mo-diary

酔生夢死ってわけでもないけれど、、、日々雑感

ブロッコリーとカリフラワーが終わりました

2014年02月27日 | ガーデニング・庭いじり

 

外が明るくなるのが早くなってきました、、、と書こうと思った今朝。

久々の雨で、あまり明るくありません。

それでも、朝庭に出ると、その様子がはっきり見えるようになってきました。

 

 

雪の後。

ブロッコリー、カリフラワーは、雪の重みに折れて、すっかり終わってしまいました。

P1030436(一番奥のカリフラワーのみかろうじて、、、)

 

ブロッコリーにたくさん出ていた脇実を一昨日妻が全て収穫済み。

晩御飯で美味しくいただきました。

 

 

週末はもう3月。

早いなぁ、、、

さぁ、雨の朝ですが、今日も元気に出勤するかな。

 

 

コメント

「庭のうぐいす」開栓

2014年02月25日 | お酒と美味しいもの

 

熱海と曽我に梅を見に行った夜、よっしーさんからいただいた「庭のうぐいす」を開栓しました。

P1030433(まずはピンクの方を。)

 

にごりが沈殿していたので、大阪勤務時代に数々の日本酒を飲んだ時に、お店の人がやっていた発泡にごり酒の扱いを見よう見まねで、ゆっくり瓶を回転させてなじませた後、慎重に開栓。

 

こんな感じです。

P1030434

 

これはうまい!

スパークリング日本酒だと超甘口もありますが、この一本はほのかな甘みとキリッとしたところがいいバランス。

梅見で買って来た梅肉を使った鶏料理でいただきました。

 

あまりに飲みやすくて、気が付けば半分に。

P1030435(いや、半分以下か、、、)

 

 

いいお酒です。

発泡ですから、土日で飲み切り。

ごちそうさまでした。

 

もう一本はまたいい区切りの時にでもいただきますね。

“ジャパン”に癒された早春の土日でした。

 

 

コメント

熱海梅園、湯河原「しらこ」、曽我梅林

2014年02月24日 | お酒と美味しいもの

 

思い立って、妻と梅を見に行くことに。

計画は、熱海の梅園を見て、湯河原に移動してランチ、午後は国府津に足を伸ばして曽我梅林を歩くコース。

歩くことが目的ではなかったのですが、気が付けば、久々の17000歩でした。

 

 

小田原まで小田急ロマンスカーで。

Photo(ロマンスカー、特急指定¥600のコスパフォは最高。)

 

小田急小田原駅は開放的でいつ来ても気持ちいい。

P1030302

 

熱海まではJR。巨大な小田原提灯が目を引くJR小田原駅改札。

P1030303

 

熱海駅でバスに乗るのですが、3分しかないので、ダッシュ。

P1030308(快晴の予報なのですが、どんより雪雲っぽい。)

 

初めて来ましたが、「熱海梅園」はかなり整備された観光梅園。

結構な人出です。

P1030349(熱海温泉宿泊者は超割引あり。一般は¥300也。)

 

梅まつり開催中。

P1030348

 

梅は品種にもよりますが、ほぼ見頃、ってところでしょうか。

P1030353

 

スイセンが満開で、梅とのコラボが美しかった。

P1030315

 

川あり、橋ありでなかなかの風情。

P1030322

 

いい雰囲気です。癒されますね。

P1030324

 

熱海だけに梅園も小山になっていて、登っていくと、見晴らしが利きます。

P1030337

 

人出のあるところ猿回しあり。

P1030339(秋に昭和記念公園で見たなぁ。)

 

さすが観光地。トイレが割烹みたい。

P1030343

 

美しい梅を見て、、、

P1030332

 

お土産に梅干しを購入する。これぞ梅見の定番。

P1030344(「曽我の梅使用」とのこと。これから行きますが。)

 

南天も美しかった。

P1030347

 

熱海梅園、順路に沿ってゆっくり1時間ほどで回れる適度な広さです。

 

 

さて、ランチのために湯河原に移動。

 

梅園の最寄駅、JR来宮駅(きのみや)まで10分ほど歩きます。

駅前の一本。梅ならぬ桜。満開です。

P1030352(伊豆で早咲きで有名な河津桜でしょうか。)

 

のんびり電車を待つ。

P1030354(暖かくなってきました。のどか。)

 

 

JR湯河原駅までは「来宮→熱海→湯河原」の近さ。

湯河原駅の改札はこんな感じ。

P1030367(左にタヌキ。湯河原温泉はタヌキが発見したそうな。)

 

駅前のロータリーに燦然とそびえる銅像。このあたりは土肥氏の領地だったんですね。

P1030355

 

駅から徒歩数分で、割烹「しらこ」に到着。

P1030365(ミシュランの1つ星だそうです。予約済み。)

 

私は、「刺身5点盛りと煮魚定食」を。

P1030362

普通に見えますが、刺身はひとつひとつ仕事がされていると思います。やたらと美味しい。

 

煮魚は「カジカ」。

P1030360_2

 

妻は、「海鮮丼」(サザエのつぼ焼き付き)。

まずサザエのつぼ焼き登場。

P1030359

サザエももちろんですが、出汁がうまい。飲み切りました。

 

海鮮丼。

P1030363(海鮮の種類多し。)

 

この他に、小鉢が2つと、ほんのり酒粕が入った超旨い味噌汁がついて、¥2000~¥2500ってところ。

お手頃ですが、予約は必須です。(予約なしだと1時間待ちぐらい。)

美味しかったですよぉ。ごちそうさまでした。

 

 

さぁ、後半戦、「曽我梅林」へ移動。

 

湯河原駅から、梅林の最寄り駅の「国府津駅」(こうづ)までは30分弱。

到着です。熱海とは対照的にかなりの素朴感。

P1030368

 

バスが出発したところであまりに待つので、タクシーで梅林へ。

P1030372

 

曽我梅林は、いわゆる生産梅林。梅(の実)を生産する農家です。

P1030370(青空に梅。最高の景色です。)

 

熱海梅園も良かったですが、曽我梅林はその上を行きますね。これは超おススメ。(妻曰く、「それは人それぞれでしょ。」とのこと。)

 

にぎわっていますが、梅林=梅畑が広大なので、混雑感を全く感じません。

P1030374

 

手作り感のある案内板などが微笑ましい。

P1030375

 

さぁ、梅を堪能しましょう。

P1030378

 

少し高台(用水路の堤土手)に上がって畑全体を見るも良し。

P1030383

 

近づいて、梅の香りに酔うも良し。

P1030386

 

曽我梅林の主力品種は「十郎丸」というそうです。

「曽我の里」は、ご存知、仇討で有名な曽我兄弟の里。お兄さんの名前が「十郎丸」というそうで、梅の品種もそれにちなんでいます。

 

梅と言えば、メジロ。

大阪城公園の梅林なら、大勢のカメラマンがいつ来るか分からない1羽のメジロを三脚を立てて一日中待っていますが、ここでは数羽が群れてぴーちくぱーちく鳴いて飛んでいます。

 

私でもこんな写真が簡単に撮れます。

P1030392

 

飛んでいる姿も偶然撮れた。

P1030389

 

タクシーの運転手さんが教えてくれた、有名な枝垂れ梅を。一般の民家の梅です。

P1030393(枝垂れ梅よりも、右側の槙(マキ)の“門かぶり”の仕立てが印象的。すごい!)

 

枝垂れ梅、立派です。まだ3分咲きってとこかな。

P1030395(満開になるときれいだろうなぁ。)

 

塀を超えて枝垂れています。

P1030397

 

この枝垂れ梅の近くの、地元農家のお店に入ってみました。

P1030398(「昇珠園」というお店だったかな。)

愛想のいいお姉さんが親切に対応してくれます。(お姉さんといっても、私たちは親ぐらいの年齢ですが。)

 

ここでまたしても梅干しを購入。

P1030399(南高梅もありましたが、やはり「十郎梅干」でしょ。)

 

料理に使えるとのことで、梅酢も購入。

P1030400

 

ここで買い物をすると、梅の枝をいただけます。

お姉さんが選んでくれました。

P1030404(ちょっと見づらいですが、中ほどに、「折った枝ではない」という証拠の紙帯が付いています。)

 

お姉さん曰く、「裏の山の方には行かれましたかぁ?」。

富士山の見晴らし台があるとのことで、行ってみることに。

 

親切にも、お姉さんが、自家農園の中を通って、途中まで案内してくれました。

P1030402(見事な梅畑。ここの梅干しなら品質間違いなし。)

 

この道をずっと登って行くそうです。

P1030403

「頂上まで行かなくても、途中でも十分きれいな景色が見えますので、無理なさらずに」。

ありがとうございました。

 

15分は登ったでしょうか。結構しんどい。

“十分きれいな景色”に出会いましたので、ここらでワンショット。

P1030407(絶景!)

和歌山の桃源郷と同じくらいの絶景が広がります。一面、満開の梅!

 

左手方向には海が見えます。

P1030411(伊豆半島の“付け根”あたりか。)

 

ここで、お姉さんに「富士山もよ~く目を凝らせば見えるかもしれません。」と言われたのを思い出して、よ~く目を凝らす、、、あっ、薄っすら冠雪したシルエットが。

P1030413(分かりますかね。)

 

“下山”。

さっきのお店で、「完熟梅ジャム」があったのを思い出して、再訪問。

P1030418

 

お姉さんに、「富士山、薄っすら見えましたよぉ。」と報告。

 

 

疲れたので、「アイス工房」でご当地ソフトをいただくことに。

P1030419(今は空いていますが、この後、激混みに。有名なんだろうか、、、)

 

ソフトではなく、ジェラートでした。梅とラムレーズンのダブルジェラート。¥350。

P1030420(うまい!)

 

 

さて、本日の梅見はこれでおしまい。

最後にもう一度梅林の中を通って、小田原駅行きのバスが出ている「下曽我駅」まで歩きます。

梅の見納め。

P1030421

 

曽我兄弟のこともちょっと。

P1030422

 

最後に売店に立ち寄り。かなりお買い得ということで、清見オレンジやみかんを購入。

P1030373

 

 

歩くこと20分弱。下曽我駅前にて。

P1030423

 

無事、お目当てのバスに間に合いました。時刻表などは全て妻がipad-miniで検索。便利。

P1030425(バス、空いていました。)

 

気持ち良く揺られて夫婦で爆睡すること、約30分。小田原駅に到着です。

P1030427

 

駅にはひな祭りのディスプレイ。梅にひな祭り。早春ですなぁ。

P1030428

 

バスの中でスマホで予約したロマンスカーに乗って帰路に。

 

もらった梅の枝はちょっとした注目の的。

P1030429(帰宅後、切り戻して花瓶に。満開の時を楽しみに。)

 

旅の〆は、ロマンスカー名物の「カツサンド」を買って、小腹を満たします。

P1030431

 

 

大阪から転勤して、ほぼ初めての散策でした。

やっぱり自然の中を歩くのは最高ですね。

 

充実した土曜日。

 

次はどこに行こうかな。「真鶴あたり?」なんて妻と話しています。

 

 

<私の主な梅見歴>

2012年 賀名生梅林(奈良)

2013年 広橋梅林(奈良)

2012年 城南宮(京都)

2012年ほか毎年 大阪城公園(大阪)

 

コメント (2)

「下町ロケット」

2014年02月23日 | 本と雑誌

 

読まれた方も多いかと。

私は文庫化を待ってようやく手にしました。

 

ノリに乗っている池井戸潤さんの「下町ロケット」。

P1030296(直木賞受賞。)

 

リーマンの心を揺さぶる池井戸作品。

「下町ロケット」も素晴らしいですね。

ジーンとくるストーリーはもちろん、考えさせられるシーンもいくつもあります。

 

私が印象に残っているところのひとつ。主人公が熱く語るシーン。

「仕事っていうのは、二階建ての家みたいなもんだと思う。一階部分は、飯を食うためだ。必要な金を稼ぎ、生活していくために働く。だけど、それだけじゃあ窮屈だ。だから、仕事には夢がなきゃならないと思う。それが二階部分だ。夢だけ追っかけても飯は食っていけないし、飯だけ食えても夢がなきゃつまらない。」

 

自分のリーマン生活を振り返って考えさせられましたね。

自分の二階部分は何だろう、、、

 

 

いい本でした。

一気に読み切って一週間ほど通勤が楽しかったです。

 

 

次の通勤のオトモも準備完了ですが、来週はどんな一週間になることやら。

 

 

コメント

ほんの一区切り

2014年02月22日 | お酒と美味しいもの

 

真央さんの演技をライブで観ることもなく出勤した金曜日。

ほんの一区切りとなりましたので、夜少し遅めの一杯。

 

 

東京にもこんなに寿司の安いお店がありました。

20140221_195647(結局食べませんでしたが。)

 

刺身、なかなかのクオリティです。お得な四種盛り。

20140221_202007

 

ランチの時に2度ほど来たお店。

気になっていた釜めしを注文。

20140221_205943

 

「注文してから30分はかかりますよぉ。」と言われたので、てっきり厨房で本格的に炊くのかと思いきや、固形燃料で。

それでもなかなかの出来上がりとなります。

 

待っている間にブリかま焼きなどを。

20140221_210007

 

 

今週一週間、本当にお疲れ様でした。

来週からは“疲れ”の質が変わるだけですが、最後まで踏ん張っていきましょう。

 

 

良い週末を!

 

 

コメント

今日はアコウダイとミスジ

2014年02月20日 | お酒と美味しいもの

 

ビルの地下街をよく見れば、ランチタイムは弁当天国。

今日も「玉乃光酒蔵」のお弁当となりました。

 

 

昨日が「沖鰤」だったので、今日は「アコウダイ」を。高級魚ですよね。

20140219_121355(昨日と絵面が同じですが、よく見てください、魚が違います。)

 

二段重ねは同じ。

20140219_121416

 

やっぱり今日も美味しかった。

でも、明日は洋食屋さんの「手作りハンバーグ」(半熟玉子付き)にしようかな。

 

 

本日夜は、こんな感じで。明日への、いやこの“春”への鋭気を養えたかも。

20140219_203940

 

 

 

今週が長い、、、

 

 

コメント

今日はお昼の弁当ぐらいしか、、、

2014年02月19日 | 食・レシピ

 

通勤電車での読書再開。

そちらの報告はまた。

 

 

雪の消えない今日、一番印象に残ったことは、、、お昼の弁当ぐらいかなぁ。

弁当は弁当でも、初めて買ったものです。

 

「玉乃光酒蔵」はお昼は定食をやっているようですが、そこから出張して弁当を売りに来ています。

 

「沖鰤の西京焼き弁当」(かやくご飯バージョン)を。

20140218_114509(結構カサのある弁当。)

 

実は二段重ね。こうなっています。

20140218_114529

 

ご飯の熱で暖かさがそこそこ持続しています。

素朴ですが、手作り感たっぷりのぬくもりを感じます。美味しい!

 

 

「玉乃光酒蔵」の弁当は魚のバリエーションが豊富。私ぐらいの年齢になると、こういう弁当がありがたい。

 

 

明日も「お弁当だけが楽しみ」なんて一日になりませんように。

 

 

コメント

残雪

2014年02月18日 | 風景・自然

 

そろそろ“シーズン”も本格化。遅い帰宅となりました。

 

凍結こそしていませんでしたが、道路にはまだまだ雪が。

20140218_000149(雪というよりはもろい氷みたい。)

 

転倒に気をつけながら歩きます。

何だか、“シーズン”と同じ感覚。一歩一歩、ですね。

 

 

コメント

雪消えず

2014年02月16日 | 風景・自然

 

今日は快晴で日差しもあったのですが、雪は結局消えず。

宅配便も少し離れた道路に停車して歩きで配達しているようです。

 

夕刻。家の前の道路は朝と特に変わらず。

P1030290

 

雪の厚みはかなり薄くなりましたが、車を出して坂道を登り降りするには危険。

 

 

気を取り直して、庭の復旧を。

庭の物干し動線を雪かき。

P1030292

 

続いて、メダカ救助。

スイレン甕のシャーベット雪を取り除いて、水道水を補給。

P1030294(なぜか水かさがかなり減っていた。)

 

何となく原状復帰。雪に埋没していたので、甕の底の方はメダカにとってギリギリセーフの水温ゾーンかと。

P1030295

 

今週の重たい雪のせいで被害も。

ブロッコリーの葉が折れているもよう。

P1030291(葉っぱも脇実もボキボキ。悔しい。)

 

重みに耐えかねて思い切りしなる木。元に戻るのだろうか、、、

P1030293

 

 

雪がすっかり消えたら、また庭の状況のチェックが必要なようです。

 

来週の土日こそは雪なしの快晴を。

そろそろ梅の季節だしなぁ。

 

 

コメント

大雪再びの翌朝 ~ 激重の雪

2014年02月15日 | 風景・自然

 

まぁ、深夜に雨になって、朝ゆっくり起きる頃には雪もほとんど消えているだろう、、、

なんて思っていたら、とんでもない。

全く消えていない!

 

 

これ、先週よりも積もっているんじゃない?

P1030283(庭へのアプローチ。雪かきする戦闘意欲をなくします。)

 

メダカよ、大丈夫かぁ~。

P1030289(高さ1m弱あるスイレン甕が雪に埋没。保温効果があったりして。)

 

庭もこの通り。雪かき云々の話でありません。

P1030285(全ての鉢物が埋まっています。)

 

 

で、我に返って、先週貢献できなかった道路の雪かきを。

 

と、飛び出したものの、今週の雪、おっ重い!!

先週と違ってかなり湿った雪。

5分もしないうちに、腰痛い、二の腕&大腿筋乳酸出まくり、激しい発汗。

 

今週はご近所もまばら。がんばります。

P1030286

 

あまりのつらさに一旦朝食タイム。

 

休憩後、再び雪かき。何とかお隣さんの通行路も確保。

P1030288

 

 

こんなに筋肉を酷使したのは何年ぶりだろう。ヘトヘトです。

 

太陽よ、早く雪を融かしてくれ~~~。

 

 

コメント (2)