mo-diary

酔生夢死ってわけでもないけれど、、、日々雑感

都市対抗野球決勝戦

2015年07月30日 | スポーツ

昨晩は都市対抗野球の決勝戦。

大阪市代表どうしの対戦という珍しさ(?)と、応援チームが予選でいつも対戦しているチームどうしの対戦ということもあり、興味津々でテレビ観戦。

 

「こりゃガスの優勝だな」なんて思っていたら、驚異の粘りで日生が追い付きました。

延長に入ってガスが絶好のチャンスを活かしきれず、終わってみれば、日生の優勝。

(延長14回。寝落ちしていて結果を知ったのは朝刊でした。)

おめでとうございました。

日中、日生の知人に「是非黒獅子旗を!」と話していたことが現実となりました。

 

いつかはこんな高ぶりを自分も経験してみたいと思った夜でした。

コメント (2)

fitbit壊れる

2015年07月28日 | 健康・病気

野球は筋書きのないドラマ。

都市対抗野球もその例外ではないようです。

最終回までワンヒットに抑えていた先発投手。

完封、ベスト4がすぐそこに見えた時、神様がいたずらを。

逆転負けでしたが、秋の日本選手権、さらには来年の都市対抗に十分期待の持てる結果でした。

選手の皆さん、元気の出る夏をありがとうございました。

応援団・チア・バンド・スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

 

さて、大阪からこちらに転勤する時、よっしー会から送別の品でいただいた、fitbitですが、ついに壊れたようです。

症状は、全く起動しないか、気まぐれに起動する、つまり、万歩計の機能を果たさなくなりました。

ということで、復活はいつになるか分かりませんが、少々休憩させます。

よっしーさん、ハンプティーさん、せんとくん、「お友達」の私のカウンターが全く動かなくなりますが、そんな訳ですので、ご心配なく。

fitbitのマイページで体重・体脂肪管理は続けます!

コメント

祝、逆転勝利再び ~ 都市対抗野球2回戦

2015年07月26日 | スポーツ

猛暑の日曜日。

東京ドームに都市対抗野球の応援に行ってきました。

最高気温が35度ぐらいだとすると、舗装道路を歩く体感温度は50度はあるのではないかと思うような暑さ。

この暑さの中、入場待ちで日なたに並ぶのはつらいので、わざとゆっくりめの到着。

 

並ぶことなく、冷房のきいたドーム内に入ると、ちょうど応援チームが1回の表の攻撃中でした。

本日の対戦相手は、今話題のこちら。

ものすごい大応援団。

内野席から外野席まで埋め尽くしています。

会社がこんな時だからこそ、企業スポーツの意味がある。

応援の熱気&圧はかなりのものでした。

 

試合は、1回表のチャンスを活かせず、その裏に先制の1点を取られ、その後こう着する厳しい展開。

嫌な予感がする中、6回に同点に追いついた後、7回の攻撃。

満塁のチャンスに2番打者が走者一掃のスリーベースヒットで勝負あり。

気付けば、先発投手が強力打線を1点に抑える完投。

 

明日からの準々決勝・準決勝・決勝という連戦を考えると、最高の勝ち方でした。

明日もがんばれぇ~!

 

今日お会いしたマロンパパさんは応援も連戦かな。

コメント

キュウリ ~ 終わりの合図か

2015年07月26日 | ガーデニング・庭いじり

猛暑が続きます。

朝の水やりだけで汗が流れる日も。

そんな中、キュウリがこんなことになりました。

 

妙な形。

「そろそろ俺も終わりだぞぉ~」と言っているような気がします。

 

本日の収穫。

盛夏とともに、主役はトマトへと移っていきます。

コメント

「つちのこ」

2015年07月25日 | お酒と美味しいもの

焼肉です。

兵庫は花隈の「満月」も美味しいですが、東京で一押しの「グレート」。

何度か訪れたことがありますが、初めての部位に遭遇。

「つちのこ」。

「グレート」の肉は全部絶品ですが、「つちのこ」、なかなかのものです。

 

ところで、「つちのこ」ってどのあたりの部位?

ネットによれば、「牛の腰の内側にある肉の部位。牛1頭からわずか800グラムしかとれない非常に貴重な部位で、“幻”という意味合いを込めて『つちのこ』と呼ぶ」、とあります。

諸説あるのかもしれませんが、“幻”であることには間違いなさそうです。

 

超貴重な経験をしたFriday Nightでした。

コメント

「盤上の夜」と「斬」

2015年07月23日 | 本と雑誌

今朝は雨。

庭の散水がないのでちょっと楽ですが、昨晩強風で倒れた柿の鉢植えを立て直して濡れてしまいました。

台風が来ているようですね。

 

さて、「星を継ぐもの」をロンドン出張で読み切りましたので、次なる本をKindleストアで購入。

やっぱり最新刊は電子化されていないようで、本屋ならぬネットで書籍を物色。

特にこだわりもなくこの2冊にしました。

「盤上の夜」。

SFの賞を受賞したり、直木賞の候補になった一冊。¥352也。

 

「斬」。

昭和47年の直木賞受賞の一冊。¥299也。

 

さて、どちらから読むか。

「盤上の夜」かなぁ、、、

Kindoleって、最新刊にこだわらずネットで好きな本を探すのが得意な人にとっては、かなりお得だと思います。

ちなみに、又吉さんの「火花」はありましたよ。¥1000でしたけど。(笑)

 

暑い夏。

冷房のきいた通勤電車で読んで、ひと時暑さを忘れたいものです。

コメント

祝、逆転勝利

2015年07月22日 | スポーツ

昨日の猛烈な暑さから一転、今朝は過ごしやすいです。

夏の風物詩、都市対抗野球が真っ盛り。

東京代表のチームは既に姿を消したとか。

今年は波乱が起こるのでしょうか。

 

そして、本日、一回戦のトリで応援チームが登場。

じわっと一点を先制され、なかなかチャンスメイクできないイニングが続きました。

一点ビハインドの状態で、残念ながら、仕事のため中座。

 

仕事場所へ向かうバスの中で、スマホで速報チェックをしていましたが、なんと、最終回までビハインドのまま。

「やばい!」って思っていたところ、次にチェックすると、同点!

しかもホームランを打ったみたいです。(ということはかなりヤバかったってことか。)

 

そして、仕事に入ったので、結果をチェックできたのは、帰りのバスの中。

タイブレークで逆転勝利となったようですね。

良かった良かった。

 

ライブで観ていた人は面白かったでしょうねぇ。

さぞかしビールが美味しかったことでしょう。

次は最後まで応援したいと思います。

コメント (2)

ロンドンにて。

2015年07月21日 | 会社・仕事のこと

初めての外国出張。初めてのロンドン

仕事はさておき(笑)、感じたことは、“その場”に身を置くことでこれほどまでにエキサイティングな刺激を受けるのかという一種の感動と、ロンドンという街は東京を歩くように安全に歩けるというヨーロッパの中では群を抜いた治安の良さ。

と、もうひとつ、ロンドンは物価が高い!

例えば、外食は日本の2倍から3倍って感じ。

(電車に乗った同僚によると、ヒースローからロンドン市街までの15分の電車が4000円という破格(?)の高さだそうです。)

 

では、出発。

海外に行く時はいつも借ります。ご当地で使えるWi-Fiルータ。

(羽田空港にて。)

事前に予約して空港のカウンターでサクッと受け取る。

動画を見るわけでもないので、3Gタイプに。(LTEよりかなり安い。)

 

ラウンジで同僚と無事合流し、軽く打ち合わせ。

少し早めですが搭乗口へ移動。

妻との旅行ならワクワク感いっぱいの時間帯ですが、仕事となると、妙に緊張します。

手前が飛行機。ANAなのでとても安心。

 

機上の人となり、さぁ、楽しみにしていた「MENU」から飲み物をチョイス。

この日本酒「一白水成」(いっぱくすいせい)、秀逸です。

(秋田のお酒。軽い発泡。)

とても美味しかったので、おかわりしました。銘柄を覚えておこう。

 

料理もいただき、映画も2本観ました。

宮部みゆきさん原作の「ソロモンの偽証」(上・下2編)ですが、個人的には「う~ん」でしたねぇ。

原作を読んでいないので何とも言えませんけど、サスペンスとして観れば良いのかもしれませんが、扱っているテーマが難しいので、そちらに頭がいくとどうも、、、。

 

そうそう、空港で両替もしました。

円安なので必要最低限の両替。1ポンド=197円。

 

さて、現地に到着。

ヒースロー空港の入国審査は2時間待ちは当たり前らしいですが、今回は、ディズニーランドばりの「Fast Track」券のおかげで、全く待たずに通過できました。

泊るホテル。

(部屋のパンフより。お城じゃん!)

チェックイン後、翌日のミーティングの会場を下見。

重厚、、、そんな雰囲気のクラシックなホールです。

 

ミーティング後のディナー会場。

(まだ設営前。)

生の弦楽四重奏も入るきちっとした懇親会。

座席指定で外国の方と接する、私にとっては、今回最大のピンチ、いや最大のヤマ場です。

 

ハリーポッターの世界を彷彿とさせる素晴らしい雰囲気と、重い不安が拮抗する中、部屋に戻りました。

部屋からの景色もなかなか雰囲気があります。

(ヨーロッパスタイルなので、部屋は激狭。)

部屋の右手下には、チャリング・クロス駅が見えます。

この後、英語に堪能な同僚と一緒に近くのレストランで夕食を済ませ、就寝。

断続的ですが眠れました。

 

翌日、グローバルなミーティング。

(同時通訳のヘッドホンを付けていたのは私だけでしたぁ~。)

そして、最も緊張した夜の懇親会も、隣に座ってくれたカッちゃんに助けられて何とか乗り切りました。ふぅ~っ。

(何もしてないけど)終わったぁ~。

 

カッちゃんとともに、現地通の上司に連れられてパブへ。

どこを歩いているのか全然分かりませんでしたが、ここは「コベント・ガーデン・マーケット」。

(夜8時ぐらいだったかなぁ。まだまだ明るいです。)

1軒目では本場のペール・エール(常温)を、2軒目では飲み慣れたラガー(冷たい)を。

 

またまた、どこをどう歩いたか分からないまま、ホテルに帰着。

酔いもあって、この夜は、バタンキューでした。

 

翌日からは帰国する上司と別行動。

せっかくロンドンまで来たので、いつもお世話になっている現地の企業を訪問、打ち合わせなどを。

車で移動中、ビッグベン。

(雨模様です。)

ロンドン市街はとにかく渋滞。

ただし、アジアのようなクラクションなどの喧騒は一切なく、静かなものです。

市街地にある某企業のオフィスでいつもお世話になっている方と近々迫っているイベントなどの打ち合わせ。

 

午後は、郊外の関連企業を訪問。

渋滞を抜け、1時間弱走ったでしょうか、ロンドン郊外。

(青空も見える。ちなみに、訪問企業を背に撮っています。)

 

ミーティングと設備見学を終えて、市街に戻ります。

バッキンガム宮殿。

ちょうど衛兵さんの交代式をやっていたのですが、遠過ぎて撮れず。

こちらは「トラファルガー・スクエア」。

 

ホテルに帰着後、ビッグイベントを取り仕切った同僚とともに、“気楽な”夕食へ。

私以外は全員英語が堪能。

ささっとネットで美味しいお店を検索し、電話で席を予約。 カッケーッ。

 

めざすお店までは歩いて30分ぐらい。

せっかくなので、ぶらぶらと。

中華料理のお店が多い通り。

銀座を思わせる目抜き通り。

到着しました。「ROYAL CHINA」。

冷たいビールで乾杯し、料理を適当に注文。

人気店のようで、あっという間に満席となっていました。

若干の開放感と相まって、美味しかったですねぇ。

 

帰りは、地下鉄に乗ろうかという案も出ましたが、明るいし涼しいですし、ぶらぶら歩いて帰りました。

ちなみに、地下鉄に乗ると、これまた東京の倍以上の運賃みたい。

明日は最終日。

部屋に戻って、緊張の2日間を、程良い酔いの中で思い返していました。

 

さて、翌朝。

朝食後、カッちゃんとホテルの周辺を散歩。

ホテルはこちらが正面でしょうか、最終日にして、その美しさに感動。

(いったいいつから建っているのだろう。)

目の前の庭では、キーパーが朝から雑草などを取っていました。

自然な感じなのにしっかりと手が入っているイングリッシュガーデンそのもの。ガーデナーとしては感動ものです。

 

生で見るビッグベン。

写真では伝わりづらいですが、かなり太く大きいです。

威厳がありますよぉ。

 

そろそろ時間となりましたので、ホテルに戻ってチェックアウト。

 

今日も午前中は関連企業への訪問ですが、昨日と違って、日本からの駐在の方々なので、少し気持ちに余裕があります。

慣れっこになったロンドンの渋滞の中、閑静なロケにあるオフィスに到着。

ロンドンで目に付く、バイクシェアリング。

至る所に自転車がプールされています。

車がこれだけ渋滞するなら需要があるでしょうねぇ。

 

幹部の方との意見交換の後は、駐在している若手の方々と意見交換。

なるほどと思う意見が続出して、充実した会となりました。

お忙しいところ、ありがとうございました。

 

午後は、郊外の研修施設の下見なのですが、これがなかなかの遠出。

昼食抜きでの移動を覚悟しましたが、市街地を抜けた後、途中、英国版コンビニのようなお店で、パッサパサのサンドイッチを購入。

(お店前から対面を見る。)

どこに行っても電柱がないので、とにかく街がすっきりしていて美しい。

 

ヒースローも通り過ぎて、かなりドライブしました。

これが研修施設。

日本のそれとは印象が違いますよねぇ。

建物の裏は広々とした草原。川あり木立あり、抜群の自然環境です。

広大な敷地、もふもふ(羊)たちが木陰で休んでいます。

(ほんの一部。もふもふだらけ。)

研修会場や食堂、その他施設をスタッフに説明してもらい、カッちゃんはじめ英語に堪能な同僚がしっかりと確認、ミッションコンプリートです。

 

これで全行程終了。

ヒースローに時間どおりに到着し、帰国の途へ。

ラウンジで飲んだ、キンキンに冷えたビール(×3)が美味しかったぁ。

 

帰りもANAなのでリラックス。

もちろん、「一白水成」をいただきました。

そして、忘れてはいけない妻のオーダー、機内販売。

ご指定(指示)の品々を購入。安心して爆睡へ。

マイレージが付くそうです。

 

こうして初めてのロンドン出張は無事(?)終わりました。

この成果を活かせるよう努めます。

日本企業のグローバル化は必然。

国内のどこにいても、このトレンドを忘れてはいけない(そして何をするんだ)という事実を突き付けられた出張でした。

 

最後までお読みいただいた方へ。

Googleで「一回転」って入れて検索ボタンを押してみてください。

日曜日のテレビでやってました。

コメント

梅雨明け

2015年07月20日 | 風景・自然

夕方4時頃眠くなり(耐えきれず1時間ほど熟睡)、夜はいつものような眠気を感じない(けど眠れる)。

軽い時差ボケってやつでしょうか。

それとも、あまりの暑さに疲れが出ているのか。

 

ということで、梅雨が明けました。

自然のすごさというか神秘を感じるのは、ニュースを見ているわけでもないセミがさっそく旅立ったようです。

(家の壁面にて。)

この壁面、なぜかセミには人気のようで、毎年、空蝉がたくさん落ちています。

一両日中にセミの合唱が始まるのでしょうか。

 

そして、梅雨明けとともに、私の朝のルーティンが激増します。

庭全体への散水。

ホースに異常がないかチェックのため、“試験”散水。

ホースには異常はありませんでしたが、立水栓につけっぱなしのアタッチメントが数年間の暑さ&寒さで劣化し、ひび割れていたようで水漏れ。ホースに水圧がかからないことが判明。

さっそく、家にあった別のアタッチメントに付け替えて準備完了。

明朝からがんばります。

 

夏野菜は、キュウリ・ナスからトマトへと主役が入れ替わってきました。

 

それにしても暑い。

明日からの出勤までに体が慣れるか不安です。

コメント

無事、帰国。

2015年07月18日 | 会社・仕事のこと

長かった外国出張から、金曜日午後、無事帰国しました。

ベストシーズンのロンドン(涼しい~)から蒸し暑さ全開の東京へ。

うへぇ~、、、

詳しくはこの連休中に。

 

久々に帰宅すると、スイレンがダブル咲きで迎えてくれました。

心配だった野菜たちへの水やりも妻が悪戦苦闘してやってくれたようです。

ありがとうございました。

 

さて、ちょうどいい連休なので、体を慣らして週明けに備えます。

とりあえず、長旅で硬くなった首&肩をごひいきの接骨院でほぐしてきます。

コメント