月下旬の引越しの準備、この2つにぬかりはないか?

家を出てみないと分からないですね。(笑)

 

最後の週末にやることはいろいろ。

食べたい物を食べる。

(どうしてもこの店のメンチカツ定食が食べたくなった。)

新しい赴任地でのゴルフライフにそなえて新しいグローブを購入。

(同僚のKSGプロに良品を教えていただきました。)

あとはここで鍛錬を積むだけか。

(積まないかも。)

更に、玄界灘での釣りライフに胸を躍らせて、ひろぽんさんたちから贈られたリールに合わせる竿をネットで調べる。

(「アブ」の「オーシャンフィールド7」。)

思い出を反芻。(この日のみなさんのブログも拝読。)

新大阪にて。最高です。ちなみに“ネギ入り”ver。)

そして、「趣味」の欄に書かなかった「アニメ観賞」、CATVで「週間録画」設定していた「予約」を、泣く泣く全てキャンセル。

なかなか帰郷できないので3週間もすればディスクがオーバーフローするから、、、&赴任の決意。

(アニメと決意がトレードオフって、、、叱られますね。)

 

あとはやっぱり、庭で育てている鉢物たちの行く末。

もう一度妻にお願いしておこう。

コメント